※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

THE 最終局面(後) ◆jVERyrq1dU




奇妙な光景がひたすら続く。ハルヒの顔が近付いたり離れたり伸びたり歪んだり……
まるで例のカオスワールドのような光景がひたすら続く。気を失ってからずっとだ。これがあの世の光景と言うやつなのか?
ハルヒはあの世の神、というわけだったのだろうか……わけがわからない……。

博之は後ろを向き、ハルヒの幻から逃げる。ここがどこなのかすらわからない。
明らかに殺し合いの会場ではない。どちらかと言うと、やはりあのカオスワールド、あれに近い。

「何なんぞ……お前…」
博之は思い切ってハルヒの幻に話しかけてみる事にした。反応はない。
相変わらず気味の悪い笑顔を振りまいている。博之の心に得体のしれない恐怖心が芽吹く。
なんて気持ち悪い光景だ……………

「ゃ……………………………………………………………………………………」
「ッ!?」

今……何か聞こえたような……
全身から一気に汗が噴き出す。意味の分からない恐怖に襲われ博之は体を震わせた。

「ひゃ…………………………………………………………………………………」
「…………また、聞こえた……」

ここで博之は気づく、訳の分からない声は、ハルヒの幻の方から聞こえてきている。
その事に気づいたとたん、ハルヒの両目が思いきり見開かれる。眼玉が飛び出しそうなほどに。
博之は恐怖で尻もちを吐いた。歯をガタガタと言わせ、幻の行方を凝視する。

「けひゃ……ハロー、博之」
今度ははっきり聞こえた。そんな馬鹿な……

「くひひ、震えちゃってるじゃなぁい。貴方の体に今何が起きているか説明してあげようか」
博之は絶句し、ただ凝視する。

「無視するんじゃないわよ! この食人野郎ッ!!」

ハルヒの声が大音量で響いた。博之は痙攣したかのように身を震わせる。

「もういいわ、教えてあげる。あんた……私の体を食べたわね。
 くひひ、食べる前によぉーく探ってみるべきだったわねぇ、デーモンの記憶を」
「で、デーモンの記憶……?」
漸く声が戻ってきた。

「そうよ。さあ思い出しなさい。デーモンはどうして四つの人格を持っていたと思う?」
博之は記憶の海にダイブし、デーモンの記憶に検索をかける。
四人格……四人格……

「ひ、瀕死の時に……死体を食べたら、デーモンの中で人格が、目覚めた……」
「首輪がついていたら、そんな事にはならなかったわ。
 あの時、デーモンには首輪の制限はなかった……そして貴方にも制限はかかっていない」

博之はかつてないほど悔いた。デーモンの性質をもっとうまく見極めていれば……!
いや、待てよ……。小骨が引っ掛かったような感覚。何かおかしい。博之は再度デーモンの記憶を探る。

「お、おかしいぞ。デーモンは確かに瀕死の時に死体を食ったんやが、あくまで主導権はデーモンやった
 四人格はただ、能力と口調をデーモンに貸しとる……みたいな状況やったはずやが!」

博之がそこまで言うとハルヒはけたたましく笑い始めた。

「そこまで分かったならもう少し考えなさいよ、けひひ! うどんげよ!今度はうどんげについて思い出しなさい!」
そう言われたとたん、博之の表情は一変し、硬直する。

「うどんげは数回、デーモンの体を乗っ取りかけたわ。激しい殺意によってね。
 デーモンに隙はなかった、うどんげの人格が急激に強くなったからよ。今回のケースはそれとは逆……けひゃ♪」
「お、俺が……食人したせいで鬱になって……俺の精神に隙が出来て、それでお前が出て来たって言う事か……」
ますますハルヒは破顔する。耳を劈くような高笑いが響き渡る。

「一度表層に出たら後は簡単だったわ!うどんげの記憶を検索し、主人格を乗っ取るにはどうすればいいか、どうすれば失敗するのか。
 貴方がパクリロボットと戦ってる間、学んでおいたわ! うどんげの人格は本来とかけ離れたものだったけど、私は違う!
 そのまんまの私!くひゃ! 神だからねぇ……汚いウサギとは違う……」

博之が慌てふためく。ハルヒはぴたりと笑うのを止め、底冷えするような眼で博之を薄く睨んだ。

「さあ、出ていきなさい博之……この体はもう、私のモノなのよ……けひひひ」

巨大なハルヒの幻が消え、博之の目の前に、普段のハルヒが現れた。
こういった光景は前にもあった。以前はデーモンとこんな風に戦い合ったものだ。
即ち、魂の殴り合い。デーモンの時は辛くも勝利したが……今回は……


「こんの!! 腐れ外道がぁッ!!」
ハルヒのストレートが博之の頬に当たる。博之はぶち倒れる。

「よくも人間を食ったわね!この化け物!狂人! あんたそれでも人間なの!? くひゃひゃひゃひゃひゃ」
倒れた博之をハルヒは何度も何度も踏みつけた。暴力よりも言葉が辛い。

元々博之に勝ち目はなかった。食人という行為をして、博之の精神は荒れに荒れていた。
こんな状態で、魂の殴り合いを制するのは、不可能と言わざるを得ない。

「あんたの兄貴や母親はどういった眼であんたを見ていると思う!?
 この極悪人めぇッ! ひゃっはっはっはっはっはっはっ!」

ハルヒに甚振られ、言葉攻めをされ、博之は涙を流した。
生きたい……生きたいが……ハルヒには勝てない…

もう、どうすればいいのか俺には────


博之の体が脈動し、震える。自分の体に決定的な何かが起こりつつある。
消えて行ったデーモンとは違う種類の異変。博之は頭を抱える。
何かが起ころうとしている。ハルヒは何を思ったのか、ちっ、と舌を鳴らした。



「ハァッ! ハァッ!」
古泉はジアースから逃げきった後、仲間達を探すため、各地を走り回っていた。
もう体力も限界に近いが、ハルヒだけは何としても見つけ出さなければならない。

古泉はふらふらと走り続け、前方に何かを見つける。
一瞬何なのか分からなかった。いや、冷静になってよく観察しても、これが何なのか分からない。
無理やり目の前のものを表現してみると、肉塊、巨大な肉の塊が蠢いていた。
ときたまぶるぶると脈動する。気持ち悪い。


「ああ! やめろ! 俺は……!!生きなあかん!!」
突然肉塊が声を上げた。訳が分からない。もうどうにでもなれ……

「逃がさないわよ!この狂人めッ!」
今度は女の声で肉塊が叫ぶ。この声は……


「これは……?」
古泉の目の前で肉塊が一度大きく震えたかと思うと、次の瞬間、肉塊は二つに割れる。

「はあ……はあ……はあ……」
片方の肉塊がおっさんの声で苦しそうに喘いだ。
少しずつ、粘土をこねる様にして形が整っていく。人間のような形になっていく。

「ひろ………ゆき…………だと!?」
肉塊が博之へと変わった。もう蛾でも少女でもない。
普通のおっさんに戻っていた。いや……魔人の力はまだ残っているようだ。

「あああああ……俺、は、食いたあて、食ったわけやない……うぅぅ……」
博之は古泉に何の興味も示さず、目を擦る。相当錯乱しているようだ。
食人という行為は博之の心に大きな傷を残したのだ。

「けひゃひゃ!嘘よッ!! だってあんた初めこそは気持ち悪がってたけど、だんだん慣れてきたじゃないッ!
 ひょっとして美味しいなんて思ってたんじゃないのぉ!?」
もう片方の肉塊が嘲笑する。古泉は気づく。これはハルヒの声だ。なんというしぶとい女……

博之は涙を流しながらハルヒの肉塊を情けなく見つめ、悲鳴を上げながら逃げて行った。


博之はハルヒから逃げながら自身を責める。
もう、俺は人間やない……!正真正銘の化け物になってもうた!
もう……もう俺は……!!



【D‐1 /二日目・夕方】
【永井博之@永井先生】
[状態]:健康、食人した事への後悔、悲しみ、精神錯乱、精神的疲労極大、魔人ピロ(紫)、ひろが如く 、翼が生えた
[装備]:ぼろぼろの陵桜学園の制服@らき☆すた
[道具]:なし
[思考・状況]
1.とにかくハルヒから逃げる
2.人を食ってもうた……

※ローザミスティカの力を得て魔人覚醒をしました。身体能力は遥かに向上、そしてどうやら水銀燈の力は行使出来る様です。
 しかし、まだ魔人の能力を行使出来るか不明です。
※水銀燈の見てきた全ての記憶・感情を得ました。またデーモンの記憶を持っています。
※水銀燈の羽根は人間形態の時にのみ存在します。
※塔組の推理メモ、塔の『バグ』について纏めた紙の内容を完璧に覚えています
※ハルヒに肉体の半分を奪われました。博之側に残ったのは魔人の能力、水銀燈の能力、服です。




「けひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!! 逃げちゃったわあの狂人、けひひ」

肉塊が博之が消えた後もまた嘲笑う。
少しずつ、ハルヒの肉塊も形を整えていく。元通りの姿へ。途中、肉塊は繭のようなモノを体から捻り出した。
恐らく必要のないものと判断したのだろう。アレは確か……DMカード、進化の繭。あんなものまで混ざっていたのか。
古泉は呆然として眼で肉塊を凝視する。

「くひゃひゃ、ゴッド・オブ・エンプレス フッカーツ!」
古泉の目の前に裸のハルヒが出現した。服は博之の方に行ったというわけなのだろう。
ハルヒは全く恥ずかしがらなかった。むしろ胸を張り、気分良さそうに仁王立ちする。

「けひ、こっちの方が神らしいわ……今更人間どもに肌を見られてもなんてことない……くひゃ」
ハルヒは視線を下に落とす。古泉を見つけにたりと笑んだ。
言ってしまえば、ハルヒはデーモンと一つになったのだ。
外見と人格はハルヒでも、身体能力、特殊能力などは完全にデーモン。神の能力もまだ残っているかもしれない。

紛れもない……神だ。もはや笑えない。

「涼宮……さん……どうして、裸?」
古泉が、漸く言葉を取り戻し、発した言葉がそれである。ハルヒを見つけた。やっと見つけた……古泉はため息を吐く。

「古泉……久しぶりね。どうでもいい事気にするんじゃあないわよ。神なんだから何でもありなのよ?
 それより見てよこれ」
ハルヒはそう言い終わった後、空中にジャンプする。古泉はぽかんと口を開ける。なんてジャンプ力だ。
ハルヒは背中の辺りに力を込め、デーモンの翼を生やし、飛び回る。
なんて身体能力だ。まるでデーモンじゃないか……

「けひひ……どう?」
ハルヒが古泉の前に降り立つ。すごいですねと古泉は言った。

「私は完全に生まれ変わったわ。そうね……また新しい名前を考えようかしら……神聖究極魔神HALなんてどう?」
ハルヒは顎に手を当て考える。え、何が? 古泉がまず思った事はそれである。

「何呆けてんのよ!私のニックネームに決まってるでしょ!? ハルヒのハルをとってHALよ!
 そうねえ、ホーリーアルティメットゼウスHALって呼び名はどう?ああでも漢字の方がカッコいいかしら……」
……なるほど……凄いセンスだな……いろんな意味で…


「さあて……これからどうしようかしら……あの異常者追いかけてもいいけど、まずは永琳と合流した方がいいかしら
 そろそろあの浮いてる城に行ってもいいし……迷うわねぇ」

ハルヒは相変わらずマイペースだ。古泉はハルヒの見えない角度で深くため息を吐く。
はあ……もうどうにでもしてくれ……



【D‐1 城の跡/二日目・夕方】
【涼宮ハルヒ@涼宮ハルヒの憂鬱】
[状態]:ご満悦、神聖究極魔神HAL(ホーリーアルティメットエンペラーHAL)、全裸、デーモンの肉体、神への覚醒、首輪なし、超機嫌、古泉達を信頼
[装備]:デジヴァイス@デジモンアドベンチャー、
[道具]:支給品一式*3(食料・水一食分消費)、DIGIZO HYPER PSR(残り二十分程度)@現実、千年パズル、
テニスボール*2、雛見沢症候群治療セット1.5日分(C-120、注射器、注射針)@ひぐらしのなく頃に 、マウンテンバイク@GTASA、花粉防止用マスク、ドリルアーム
[思考・状況]
1 これからどうしようかな
2. 対主催、運営の様子を見極めた結果、対主催の掃討を優先。
3.古泉と永琳に従い、遊戯を利用する。どちらも用済みになったら殺すつもり。でも遊戯どこ行ったかなあ
4.三つ巴の状況をうまく利用し、勝利する。
5.主催者や対主催を皆殺しにして新世界を創造する。神である私が絶対である世界に。
6.能力が復活したら、世界の破滅を救う神として、すべての世界に名を残す。
  その際、世界を破滅に導くため、悪の化身を作り出したい。
7.ニコニコ動画という動画サイトが若干気になる

※狂いました。それを自覚していません。
※自分の能力を信じました。神人を召喚したりなど、能力を使えるようになりましたが、
 会場全体にかけられた制限があるためまだ完璧ではありません。またデーモンの能力と混じったためかなり弱まってしまいました。
 結界が解除されても全開にはならないでしょう。
※神なので古泉も呼び捨てにします。
※神人はまた死にました。もしかしたら三匹目を召喚出来るかも知れません
※一度死にましたが、博之の体を半分奪い、転生しました。
 外見、人格ともハルヒですが、身体能力やその他の能力はデーモンと同じです。
 デーモンの四人格の能力も使えます。神の力はハルヒの肉体が消滅したため、弱まっています。


【古泉一樹@涼宮ハルヒの憂鬱】
[状態]:首輪なし、超能力者として覚醒、重傷、頭部鈍痛、ろっ骨を骨折(応急処置済み)、疲労極大、八意永琳に少し不審
[装備]:ゆめにっき@ゆめにっき(手の形に血が付着) 、トカレフTT-33(8/8) 、逆刃刀@フタエノキワミ アッー!(るろうに剣心 英語版)
[道具]:支給品一式*16(食料6食、水15食分消費)、赤甲羅@スーパーマリオシリーズ、笛@スーパーマリオ3
糸(あと二メートルほど)、裁縫針、武器になりそうな薬物、DCS-8sp、退魔の剣@怪~ayakashi~化猫、アニマルマスク
サラブレット@現実、ダンボール@メタルギアシリーズ、ヴェルタースオリジナル@ヴェル☆オリ、携帯電話@現実、
庭師の鋏@ローゼンメイデン、おたま@TOD、 カワサキのフライパン@星のカービィ、ワイン(残り半分)、傘@現実 、
A.C.E.3@現実(少し詩音の血がついている)、塔組の推理メモ、塔の『バグ』について纏めた紙 、バルサミコ酢@らき☆すた、
グルメテーブルかけ(残り16回)@ドラえもん、時計型麻酔銃(予備針残り0本)@名探偵コナン、アイスソード@ロマン
シング・サガ、スパイダーブレスレット@東映版スパイダーマン、ケンジのカメラ@ポケットモンスター、
津田英治ブロマイド(音声付き)@大変な途中下車シリーズ、ビー玉(30個ほど)@ピタゴラスイッチ、 黄色甲羅@スーパーマリオシリーズ、
【DMカード@遊☆戯☆王デュエルモンスターズ】
使用可:死者蘇生、黒騎士の魔剣少女、セイバー
深夜まで使用不可:ブラック・マジシャン・ガール、ホーリーエルフの祝福、ゴキボール、強制脱出装置
次の朝まで使用不可:オレイカルコスの結界、オシリスの天空竜、オベリスクの巨神兵】
次の午前まで使用不可:エネミーコントローラー
[思考・状況]
1.博之も殺したいところだが、八意さん探したい
2.遊戯と博之を始末。彼の影響で永琳に不審
3.千年パズルを人質にして遊戯を無理やり従わせる。
4.三つ巴の状況を上手く利用する。
5.ゆめにっきを上手く使って闘う。
6.殺し合いにのっていない参加者を優先的に始末。相手が強い場合は撤退や交渉も考える。
7.八意永琳、涼宮ハルヒと協力する。
8.仕方ないので涼宮ハルヒに従い、彼女を生かすため、守る。
9.全てが終わった後、ハルヒに「合法的に愛しの彼とニャンニャンできる世界」を実現させてくれと頼む。
10.支給品を配分しないといけませんね。

※古泉は絶対に脱出なんて出来ないと考えていましたが、クッパ城を見て考えを改めました
※ゆめにっき@ゆめにっき
 本編には出てこない日記、絵本の形式で書かれています。
 2m以内で最後のページを見た人は強制的にゆめにっきの世界に飛ばされます。出てくるには日記が開いている状態で頬を抓れば出てこられます。
 一部監視が行き届いていない所がありますが2人は知りません。あと薬が塗られているので並大抵の事じゃあ燃えません。
※主催者側に強い疑いを持っています。そのため、永琳と共にハルヒを神とし、彼女を守ります。
※遊戯の持つ情報を全て把握しました。




「あ……!」
「ああ……お前か……生きてたんだな」
「貴方も……生きてたんですか……?」
なんとかな……、目の前の男は言った。背中には一人の女を背負っている。

「まだ俺は上を目指せるらしい……嬉しいぜ。ところでそいつ……死んでるのか?」
「まだ、ぎりぎり……」

レナは背負ったアリスの様子を見る。だんだん息が途切れてきた。もう、後がない。
霊夢を背負った日吉は、心配そうにアリスを見つめる。彼らは生きていた。
レナの隣には、幼女クラモンがアリスを心配そうに見上げている。

ジアースに殴られる直前、日吉はどたんばでKIを振り絞り、AT(ANTI-TUPPARI)フィールドを展開させギリギリのところで凌いだのだ。
そして日吉が吹っ飛ばされた先には偶然霊夢が気絶していた。彼女もジアースの一撃をシールドなどで防いだのだろうか。
こればかりは聞いてみないと分からない。

あのヒゲはまだ生きているだろうか。アリスを見て、日吉の不安はますます高ぶる。


そういえばレナはアリスをどこに連れて行っているのだろうか。

「アリスちゃんの希望です。彦麿さんの隣で死にたいと……」
レナはこう答えた。しかし、もうアリスは死んでいるのではないか?
見事なまでにボロボロで、ぴくりとも動かない。

レナと日吉は無言でしばらく歩く。遠くには壊れたジアースが横たわっている。
結局、誰がアレに止めを刺したのだろうか。アリスか? いや、まさかな……

彦麿の死体が見えてきた。潰れて原型が残っていない。レナは少し迷う。
こんなひどい死に方をしてる彦麿さんの隣に寝かすなんて……拷問だよ……

レナが躊躇していると、アリスがか弱い力でレナの頭を触った。
構わない…… レナはアリスの声が聞こえたような気がした。

優しくゆっくりと、アリスを彦麿の隣に寝かせる。
アリスは安心したかのように、ふっと眼を閉じる。
レナと日吉はしばらく二人を見守っていた。

啜り泣きのような声が日吉の耳に届いた。隣を見ると、レナが泣いていた。

「……あの大きなロボットに止めを刺したの……アリスちゃんなんだよ?」
「ッ!? 本当かよ!?」
日吉は素直に驚いた。あのロボット相手に最後まで戦い抜いたのだ。なんて奴だ。

「私がもう少し早く目覚めていれば……」
レナが後悔する。

「罪滅ぼし……だろ?」
城で聞いた。レナの境遇について。その中に度々出てくる罪滅ぼしと言う言葉。
まさか忘れたわけじゃないだろうな……お前がアリスに犯してしまった罪も一緒に償えばいいんだ。
そうしてくれ……俺だって償うからさ……。

しばらく日吉とレナは沈黙する。アリスは勿論何も喋らない。
もう指一本動かす事すら出来ない。あの巨大ロボットを倒した英雄がこんな事になるなんて……あんまりじゃないか。


ふと見ると、レナは表情を一変させていた。恐怖と緊張に張りつめた顔。

「あ………」
「どうした?」
レナが気の抜けた声を出す。アリスを見つめている。

「あ……ああああ…」
そのままレナの足腰は崩れ、地面に中腰になる。

「どうしたんだよ……!? さっさと言えよ!?」

日吉はレナの表情を見て、何が起こったのかだいたい理解していた。
それでも、心が否定する。どうしても認めたくない。
もう答えは分かってるんだ!今更焦らすんじゃねーよ!
お前なんかより俺の方が奴と関わった時間は長いんだ!俺の方が辛いんだよ!

「なんだ!? どうしたんだ!!」
日吉はレナの胸倉を掴み叫んだ。

レナは涙を湛え、きっぱりと言い放つ。


「アリスちゃんが死んだ────」



アリスの死に顔はとても綺麗だった。少なくとも日吉にはそう見えた。
肉塊となった彦麿に身を寄せ、静かにこと切れていた。


【愛してその人を得ることは最上である…愛してその人を失うことはその次によい  ウィリアム・M・サッカレー】

ジアース打倒に成功した伝説の英雄、アリス・マーガトロイド ここに眠る────



【矢部野彦麿@新・豪血寺一族シリーズ 死亡】
【コイヅカ@現実? 死亡】
【アリス・マーガトロイド@東方project 死亡】
【残り14名】




【E‐2 焼け野原/二日目・夕方】
【日吉若@ミュージカル・テニスの王子様】
[状態]:全身に大量の打撲と切り傷、疲労極大、悲しみ
    肋骨損傷・左の腕と肩にごっすんくぎ(共に治療済み)
[装備]:霊夢
[道具]:支給品一式*7(食料一日分、水二本消費)、ネギ@ロイツマ、長門の首輪、コイン*2@スーパーマリオワールド 孔明ブロック(大)@スーパーマリオワールド、
サテライト30@真赤な誓い、ピーピーマックス
ことのはの鋸、プラスパワー*5@ポケットモンスター、炎道イフリナのフィギュア@ふぃぎゅ@メイト、首輪の残骸、上海人形
レヴァンティン@くらっとけ!スターライトブレイカー、カワサキのフライパン@星のカービィ、テニスボール
[思考・状況]
1.これからどうしようか
2.無我の境地を完璧なものにする。
2.いつか天衣無縫の極みを会得し、主催に下克上する。
3.亜美にボブ術の基本を教える。亜美の安否が気になる
4.下克上の障害は駆除する。

※ひらりマントは燃えました


【竜宮レナ@ひぐらしのなく頃に】
[状態]:悲しみ、健康
[装備]:リアルメガバスター(145/300)@デッドライジング、メタルブレードのチップ、サイレンサー付き拳銃(1/6)@サイレンサーを付けた時とry 、鉈@ひぐらしのなく頃に
[道具]:支給品一式*13(食料3・水2消費)、日本酒(残り半分)テニスボール*2、オミトロン@現実?、モモンの実*5@ポケットモンスター、鉄パイプ、本『弾幕講座』、アイテム2号のチップ@ロックマン2、
暗視ゴーグル@現実、デジヴァイス@デジモンアドベンチャー、初音ミク@現実、オボンの実*4@ポケットモンスター、ポケモンフーズニ日分(四食分消費)@ポケットモンスター、
ほんやくコンニャク(1/4)(半分で八時間)@ドラえもん、テレパしい@ドラえもん(残り2粒)、五寸釘@現実、フタエノ極意書@ニコニコRPG、雛見沢症候群治療セット1日分(C-120、注射器、注射針)@ひぐらしのなく頃に、
桃太郎印のきびだんご(24/25)、ウルトラスーパー電池(残り30%)@ドラえもん、ゼットソーハードインパルス@現実、ハイポーション×2、北米版パッチ、
DMカード@遊戯王DM(マジックシリンダー・攻撃誘導アーマー(使用可)・光の護封剣(次の日中まで使用不可))、飛行石のペンダント@天空の城ラピュタ、十得ナイフ@現実、
毒針@ドラゴンクエストシリーズ、ナイフとフォーク×2、包丁、首輪の機械部品、包帯、オクタン(HP1)@ポケットモンスター、MASTER ARTIST01~10@THE IDOLM@STER、
壊れたオセロ@現実、ノートパソコン(バッテリーほぼ満タン)@現実、RPG-7(残弾0)@GTASA、富竹のカメラ@ひぐらしのなく頃に、スタンガン@ひぐらしのなく頃に、ピッキング用針金、
盗賊の棺桶@勇者の代わりにバラモス倒し(ry、フィルム、ピーピーマックス*2@ポケットモンスター、Fooさんの笛@ニコニコ動画(γ)、 宝石みたいな物@呪いの館、
ウィンチェスター M1895/Winchester M1895(狙撃銃、残弾1)@現実、無限刃@るろうに剣心(フタエノキワミ アッー!)、 きしめん@Nursery Rhyme、
たいやき(残りHP50%)@ポケモン金コイキングだけでクリアに挑戦、SIG P210(残弾1)@MADLAX、鬼狩柳桜@ひぐらしのなく頃に、 10円玉@現実?、札束(1円札百枚)、琴姫の髪、iPod@現実(【残り16時間】)
[思考・状況]
1.少数派による運命の打開  これからどうしようか
2.クラちゃんは一応信用しておく。
3.博之に関してはKASに一任……大丈夫かな?
4.圭一、ティアナの思いを継いで、対主催思考の仲間を探す。
5.ハルヒはしばらく泳がしておき、計略を為ったと見せかけておく。
6.罪滅しをする。アリスちゃんを助けられなかった分も
※八意永琳が何か知っていると思っています。
※時期は大体罪滅し編後半、学校占領直前です。
※雛見沢症候群は完治しました。
※身体能力が向上しています。それによってレナパンが使えるようになりました。
※158話で感じた違和感の正体が、ハルヒに自分達の情報を教えたと推理しました。
 また、ハルヒ達の計画を大まかながら把握しています。
※Niceboat.船内地図を把握しています。
※ジェバンニ@デスノート?は海馬の死体の横に落ちています。
※オクタンはきあいのはちまきの効果で生き残りました。
※棺桶の中に全部入れていたので、支給品はすべて無事です。
※ノートパソコンに海馬の残した何らかのファイル(飛行石関連その他)とメッセージがあります。
 メッセージは打開が成功したら読め、との事です。
※レナはジアースと直接は相対しなかったので、ロボ入りiPodは発動しませんでした
※クラちゃんはレナの傍に付いています

【博麗霊夢@東方project】
[状態]:??? チート巫女、バリアジャケットの腋・袖・腹部分破損、魔力消費小(かなり回復)、血霧の巫女、気絶、日吉に背負われている
[装備]:レイジングハート@魔法少女リリカルなのはシリーズ、巫女風バリアジャケット@巫女みこナース、KASの帽子、博麗アミュレット(80/200)、陰陽玉*2@東方project、
[道具]:支給品一式*5(パンは一個だけ・水は一式分)、フリップフラップ@ニコニコキッチン、首輪、ドリル@ミスタードリラー、メモ用紙(10/10)、魔理沙の帽子、
気合の鉢巻き@ポケットモンスター、クマ吉の手錠@ギャグマンガ日和、全自動卵割機@サザエさん、億千万の思い出@現実、
キーボードクラッシャーの音声(の入ったiPod)@キーボードクラッシャー、萃香の角*2、ワルサーカンプピストル@現実(1/1)(26.6mm信号弾残り6発)
[思考・状況]
1.気絶
2.ヴァンデモンは見つけたら殺す。
3.もう私は迷わない!
4.先ほどから近くで起きてる戦闘の激化が気になる。
5.怪しい人には無理のない程度に接触、無害なら適当に交渉
6.今回の事件の解決(主催者の打倒)
7.クロスミラージュを調べたい。
8.つかさが自分にとって敵か知りたい。洩矢諏訪子の帽子が気になる。

※クロミラの事を変態だと認識しました。
※船橋前の通路には霊夢の張った結界があります。
 物理的な効果はありませんが、船内でのみ、霊夢はそこを何かが通ったことを知ることができます。
※霊夢はカイバーマンたちと情報交換をしました。霊夢は大方把握しています。
※萃香側の情報を大まかに把握しました。
※制限は解除されていません。
※霊夢の怪我の程度は次の書き手さんにお任せします。
 ジアースの攻撃を上手く防いだかもしれませんし、防いでいないかもしれません。


※Niceboat.は破壊されました。 E‐2に残骸が落ちています。探せば何かあるかも。
※ジアースの残骸がE‐2に落ちています。
※ジアースが暴れた事によって、城、塔が完全に崩壊し、町が荒れまくっています。
 各地にレーザーによって出来た巨大なクレーターがあります。



sm215:THE 最終局面(前) 時系列順 sm216:第七回定時放送
sm215:THE 最終局面(前) 投下順 sm216:第七回定時放送
sm215:THE 最終局面(前) 柊つかさ sm221:ちょっと言葉さんで結界解除してくる(準備編)
sm215:THE 最終局面(前) 矢部野彦麿 死亡
sm215:THE 最終局面(前) アリス・マーガトロイド 死亡
sm215:THE 最終局面(前) 日吉若 sm217:ふたりひとり
sm215:THE 最終局面(前) コイヅカ 死亡
sm215:THE 最終局面(前) 博麗霊夢 sm217:ふたりひとり
sm215:THE 最終局面(前) 竜宮レナ sm217:ふたりひとり
sm215:THE 最終局面(前) カービィ sm219:クッパ城で会った怖いマルクに屈しない
sm215:THE 最終局面(前) クラモンD sm232:青の炎Ⅰ ~ラスボス空~
sm215:THE 最終局面(前) 武藤遊戯 sm220:えーりんと闇AIBOに死ぬほど言葉攻めされて涙目なピエモンB(前編)
sm215:THE 最終局面(前) 永井博之 sm218:神様ゲーム
sm215:THE 最終局面(前) 涼宮ハルヒ sm218:神様ゲーム
sm215:THE 最終局面(前) 古泉一樹 sm218:神様ゲーム
sm215:THE 最終局面(前) 八意永琳 sm220:えーりんと闇AIBOに死ぬほど言葉攻めされて涙目なピエモンB(前編)
sm215:THE 最終局面(前) 武藤遊戯(ATM) sm220:えーりんと闇AIBOに死ぬほど言葉攻めされて涙目なピエモンB(前編)
sm215:THE 最終局面(前) ピエモン sm220:えーりんと闇AIBOに死ぬほど言葉攻めされて涙目なピエモンB(前編)



|