四季


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

四季


(幻想を語る和物語集、四季百季万華鏡。
それは、ある墓地の跡地より発見された、質素な和綴じの古書。
刻まれた銘は、「花盗人」。
その内容は、どれも美しくも悲しい、幻想に満ちた物語集であった。
この楽集はその内容を現代語に訳し、音楽を奏でたものである――)



春には桜
夏には紫陽花
秋には彼岸花
冬には椿
花盗人の手には 常に紅い花があった



(春は桜。木の根元を掘り続ける女。その下に眠るのは誰?)



(夏は紫陽花。一人の侍、一人の女。鬼と化したのは誰?)



四季と思いは 廻るもの
春夏秋冬 喜怒哀楽
四季と百季を紡ぎ上げ 描いたそれは万華鏡
くるくりくるりら――



(秋は彼岸花。死に行く男と、川を渡す女。魂を流すのは誰?)



(冬は椿。逃げる遊女と、手を引く男。裏切るのは誰?)



四季と思いは 廻るもの
春夏秋冬 喜怒哀楽
四季と百季を紡ぎ上げ 描いたそれは万華鏡
くるくりくるりら――