落涙の中を


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

落涙の中を

(ベース声はアルベルト)



<其処は、時の中心の小屋、廻る輪を観る瞳>
<<銀色の輪(silbern)>>



遺されたこの歌を君に捧げよう
FranとAnnaの最後の願いの歌を
空を愛した二人は
きっと今も空の上
私達を見守ってくれているだろう



(ここからアンナ+フランシスカ)
私はこの蒼い空の下
広い広い大地で生きた
それはとても幸せで
とても辛かった



何もしていなくても
必ず空は見える
何をしていたって
必ず空は見ている



だけどもしこの空が
無かったとしたら
私の人生の殆どに
意味はなかっただろう



だから私は
とても幸せだった
この蒼く澄んだ空を
見詰めて生きたから
この蒼く澄んだ空に
見詰められて死ねたから



貴方も
悩み事や辛い事
そんな時は空を見上げて
泳ぐ羊達に想い馳せて
どうか幸せになって…
(ここまで)



銀色(オワリ)から銀色(ハジマリ)までの
世界の意味の入口を繋げて
進んでおくれ
それが、三つ目の歌(Lied)へと繋がる唯一の道だ…



「ありがとう/さようなら」
(男声:ありがとう/女声:さようなら)



<この世界の意味は、分かり合って生きること>