天からの断末魔


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天からの断末魔



<其処は、蔓延する悪夢の中、一人で漂う世界>
<<青色の輪(Blau)>>



蔓延る黒い<悪魔>は、容赦なく人々を襲う
<悪魔>に取り憑かれた者は、例外なく狂って逝った



黒に染まる町並み、恐れを為して籠もる人々
賑やかだったあの日の見る影も無い…



<悪魔>を畏れ
<悪魔>に怯え
<悪魔>を憎み
<悪魔>達は、その中心で哂う



響き渡る断末魔
逃げる術は何処にも有りはしない



「嗚呼、神は何故こんな仕打ちを…我々が何をしたというのだ…」(エードゥアルト)



<悪魔>は終に町中を蹂躙しつくし
高く伸びた塔へと辿り着いた



「後は…後は任せたぞMarianne(マリアンネ)…
私も<悪魔>に取り憑かれてしまったようだ…」(エードゥアルト)
「諦めないであなた…どうか、私を一人にしないでください…」(マリアンネ)
「どうか…この塔を…この教会を…最後まで守ってくれ…」(エードゥアルト)



彼が死んだ後、彼女は涙を流さなかった
きっと分かっていたんだ、この<悪魔>の正体を



決意を胸に立ち上がり、握り締めた手を胸に
少しだけ潤んだ瞳を空に向け…



響き渡る鬨の声
雲の中、塔の頂上で彼女は言った



「皆さん…聞いてください、
二十年も掛かってこの塔を建てたのは…きっと間違いだった。
二代目の教皇として、貴方たちにお願いがあります…
どうかこの塔を、壊してください。」(マリアンネ)



蒼い瞳に映る希望
蒼い空に映る街並
蒼い海に映る太陽
どれもかけがえの無い美しいモノ



<悪魔>の去ったその地上で
彼の面影を思い出し
空に向かって一人で泣いていた…



「私達は人間なんです…翼が無ければ空は飛べないのです…
ごめんなさい…塔は壊してしまいました…
でも…街は守れました…沢山人は亡くなったけれど…まだ、街は生きています…
許してください、あなた…
この子達も…生き残ることができましたから…」(マリアンネ)



「空は…人間には高すぎる場所…だけど目指してしまう…」(フランシスカ)
「母上…」(アルベルト)



<その世界の意味は、楽をしないで生きること>