明日を射る流星


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

辛い夜が続く空で 寄り添い傍に揺れる星
其の輝きに背を向けて 今は独り進もう...


さぁ奔れ獣の群よ 獲物の懐へ飛び込み
畏れ無き者達よ その瞳に何を映すのか?
鞘走る獣の牙が 獲物の喉笛を引き裂き
力無き者達よ その手に何を掴むのか?
この夜空の 星屑を...

嗚呼 剣を取る者よ 争いを繰り返し その果てに何を望む?
「唯 愛すべき家族が 哀しみに囚われず 平和に暮らす未来を」...

誰もが等しく平和を望み されど何故に争う?
闇に其の身を浸す様な 愚行と知りつつも...

勝利の歌が切り拓く 遥か血に濡れた戦場を
剣の墓標に背を向けて 我は駆け抜ける

――歴史は静寂の昏き空に唯悲劇を灯し続ける...
   其の空に抱かれた青年の歩む運命には、絶えず残酷な選択が付き纏った
   かつての同胞と刃を交える苦境...愛しき家族と道を違える不幸...
   父親の遺した剣...其の煌きを紅黒く染めても尚、青年は戦場を駆け抜ける...

嗚呼 寂寞に翳る眠れぬ夜は 空を仰いで 星を観る
遠く見上げた昔の星々は きっと今の空へと続いているから...
母親が語った父親の思い出話 二人並んで 其れを聴く
霞む記憶を手繰る音色は 過去の光をまた彩るように...

「あなた達のお父さんは とても優しい人で...
 今もどこか遠い場所で 見守ってくれている筈 だから」...

宿命の星が照らし出す 復讐劇の舞台へ
勇ましき音を打ち鳴らし 我は駆け上がる

――やがて至る星屑の戦場...相見えるは、二人の復讐者

『宿命ノ邂逅』――

運命の矢を 流星の様に 解き放つ射手
其の瞳には昨日を抱く絶望が宿る
因縁の野を 流星の様に 駆け巡る閃光
其の刃には明日を射る希望が灯る

自分の為では無く 違う誰かの為に
願える未来がまだ あるとするのならば 嗚呼――
誰もが等しく平和を望む 故に人々は抗う
戦い勝ち得た未来こそ 永く澄み渡る...

――...其の命の最期の輝きが、また違う誰かの煌きへと届くのならば...
   流星が切り拓く明日を、彼の愛した人々は駆け抜けて往くのだろう...