民法Ⅳ(債権総論) 清水


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【講義名】民法4(債権総論)
【担当者】清水師
【問題】2問中1問選択
1:履行不能との関係で、債務種類が特定物債務及び金銭債務とどのように異なるかを述べた上で、いわゆる「種類債権の特定」の要件及び効果について論ぜよ
2:「債権の準占有者」に対する弁済の取り扱いについて一般的な説明を加えた上で、偽造・盗難カードの所有者に対する銀行の払い戻しはいかなる場合に有効とすべきかを論ぜよ
【補足】六法参照可  出席なし 事前に6問発表されそのうちの2問出題