めぐり続ける神呪


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

めぐり続ける神呪




<其処は、絶望に沈む寒村、炎に包まれた終端の世界>
<<黒色の運命(Schwarz)>>



「嗚呼、どうしてこんな事になってしまったのだろう(かしら)…」(レナートゥス+フランシスカ)



(効果音:警鐘)



「皆殺しにしろ!」(なんか渋いおっちゃんの声)
国境線の小さな村に響き渡る怒号、誰もが恐怖に飲み込まれた。
駆け回る<戦車>に怯え、絶望に押されて逃げ惑う。
逃げ遅れた者は皆、為す術もなく身を散らした。



「速く、もっと速く走るんだFran! 」(レナートゥス)
「もうこれ以上は無理よRenatus…」(フランシスカ)
「早く、僕の手を取ってくれ…!」(レナートゥス)
必死に逃げてゆく一組の夫婦(やがて二人は、小さな白い教会へと逃げ込んだ)
誰よりも生きたいと願う二人…



「誰一人逃がすな!」(皆殺しの人と同じ声)
獲物を探す猛獣は、目に付く全てに火を吐いた。
この世に地獄を創る<戦車>、瞳に映った者を噛殺してゆく。



「もう走れないわRenatus…」(フランシスカ)
「あぁ…僕ももう…短い間だったけれど、楽しかったよFran…」(レナートゥス)
「Renatus…思えばまだ五年しか経っていないのね、私達が出会ったあの日から…」(フランシスカ)
「もっと、ずっと昔から知っている気がしたよ…」(レナートゥス)
「えぇ…私も…これで一緒…ずっと一緒ね…。」(フランシスカ)
「あぁ、ずっと一緒だFran…」(レナートゥス)
二人は、強く手を握り合って大きな十字架に向かって誓う…
「「主よ、死が二人を分かつとも…私達はずっと―――」」(レナートゥス+フランシスカ)
嗚呼、そのままなら幸せだったというのに…黒い輪は廻り始めてしまった…
彼の眼に映る現実、炎に染まった十字架が彼女に襲い掛かる最後の光景。



最期の笑顔が灼き付いてしまった…



「Fran…君の仇は僕が取るから…安心して待っていておくれ…」(レナートゥス)



残された男は、動かない恋人の手を握り締め、色の無い涙を流す。
死の衝動は魔術師を狂わせ、約束の輪を逆転させてゆく…



「皆殺しだ(Es ist ein Massaker…)…誰一人逃がしはしない(Niemand fehlt…)…」(レナートゥス)



(悲鳴)



嗚呼、そこに残ったのは
一人の亡霊と形見のリングだけだった
(狂ったようなレナートゥスの笑い声)




「誰か…彼を止めて…お願い…」(フランシスカ)
「輪を廻しているのが私ならば良かった…」(アルベルト)



<その世界の意味は、決して振り返らないこと>