手慣れた献花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手慣れた献花



<其処は、夢の中の教会、男が一人彷徨う世界>
<<黒色の輪(Schwarz)>>




「おはよう、今日はいい天気だねFran」(レナートゥス)
『えぇ、本当に。お散歩でも行きたい気分』(フランシスカ)
「そうだね、一緒に散歩でも行こう
まだまだ行ってない所が一杯あるからね」(レナートゥス)
『ふふ、そうね。今日はちょっと遠くまで歩いて見ましょう』(フランシスカ)
「あぁ、そうだな…、村の東側に湖があるんだ、一緒に行こう」(レナートゥス)



手を繋いで歩く道はいつも晴れ渡っていて
隣に居るのは愛する女性
強く感じる愛する温もり
ああ、彼女が居るだけで僕は幸せだ
二人でいるだけでどんなことも超えてゆける…



彼女はいつも微笑んで僕を見てくれる
僕もいつも笑顔で彼女を見ていたい
そんな簡単な願いがきっと<恋人>の証
僕と彼女はまだ<恋人>同士だと信じてる…



二人で行った小さな湖畔で
手を強く握って草むらに寝そべった
空は澄んでいて果てしなく
水は空を映してキラキラと輝いた



この世界はこんなにも美しいんだ
改めて僕はそう思った
隣で寝息を立てる彼女の横顔を
起こさぬようにそっと見つめながら



僕は近くで摘んだ花を結んで
彼女の細い腕に結びつけた
約束と希望を込めて
そんなささやかな贈り物を…



ああ、僕はなんて幸せなんだろうか…



(曲調一変)



「殺人鬼の息子が幸せになれる訳が無いじゃない」(クローエ)
彼女のそんな声が聞こえる気がした
僕は恐ろしかった
僕は失いたくなかった
僕は…『彼女』とは違うと思っていたのに…
「は…はは…ははははははは!!!
そうだ…何を勘違いしていたんだ僕は
僕はあの女の血を継いでるんだ
こうなることは分かってたじゃないか…」(レナートゥス)



<血塗れの手足>(真っ赤な花)を崩れた教会に捧げてゆく
彼女への贈り物として…



その村に残されたのは、湖と花畑と一組の<恋人>だけ…



後の世の御伽噺に魔術師と歌われたRenatus=Kircheis
彼はこの後5年以上も真っ赤な花を供え続けた…



「Renatus…私は最期まで愛していました…」(フランシスカ)
「悲しい…悲しいものだな……いや…人の事は言えないか…」(アルベルト)



<その世界の意味は、領分を見極めること>