彩雲の彼方まで


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彩雲の彼方まで



<其処は、広大な草原、空を夢見る世界>
<<青色の輪(Blau)>>



その時代、人は皆空を見ていた
果てしなく広がる青の向こうに
畏怖(おそれ)と憧憬(あこがれ)を感じて
誰もが届かないと思いながらも
いつか雲を超えたいと夢見ていた…
澄んだ青の果てを夢見ていた…



「我々の文明は目覚しい発展を遂げた!
今この地上で最も強く最も賢く最も偉大なのは我々人間である!
ならば次は空だ、神の住まう空を目指そうではないか!」(エードゥアルト)
(歓声)



誰もが見つめる<塔>、空を目指すその姿は壮観
誰もを見つめる空、向かってくる人間達を哂う
空の<塔>(Turm des Himmels)は伸びてゆく
当てもなく、どこまでも、どこまでも



雲に近づき気が付いた
目指す先の大きさに
雲に触れても気付かない
人間達の小ささに



誰もが空を見ていた
青く遠く果てもなく
誰もが夢を見ていた
蒼く深く果てもなく



「太陽に近づきすぎたら、いつか羽を溶かされてしまうのに…、
目を覚まして下さい、あなた…」(マリアンネ)



あぁ、誰も言えないのだ
空は自分達には不遜だと
<塔>の高さは人間の領域の外だと
誰か、誰か、彼らを止めて…
青い輪は廻り始めた
当てもなく、その果てを目指して、廻る―――



「その先にある運命は…破滅だけなのに」(フランシスカ)
「人間を傲慢に創ったのは誰なのだろうね…」(アルベルト)



<その世界の意味は、より善い世界を願うこと>