※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呪詛麻薬への対処について

藩国民の皆様にお知らせです。
NW全国でサイキノン系麻薬が不法流通をしていた事件は記憶に新しいかと思いますが、
それとは別種の麻薬で、
魔法を用いた呪詛がかけられた種類(以後「呪詛麻薬」と仮称します)についても、
この度NW全域での流通が確認されました。

しかしNW各国政府は、流通が確認された後、直ちに当該麻薬の治療薬の精製・流通を実施。
サイキノン系麻薬における対処手段を活かし、
現在呪詛麻薬の流通に歯止めをかけると共に、
呪詛麻薬服用者に対する治療薬の配布を進めています。

私たちキノウツン藩国においても、
サイキノン系麻薬における対処を取り入れ、
呪詛麻薬を特定禁止薬物と決定、告知を行った後、
流通阻止及び危険性を考慮した廃棄の実施をして参ります。

また、呪詛麻薬に対する治療薬の配布を、
藩国警察並びに藩国軍の立会いの下、
国内における公的医療機関、及び藩国政庁(警察窓口)にて行うほか、
呪詛麻薬を服用したと思われる逮捕者に対しての治療薬投与も実施いたします。

呪詛麻薬が混入していたと思われる食品類
(NAC様、CMS様との協力の下、随時情報を公開して参りますので、必ずご確認ください)
を口にされた方々や、
ご家族やご友人、身の回りの人々の言動に不審な点が見られる、
あるいは呪詛麻薬単体での流通について心当たりがある、といった方々は、
まずは藩国警察・麻薬対策課までお気軽にご連絡をいただきますよう、
よろしくお願いいたします。
その際、ご連絡をいただいた方々の個人情報や、プライバシーの取り扱いには
細心の注意をもって各種対応及び今後どうすべきかといったご連絡をさせていただきます。

他ならぬ皆様の大切な人々を守るためにも、
どうかご協力をよろしくお願いいたします。


(草稿:大法官・比野青狸)
(認可:藩王・キノウ=ツン、摂政・アシタスナオ、摂政・浅田)