※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「解呪/Disenchant」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

解呪/Disenchant」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

-              _,,....,,_
-            ..,,-''"::::::::::_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
-           /:::::::::::::::::::::>  そのゆっくりした尻をフッ飛ばしてやる!!! <
-          /::::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^YY^^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^ ̄  、
-         /::;ノ ̄\:::::::::::::; / ̄ヽ;:ヽ
-        /:::ノ  ヽ、ヽr-ァ'"´, '   ヽ:ヽ
-       _,.!イ_  ,.ヘーァ二ハ二`ゝ- ヘ 、__ゞ!._.
-    _..,,-"::::::rー''7コ‐'"´ ;  ', ヽヽブ、_,:::::"'''-,,
-   "-..,,_r-'ァ'"´/  /! ハ ハ ヽ ヽ丶'ァ' '"
-      ,i!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ
-     ( `!  !/レi' (ヒ_]:::::::::::::::ヒ_ン レ!; イ )
-       y' ノ   !' "  ,___,   " !! ヽ ',
-      ノ (ノ○ri    ヽ _ン   ハ  ) (
-      ノ,.ヘ,)、 ハ. `ー',、 _____, ,.イ  (.'` )
-        /lミト、   !、`- "::::::::::::::::::::
-       /:l_丿:\/:::\:::::::::::::::::::::::
-       /:::::::::::::/::\::::::::::::::::::::::::::::::ノ
-       /:::::::::::::∧:::::::\:::::::::::::::::::::::{
-      /::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::|
-      |:::::::::::ノ   ト:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
+**解呪/Disenchant ◆qwglOGQwIk
+
+
+(非登録タグ) [[パロロワ]] [[ニコニコ動画バトルロワイアル]] [[第八十四話⇔第八十五話]] [[第八十五話⇔第八十六話]] [[自重しないクロスミラージュ]]
+----
+YOKODUNAは空を駆ける。
+RIKISIにとっての戦場は基本的にDOHYOUの上であるが、あくまで基本的である。
+一流のRIKISI同士のTORIKUMIでは、DOHYOUの上は狭すぎるのだ。
+ゆえに己のKIを纏って双肩に両翼を羽ばたかせ、飛翔する。
+本来の力ならば地球の裏側まで飛翔することができたはずのYOKODUNAであったが、力の制限によってうまく飛翔することができない。
+制限ゆえに何度も地面に着地し、その足を汚しながらも湿地帯を抜けついに城へとたどり着いた。
+目の前にそびえる城は半ば朽ち掛けているが、立派にその姿を残していた。
+
+(おや……?)
+
+空に何かを感じたYOKODUNAは顔を上げる。
+遠めで良く見えないが、それは鳥のような人のような影であった。
+その羽ばたきは拙く、鳥にしては不自然極まりない動きであった。
+YOKODUNAは影の正体について一計するも、今から追ったところで追いつくのは難しく、体力の消耗も激しいと判断。
+まずは目の前の古城から探索を始めることにした。
+
+YOKODUNAは城の内部を下層から順に探索するが、下層部には人が居る気配を感じなかった。
+なので城の中央階段を通り、上層部も探索をする。
+やがてある一室にたどり着くと、そこには男が居た。
+
+「ん……人か?」
+「私はYOKODUNA、SHURAに堕ちた唯のRIKISIだ」
+「俺は日吉若、テニスプレイヤーだ」
+「ほう……」
+
+YOKODUNAは息を呑む。
+目の前の男は噂に聞くTENINUプレイヤーであるという。
+あるTENINUプレイヤーはその鍛えられた腕から108の球を放つという。
+その威力はRIKISIのTUPPARIに迫るほどで、あるプレイヤーは競技場の外まで吹き飛ばされたと聞いている。
+またあるTENINUプレイヤーはTENINU-RAKETTOとTENINU-BOURUから竜を作り出し、滝を起こし、竜巻を巻き起こすという。
+一流プレイヤーともなれば、TENINU-RAKETTOとTENINU-BOURUで恐竜を絶滅させることさえ可能だという。
+それだけのポテンシャルをもつTENINUというスポーツは世界中で愛され、競技されている。
+その歴史はSUMOUと並ぶほどであり、世界最強の国技に引けを取らないだろう。
+たとえWAPPAと言えどもTENINUプレイヤー、目の前の日吉と言う男からはそれだけのTAMASHIIが感じられるのを見て取れた。
+
+「日吉よ、私とTORIKUMIをしてもらおうか」
+「仲間が待ってるからご免といいたいところだが、そうでなくても俺はお前と勝負することはできない」
+「なるほど、お前の周りに見えるそれか……?」
+「ご名答、六芒星の呪縛って言うんだが、これを解ける道具か何か無いか?」
+「その呪縛を解いたら、私とTORIKUMIをしてくれるのか?」
+「もう一つ条件がある」
+「何だ?」
+「そこに居る番長とけいこを埋葬してやってほしい」
+「……分かった」
+
+YOKODUNAは日吉の周りに転がっていた削除番長、永井けいこの死体をその肩に軽々と担ぐ。
+周りに散乱していた番長の支給品もまた回収する。
+机には『この人は殺し合いに乗ってませんv 高槻やよい』と書かれたメモも発見できた。
+
+(なるほど、これが日吉の言っていた仲間か)
+
+彼は高槻やよいという名前を覚えると、その紙を元通り机の上に戻す。
+名前から考えて女人であると考えられるが、SHURAとなったYOKODUNAにとっては新たな目標でしかなかった。
+YOKODUNAは一通り部屋の探索を終えると城の中庭に降り立ち、手にドリルアームを取り付ける。
+そのまま二人分の穴を掘り、それぞれを穴に埋葬すると、土をかける。
+中庭に生えていた野花を二つ摘み取ると、それを盛り上がった土くれの上に添える。
+
+(どうやら私は、つくづく穢れに縁があるらしい)
+
+ふと溜息を突き、SHURAらしくない己の行動を省みる。
+SHURAに迷いは一切無く、ただひたすらに戦いだけを求めるものである。
+だが人の死を慈しみ、死者を葬るという行為はSHURAに通じるものではなく、むしろJIHIに近いものであった。
+それはSHURAに相応しくない迷い、かつて皆から称えられるYOKODUNAであった頃に大切にしていたJIHI。
+よくよく考えれば、YASHAの娘を倒した後、TAMASHIIを持つ歌い手たちの元に戻るべきだったのだろう。
+だが結局のところはそのわずかな迷いによって城までたどり着くことになった。
+その迷いも、きっと強者であるTENINUプレイヤーとのTORIKUMIで払われ、真のSHURAへと近づくだろう。
+己の燻ったJIHIを捨て去るため墓に一瞥すると、SIKO-FUMIで気合を入れなおす。
+城を振るわせ、地を砕くSIKO-FUMIの威力は、かつてのものとは比べ物にならないほど弱い。
+自分の力がいつも以上に不調であろうとも、世界最強を証明するためにYOKODUNAは行く。
+
+「終わったぞ」
+「そうか、次はこっちを頼む」
+
+と、日吉の身を縛る六芒星の呪縛を指す。
+
+「少し待て……」
+
+YOKODUNAは削除番長から回収したディパックを検分し、説明書を見る。
+しかし出てきたものはドアラという名前の着ぐるみ、クマ吉の手錠というものだけであった。
+説明書を読む限り呪縛を解けるような効果は期待できそうに無い。
+次にYOKODUNAは、自身のディパックを検分する。
+ドリルアームのほかに、武器ではないがもう一つ何かあったのを思い出したからである。
+
+「これは……」
+
+説明書によるとクロスミラージュと言う武器で、魔法が使えるようになる道具であると言う。
+魔法ともなれば、もしかしたら呪縛を解けるかもしれないだろう。
+
+「ん?あったのか」
+「魔法の武器らしい、もしかしたら呪縛を解けるかもしれん。
+ おい、クロスミラージュ、居るか?」
+「どこに話しかけているんだ?」
+「説明書によると、このカードと会話できるらしい」
+「おい、クロスミラージュ!クロスミラージュ!」
+
+『...what?』
+
+と、YOKODUNAの呼びかけに応じてカードの中心がピカピカ光る。
+
+「英語……か、日本語は分かるのか?」
+『Yes I can. Japanese OK』
+「そうか、では魔法で目の前の男の呪いを解いてほしい」
+
+『…………』
+「ん?どうした」
+
+
+『嫌だねッ!』
+
+「おぬし……!」
+
+
+
+『聞こえなかったのか、絶対にノウッ!
+ お前は魔法の素質があるみたいだが、お前に協力するのは絶対に嫌だ!
+ 何が悲しくてぶよぶよ男の変身シーン見なけりゃいけないんだ!
+ 下劣だ!公害だ!美への冒涜だ!
+ 俺が見たいのは男のアレじゃねえ!可愛い女の子のアレなんだ!
+ 俺は男のパンツなんてめくりたくないんだよ!めくるなら女の子に限る、それも美少女のパンツをな!
+ お前ら男の汚いトランクスなんて見たら目が腐るんだよ! 少しはデバイスのことも考えろ!
+ 物だからって舐めんな! こちとら意思の固さには定評があるんだぜ!
+ かわいい美少女が己の恥じらいと戦いながらもデバイスに頼らざるを得ないので裸にならなければいけない……
+ その美を理解できないならお前らは男じゃねえ!
+ 俺はレ○プがしたいんじゃ!パンツめくりたいんじゃ!セクハラしてやりたいんじゃ!
+ 分かったか!この肉だるまがぁ!!!』
+
+「…………」
+「…………」
+
+YOKODUNAはカードをディパックに無言で放り込む。
+それから程なくして、やかましい声は聞こえなくなった。
+
+「……しょうがない、私のKIでそれが解除できるか試してみよう」
+「……ああ、頼む」
+
+そういってYOKODUNAは手のひらからKIを放ち、六芒星へと打ち付ける。
+そうするうちに、少しずつであるが、呪縛の一部に揺らぎが見え始めた。
+YOKODUNAが解呪を始めてから、二人の間に会話は無かった。
+
+あの出来事は忘れないと負けかなという空気が、無言の一室を包んでいた。
+
+
+【D-1 城・内部/一日目・午前】
+【日吉若@ミュージカル・テニスの王子様】
+[状態]:気まずい、かなり疲労、六芒星の呪縛
+[装備]:ドリル@ミスタードリラー
+[道具]:支給品一式 食料2人分、水2人分、C4プラスチック爆弾@MGS、ヒラリマント@ドラえもん 、マカビンビン@うたわれるものらじお
+[思考・状況]
+1.…………(気まずい)
+2.手段を問わず、主催に下克上する。
+3.下克上の障害は駆除する。
+4.とにかく六芒星の呪縛を解きたい
+
+
+【YOKODUNA@世界最強の国技SUMOU】
+[状態]:気まずい、体に多少の汚れ
+[装備]:なし
+[道具]:支給品一式*2、ドリルアーム、クロスミラージュ(8/8)@リリカルなのはStrikerS、気合の鉢巻き@ポケットモンスター
+    クマ吉の手錠@ギャグマンガ日和、ドアラの着ぐるみ@ドアラ動画シリーズ
+[思考・状況]
+1.KIの力で六芒星の呪縛を解き、日吉とTORIKUMIを行う。
+2.SHURAとして出会った者全てに戦いを挑む。逃げるようなら無理に追わない
+3.お覇王なる人物とTORIKUMIがしたい。
+4.最後まで残ったら主催者とも勝負を望みたい
+
+※クマ吉の手錠
+変態と言う名の紳士クマ吉を拘束するのに使った手錠、意外と鎖が長い。
+
+※ドアラの着ぐるみ
+中日ドラゴンズのマスコットであるドアラの着ぐるみ。
+背中にジッパーがある。中の人など居ない!
+
+※クロスミラージュ
+ティアナの持つミットチルダ式の拳銃型インテリジェントデバイス。
+魔力やその他素質がある者が持つとミットチルダ式魔法、射撃魔法や幻術魔法にその他魔法が使えるようになります。
+カードリッジシステムを搭載しているので4連装*2のカードリッジがセットされている。
+性格は無口で実直……なのは本編の話。ニコニコ補正でド変態ドスケベキャラになっている。
+パンツめくりたい、レ○プしたい、セクハラしたいなど変態願望にあふれている。
+英語でしか喋れない? いやいや、彼は欲望のためなら言語の壁を越えれます。
+ティアナとかが持つと、移る(病的な意味で)
+
+
+
+|sm84:[[魔理沙は大変な「覇王翔吼拳」を盗まざるを得ない]]|[[時系列順>第二回放送までの本編SS]]|sm90:[[チープトリック]]|
+|sm84:[[魔理沙は大変な「覇王翔吼拳」を盗まざるを得ない]]|[[投下順>51~100]]|sm86:[[アイドルとして音程がぶれている]]|
+|sm72:[[蒼い鳥]]|日吉若|sm99:[[世界最強の国技/球技]]|
+|sm77:[[蝕]]|YOKODUNA|sm99:[[世界最強の国技/球技]]|
+
+
+----