共和国を中心としたインフレの進行と藩国対応について

キノウツン藩国にお住まいの皆様、
またNW各国で本声明に触れた皆様に緊急のお知らせです。

現在、NW、特に共和国では
物価が急激に上昇し、貨幣(にゃんにゃん)の価値が急落する
いわゆる「インフレーション」が発生しております。

藩国民の皆様におかれましても、
「スーパーで野菜を買おうとしたら凄く高くなって困る!」
といったことを既に耳にしていることと存じます。

共和国各国は本日、直ちにインフレ対策のために藩王議会を召集し、
対応策を協議しています。
また帝國各国でもインフレの余波を警戒しての会議が行われていると伺っております。

藩国民の皆様にご迷惑をお掛けすることとなり、大変申し訳ありません。
現在、NW各国が力を結集して事態の収拾に向けて連携対応をとっておりますので、
続報をお待ちいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


「そうは言っても明日のご飯にも困るんじゃ……!?」

インフレの進行により最も危惧される事。
それは藩国民の皆様の日々の暮らし、
衣・食・住のいわゆる「ライフライン」が脅かされる事にあります。
例えば食糧価格の高騰はすなわち「食べ物はあるけど買えない」といった事態を招きかねません。

私たちキノウツン藩国では過去似たような危機に陥った経験から、
何らかの事情により食糧の流通経路が遮断された場合を想定し
藩国国庫に備蓄を続けて参りました。
今回のインフレへの対応においても、
食糧等の市場価格が藩国民の皆様が通常の生活を続けることが
困難であるほどに高騰した時点で国庫を開放し、
当面の間藩国内で自給を行えるだけの準備を
当該期間中の治安の維持と併せて整えております。

今回のインフレに乗じて市場価格を操作し、
不当な値段で食糧等の必要物資を売り抜けようとする者が出てくることが予想されます。
藩国民の皆様におかれましては
どうか目先の情報に踊らされる事無く、
今後の生活を継続できないような売買が本当に必要なのか、
皆様の周りの方々とよくご相談の上ご考慮いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

藩国政府としても、
今回のインフレに伴う藩国民生活相談センターを開設し、
皆様からのご相談に対応させていただきますので
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



(草稿:比野青狸)
(承認:摂政・浅田、摂政・比野青狸)