FEG様支援による国家間交流について

藩国民の皆様にお知らせです。

現在、キノウツン藩国では藩国復興に向けてインフラや各種施設の整備を実施しておりますが、
まだ災禍の記憶覚めやらぬ昨今、
残念ながら先のムラマサ騒動により多くの藩国様にご迷惑をお掛けして以来、
国家間の交流も以前に比べ少なくなってしまっています。

そんな折、
大統領府を擁し共和国の多くの藩国の交流が行われているFEG様より、
私たちキノウツン藩国と共和国各国との間の交流を再び行えるよう、
ご支援をいただくことになりました。

FEG様にはキノウツン藩国からの避難民保護においても非常にご尽力いただいており、
今回さらに国家間の橋渡しについてご支援いただくことになり、
この場をお借りして深く御礼申し上げたく存じます。

キノウツン藩国政府といたしましても、
「すぐにでもかつての交流を再開しよう!」とはいかないことは重々承知しております。
それでもやはり、多くの人と人との繋がりの中で誕生した経緯を持つキノウツンにとって、
他藩国様と共に歩みを進められるならば、これほど嬉しい事はございません。
二度と悲劇を生まぬよう、一歩一歩少しずつでも構いません。
再び国と国、人と人とが手を取り合える日が訪れるよう、
他藩国様とも話し合い、分かり合う場を作れるよう、
またそこに多くの人々が参加できるよう努めてまいりますので、
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


(草稿:今北運営委員長・比野青狸)
(認可:摂政・アシタスナオ、摂政・浅田)