※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ねこなべとともに ◆DqlYDkDrwY




日吉と亜美の特訓は休む事無く続けられた。特に日吉の特訓は凄まじかった。
体の事など省みず、息は荒く、動きの切れも悪くなり、いつ倒れてもおかしくない状態だった。
それは端から見てとても痛々しかった。

「ピヨ君!一度、休んでよ!このままじゃ下剋上の前に倒れちゃうよ!」
「無我の境地ってのはな、己の限界の先にあるんだよ! だから倒れるくらいやらなきゃ意味がねえんだよっ!」
「ピヨ君…」



そんな二人を他所にカービィは暇だった。
日吉と亜美を守る、と付いて来たものの敵など一人も現れない。もちろん一緒に練習も出来ない。
その上、お腹まで空いてきた。自分の食料は既に全て食べてしまった。
丸くて小さくて可愛らしい姿をしているが、ピンクホールの異名を持つヨッシー以上の大食漢である。

暇と空腹に耐えかねたカービィは、少し悪いとは思いつつも何か食べ物がないかと二人のデイパックを探り出した。

日吉のデイパックを探るとすぐに食料が出てきた。一日分の食料を取り出しぱくん、と丸飲みにする。
さらにもう一日分の食料に手を伸ばす……、とその時デイパックの中に鍋が入っているのが見えた。
支給品より美味しいものが入っているかも!
そんな期待をしつつ鍋を取り出し開けた。


ねこだった。
凄く可愛らしいねこだった。

カービィは凄くがっかりした。
猫はそんなカービィを不思議そうに見つめ一声鳴いた。

「にゃぁ」


ヒュッ

何か黄色いものが、物凄い勢いでカービィの横を飛んでいった。
そしてその方向からオーラを纏った何者かが近付いてくる。

「猫駆除だ!」

それは無我の境地に至った日吉だった。
後ろでは亜美が何が起こったか分からず放心している。
何が起こったか分からないのはカービィも同じだった。

どうする? どうする?
カービィは少し考えて、
とりあえず……、逃げた。

走る走る。
カービィは短い足でポテポテと一生懸命走る、……片手に猫鍋を抱えて。
後ろからは日吉が追ってくる、

「ねーこーくーじょーだぜー♪痛風性♪」

……歌いながら。

「ローシアガールでジョジョーまーねー♪」

何か吹っ切れた様な表情で歌いながらフライパン片手に追いかけてくるオーラを
纏ったキノコ頭の少年、
ハッキリ言って怖い。
カービィは走るスピードを上げる。ウィリーかジェットが欲しいと思いながら。

「お湯かけるのが快感だぜー♪」

ドゴッ!

何処に持っていたのか、蓋の開いた支給品のペットボトルが飛んできた。
カービィの頭上にお湯ではなく水が降り注ぐ。
カービィは驚き一瞬足を止めた。

「追い付いてー♪」

その一瞬の間に日吉が追い付いた。

「ぶっ潰してー犯ー……」

やられる! カービィは目をつぶった。
その瞬間……。

「ピヨ君っ!」

また水が降り注いだ。
今度は日吉の頭上に。

「なにやってんの!」

そこには空のペットボトルをもった亜美がいた。
カービィは亜美の許に駆け寄る。

「お、俺は……」

水で頭を冷やされ日吉は完全に我にかえった。

「猫の声が聞こえた途端、頭が真っ白に……。今のは……、無我の境地……か?」
「え?」
「ぽよ?」
「ああ……、少しだけだが無我の境地が見、え……た」

がくり、と膝をついて座り込む。

「ピヨ君! どうしたの!?」
「……大丈夫だ。無我の境地は無意識のうちに体が反応して今まで見てきた技を繰り出す。
 ただ、無意識に体が動く分、疲れるのも早いだけだ。でもこれでなんとかピエロ共に下剋上できる……!」

日吉の顔は、何かをやり遂げたテニヌプレイヤーの顔だった。

「ポヨ! ポヨ!」

カービィが何かを訴えるようにその場でピョンピョン跳ねだした。

「あ、悪かったな、ピンク玉。水かけたりして……」
「ぷぅ!」

違う、と言うように頭を振る。

「あ! 放送!始まっちゃう!」
「ぺぽ!」

正解、と言うようにカービィが頷く。

「丁度良いし休憩にしよ。ピヨ君、少し休まなきゃ」
「仕方ねえな」
「ぷ!」

三人はその場に腰を下ろした。



【D-1 城・外壁/二日目・朝(放送直前)】

【日吉若@ミュージカル・テニスの王子様】
[状態]:全身に大量の打撲と切り傷(治療済み)、疲労極大、体力僅か、肋骨損傷・左の腕と肩にごっすんくぎ(共に治療済み)、少し寝不足
[装備]:カワサキのフライパン@星のカービィ、テニスボール
[道具]:支給品一式*4(食料一日分、水二本消費)、サテライト30@真赤な誓い、XBOX360、ピーピーマックス
ヒラリマント@ドラえもん、ことのはの鋸
[思考・状況]
1.放送を聞く。
2.無我の境地を完璧なものにする。
2.いつか天衣無縫の極みを会得し、主催に下克上する。
3.亜美にボブ術の基本を教える。
4.下克上の障害は駆除する。

※無我の境地に至りました。ただしねこ鍋による一時的なものかもしれません。


【双海亜美@THE IDOLM@STER】
[状態]:疲労大、全身に大量の打撲と切り傷(治療済み)、右足に大きな火傷・肩と左足に火傷(共に治療済み、徐々に回復中)、ルイージ(HI☆GE)、少し寝不足
[装備]:ホーリーリング@デジモンアドベンチャー、ルイージの帽子@スーパーマリオワールド
[道具]:支給品一式(食料1、水一本消費)、弾幕の作り方@東方project
[思考・状況]
1:放送を聞く。ついでに日吉を休ませる
2:ムガノキョウチ? テンイムホウノキワミ? なんだろー?
3:殺し合いには乗らない。みんなで脱出する方法を探したい
4:ヒゲドルとして生きていきまーす、んっふっふー
5:無事に帰れたら、オメガモン感謝祭を開く


【カービィ@星のカービィ】
[状態]:左腕爆破、全身にダメージ、胸部から腹部にかけて切り傷(治療済み)
[装備]:なし
[道具]:支給品一式(食料全消費)、ねこ鍋@ねこ鍋
[思考・状況]
1.日吉と亜美を守る。
2.放送を聞く。
3.いつか魔獣を倒したい。
4.魅音お姉さんの人探しを手伝う。スマブラ経由の知り合いには会いたくない
5.でも、ヨッシーとか、知らないヨッシーかも
6.マルクを倒して殺し合いを止める

※様々な記憶が内包しています。パッチをつけることで思い出しやすくなります。
※ミックスコピーを思い出しました。



sm186:括弧、推理、城にて(後編) 時系列順 sm188:隠し城の三悪人
sm186:括弧、推理、城にて(後編) 投下順 sm188:隠し城の三悪人
sm186:括弧、推理、城にて(後編) 日吉若 sm199:つかさですが、城の皆の服装が異様です
sm186:括弧、推理、城にて(後編) 双海亜美 sm199:つかさですが、城の皆の服装が異様です
sm186:括弧、推理、城にて(後編) カービィ sm199:つかさですが、城の皆の服装が異様です



|