※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 法の神の僧侶 RD:12 評価値:6
    • 部品: 法の神の僧侶はどんな人々か
    • 部品: 法の神の僧侶になるためには
    • 大部品: 法の神信仰の教義 RD:4 評価値:3
      • 部品: 三大憲章
      • 部品: 法律は正義
      • 部品: 契約は神
      • 部品: 連帯保証人は地獄への道
    • 大部品: 主な活動内容 RD:5 評価値:3
      • 部品: 教義をより深く理解する
      • 部品: 教えを広める無料相談会
      • 部品: 活動拠点における共同生活
      • 部品: 儀礼の補佐
      • 部品: 法律に関する各種コンサルタント
    • 部品: 契約遵守の力



部品定義


部品: 法の神の僧侶はどんな人々か

法の神を信仰し、信仰のために定められた教義を守り、信仰を広める聖職者たちの総称。男女両方とも、同じ名前で呼称される。
信仰のための寺院や聖堂に集団生活(修習に専念するため生活は男女別の場合が大半である)を行い、日々教義の理解を深めようと努めている。


部品: 法の神の僧侶になるためには

法の神の僧侶はいわゆる聖職者のひとつであり、同じ法の神を信仰する人の中でもいわゆる信者とは異なる立場の存在である。
篤い信仰心を持った上で、教義に基づく規範に則り、法の神を信仰することを誓約して入信が認められる。
入信後、法の神の信仰において大切な知識や作法を習得し、法の神の司祭による試験をクリアして初めて、聖職者たる法の神の僧侶となることができる。
入信してから法の神の僧侶になるまでには、真面目に修練して6年はかかる。

部品: 三大憲章

法の神信仰の教義は宗派によって若干内容に差異があるものの、特に重要とされる以下の3文については「三大憲章」と呼ばれ共通した教義として明文化されている。
一つ、法律は正義。
一つ、契約は神。
一つ、連帯保証人は地獄への道。
一見するとどういう意図で記されたのか分かりかねる文言だが、現在ではいずれも一般的に理解しやすい解釈がなされている。

部品: 法律は正義

かつては「法律こそ正義であり、法律に書かれていることだけを遵守していれば良い」という解釈も存在したが、
現在では「法律は正義をなすために生まれたもので、正義つまり幸福を追求する権利および全ての者がそれを平等に保有する権利を法律は保障している」という解釈に落ち着いている。
そのため法の神の僧侶は各国の法律を学び、全ての者、特に社会的弱者とされる人々の生きる権利を法はどう保障しているのか、今ある法律をどう解釈すればそうすることができるかについて日夜言論を交わしている。

部品: 契約は神

契約は2名以上の当事者間における意思表示が合致することによって成立する法律行為である。
当事者間の意思表示の合致(約束)は人間社会を形づくる神聖なものであり、尊重されなければならない。
また同時に、その契約の内容も神聖なものでなければならない。
強要された結果の不平等な契約や、他者に害をなすことを前提とするような公序良俗に反する内容の契約は、成立過程に法律行為としての正義が無いとして正されるべきものとされている。

部品: 連帯保証人は地獄への道

契約の当事者でない第三者に借金などを担保させる連帯保証人。連帯保証人にはするな、なるなという戒め。
転じて、自らの行動は自らの自由な意思によってのみ決定し、その結果も自分自身が受け止めよという教義とされている。

部品: 教義をより深く理解する

新たな制度や技術の登場に伴い新たな法律が制定されるのと同様に、教義の解釈もその時代や社会生活の様式によって不変の部分と、変化を続ける部分が存在する。
法の神の僧侶はそうした教義の理解を深めるために互いに意見を出し合い、言論を交わしている。また、教義の解釈の助けとすべく、各国における最新の判例情報も大法院を経由して取り寄せ、学んでいる。

部品: 教えを広める無料相談会

法の神信仰の教義を一般大衆に教え広めることも、法の神の僧侶の活動の一つである。法の神信仰では、公的な活動として各国における法律相談会を定期的に無料で開催している。
法律の知識や理念、役立て方を多くの人に知ってもらうことは教義にも沿うことであり、金銭的な理由から法知識を持たないことの多い社会的弱者とされる人々を助けてこその法の正義だという信仰理念に基づく活動である。

部品: 活動拠点における共同生活

寺院や聖堂(呼ばれ方は国により異なり、教義では決まった名称はないので近しい建造物の名称で呼ばれる)で入信時から共同生活をしている法の神の僧侶たち。
彼らの活動拠点の清掃や食事の支度、洗濯などの日常業務は彼ら自身が行う。各業務は活動拠点ごとにまちまちだが、大抵は当番制で持ち回りである。
司祭以上になると当番からは外れるが、人数の少ない拠点では司祭以上も当番に含まれている。たまに、人数が十分な拠点でも当番をやりたがる変わり者もいる。

部品: 儀礼の補佐

主に各拠点単位で行われる宗教的儀礼の補佐も法の神の僧侶の活動の一つである。
儀礼の執行は司祭が実施するが、各種祭具の準備や当日の進行補佐、教典の斉読などを務める。

部品: 法律に関する各種コンサルタント

各活動拠点の収入源として、各国における法律に関するコンサルタント業務も実施している。事業収入扱いなので、お布施と違って課税対象である。
個人や企業からの法律に関する相談、契約書など法的な書面の作成支援、節税対策(合法かつ公序良俗に反しない方法)など、業務は多岐にわたる。
教義に沿った法律行為を助成することで、法の神信仰を広めるという意味もある。法の抜け道やグレーゾーンを悪用する手法の紹介は教義に反するため許されておらず、行った者は懲戒、悪質な場合は破門とされる。
法律研究の過程で発見された悪用の手口については、各国の大法院や警察機関に届け出て、対策を促す活動も行っている。
また、大法院における司法行為や各国政府による立法・行政行為そのものに法の神の僧侶自身が携わることはない。まだ未熟な面もあり、日々教義理解に勤しむ彼らにそんな時間はないからだ。それが可能なのは、司祭以上になってからとされている。


部品: 契約遵守の力

戦闘行為時において、両陣営に当該戦闘の期間中遵守可能な内容を提示し、双方の受諾をもって法の神の名の下に絶対遵守の契約とする力。
前提となる条件のハードルは高いが、契約締結後は法の神の力を受けとても強い拘束力をもつ。法の神の影響下にない地域(高物理域など)では普通の契約締結となり物理的な強制力は働かないが、破ると風評が著しく下がる。



提出書式


 大部品: 法の神の僧侶 RD:12 評価値:6
 -部品: 法の神の僧侶はどんな人々か
 -部品: 法の神の僧侶になるためには
 -大部品: 法の神信仰の教義 RD:4 評価値:3
 --部品: 三大憲章
 --部品: 法律は正義
 --部品: 契約は神
 --部品: 連帯保証人は地獄への道
 -大部品: 主な活動内容 RD:5 評価値:3
 --部品: 教義をより深く理解する
 --部品: 教えを広める無料相談会
 --部品: 活動拠点における共同生活
 --部品: 儀礼の補佐
 --部品: 法律に関する各種コンサルタント
 -部品: 契約遵守の力
 
 
 部品: 法の神の僧侶はどんな人々か
 法の神を信仰し、信仰のために定められた教義を守り、信仰を広める聖職者たちの総称。男女両方とも、同じ名前で呼称される。
 信仰のための寺院や聖堂に集団生活(修習に専念するため生活は男女別の場合が大半である)を行い、日々教義の理解を深めようと努めている。
 
 
 部品: 法の神の僧侶になるためには
 法の神の僧侶はいわゆる聖職者のひとつであり、同じ法の神を信仰する人の中でもいわゆる信者とは異なる立場の存在である。
 篤い信仰心を持った上で、教義に基づく規範に則り、法の神を信仰することを誓約して入信が認められる。
 入信後、法の神の信仰において大切な知識や作法を習得し、法の神の司祭による試験をクリアして初めて、聖職者たる法の神の僧侶となることができる。
 入信してから法の神の僧侶になるまでには、真面目に修練して6年はかかる。
 
 部品: 三大憲章
 法の神信仰の教義は宗派によって若干内容に差異があるものの、特に重要とされる以下の3文については「三大憲章」と呼ばれ共通した教義として明文化されている。
 一つ、法律は正義。
 一つ、契約は神。
 一つ、連帯保証人は地獄への道。
 一見するとどういう意図で記されたのか分かりかねる文言だが、現在ではいずれも一般的に理解しやすい解釈がなされている。
 
 部品: 法律は正義
 かつては「法律こそ正義であり、法律に書かれていることだけを遵守していれば良い」という解釈も存在したが、
 現在では「法律は正義をなすために生まれたもので、正義つまり幸福を追求する権利および全ての者がそれを平等に保有する権利を法律は保障している」という解釈に落ち着いている。
 そのため法の神の僧侶は各国の法律を学び、全ての者、特に社会的弱者とされる人々の生きる権利を法はどう保障しているのか、今ある法律をどう解釈すればそうすることができるかについて日夜言論を交わしている。
 
 部品: 契約は神
 契約は2名以上の当事者間における意思表示が合致することによって成立する法律行為である。
 当事者間の意思表示の合致(約束)は人間社会を形づくる神聖なものであり、尊重されなければならない。
 また同時に、その契約の内容も神聖なものでなければならない。
 強要された結果の不平等な契約や、他者に害をなすことを前提とするような公序良俗に反する内容の契約は、成立過程に法律行為としての正義が無いとして正されるべきものとされている。
 
 部品: 連帯保証人は地獄への道
 契約の当事者でない第三者に借金などを担保させる連帯保証人。連帯保証人にはするな、なるなという戒め。
 転じて、自らの行動は自らの自由な意思によってのみ決定し、その結果も自分自身が受け止めよという教義とされている。
 
 部品: 教義をより深く理解する
 新たな制度や技術の登場に伴い新たな法律が制定されるのと同様に、教義の解釈もその時代や社会生活の様式によって不変の部分と、変化を続ける部分が存在する。
 法の神の僧侶はそうした教義の理解を深めるために互いに意見を出し合い、言論を交わしている。また、教義の解釈の助けとすべく、各国における最新の判例情報も大法院を経由して取り寄せ、学んでいる。
 
 部品: 教えを広める無料相談会
 法の神信仰の教義を一般大衆に教え広めることも、法の神の僧侶の活動の一つである。法の神信仰では、公的な活動として各国における法律相談会を定期的に無料で開催している。
 法律の知識や理念、役立て方を多くの人に知ってもらうことは教義にも沿うことであり、金銭的な理由から法知識を持たないことの多い社会的弱者とされる人々を助けてこその法の正義だという信仰理念に基づく活動である。
 
 部品: 活動拠点における共同生活
 寺院や聖堂(呼ばれ方は国により異なり、教義では決まった名称はないので近しい建造物の名称で呼ばれる)で入信時から共同生活をしている法の神の僧侶たち。
 彼らの活動拠点の清掃や食事の支度、洗濯などの日常業務は彼ら自身が行う。各業務は活動拠点ごとにまちまちだが、大抵は当番制で持ち回りである。
 司祭以上になると当番からは外れるが、人数の少ない拠点では司祭以上も当番に含まれている。たまに、人数が十分な拠点でも当番をやりたがる変わり者もいる。
 
 部品: 儀礼の補佐
 主に各拠点単位で行われる宗教的儀礼の補佐も法の神の僧侶の活動の一つである。
 儀礼の執行は司祭が実施するが、各種祭具の準備や当日の進行補佐、教典の斉読などを務める。
 
 部品: 法律に関する各種コンサルタント
 各活動拠点の収入源として、各国における法律に関するコンサルタント業務も実施している。事業収入扱いなので、お布施と違って課税対象である。
 個人や企業からの法律に関する相談、契約書など法的な書面の作成支援、節税対策(合法かつ公序良俗に反しない方法)など、業務は多岐にわたる。
 教義に沿った法律行為を助成することで、法の神信仰を広めるという意味もある。法の抜け道やグレーゾーンを悪用する手法の紹介は教義に反するため許されておらず、行った者は懲戒、悪質な場合は破門とされる。
 法律研究の過程で発見された悪用の手口については、各国の大法院や警察機関に届け出て、対策を促す活動も行っている。
 また、大法院における司法行為や各国政府による立法・行政行為そのものに法の神の僧侶自身が携わることはない。まだ未熟な面もあり、日々教義理解に勤しむ彼らにそんな時間はないからだ。それが可能なのは、司祭以上になってからとされている。
 
 
 部品: 契約遵守の力
 戦闘行為時において、両陣営に当該戦闘の期間中遵守可能な内容を提示し、双方の受諾をもって法の神の名の下に絶対遵守の契約とする力。
 前提となる条件のハードルは高いが、契約締結後は法の神の力を受けとても強い拘束力をもつ。法の神の影響下にない地域(高物理域など)では普通の契約締結となり物理的な強制力は働かないが、破ると風評が著しく下がる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "法の神の僧侶",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "法の神の僧侶はどんな人々か",
         "description": "法の神を信仰し、信仰のために定められた教義を守り、信仰を広める聖職者たちの総称。男女両方とも、同じ名前で呼称される。\n信仰のための寺院や聖堂に集団生活(修習に専念するため生活は男女別の場合が大半である)を行い、日々教義の理解を深めようと努めている。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "法の神の僧侶になるためには",
         "description": "法の神の僧侶はいわゆる聖職者のひとつであり、同じ法の神を信仰する人の中でもいわゆる信者とは異なる立場の存在である。\n篤い信仰心を持った上で、教義に基づく規範に則り、法の神を信仰することを誓約して入信が認められる。\n入信後、法の神の信仰において大切な知識や作法を習得し、法の神の司祭による試験をクリアして初めて、聖職者たる法の神の僧侶となることができる。\n入信してから法の神の僧侶になるまでには、真面目に修練して6年はかかる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "法の神信仰の教義",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "三大憲章",
             "description": "法の神信仰の教義は宗派によって若干内容に差異があるものの、特に重要とされる以下の3文については「三大憲章」と呼ばれ共通した教義として明文化されている。\n一つ、法律は正義。\n一つ、契約は神。\n一つ、連帯保証人は地獄への道。\n一見するとどういう意図で記されたのか分かりかねる文言だが、現在ではいずれも一般的に理解しやすい解釈がなされている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "法律は正義",
             "description": "かつては「法律こそ正義であり、法律に書かれていることだけを遵守していれば良い」という解釈も存在したが、\n現在では「法律は正義をなすために生まれたもので、正義つまり幸福を追求する権利および全ての者がそれを平等に保有する権利を法律は保障している」という解釈に落ち着いている。\nそのため法の神の僧侶は各国の法律を学び、全ての者、特に社会的弱者とされる人々の生きる権利を法はどう保障しているのか、今ある法律をどう解釈すればそうすることができるかについて日夜言論を交わしている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "契約は神",
             "description": "契約は2名以上の当事者間における意思表示が合致することによって成立する法律行為である。\n当事者間の意思表示の合致(約束)は人間社会を形づくる神聖なものであり、尊重されなければならない。\nまた同時に、その契約の内容も神聖なものでなければならない。\n強要された結果の不平等な契約や、他者に害をなすことを前提とするような公序良俗に反する内容の契約は、成立過程に法律行為としての正義が無いとして正されるべきものとされている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "連帯保証人は地獄への道",
             "description": "契約の当事者でない第三者に借金などを担保させる連帯保証人。連帯保証人にはするな、なるなという戒め。\n転じて、自らの行動は自らの自由な意思によってのみ決定し、その結果も自分自身が受け止めよという教義とされている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "主な活動内容",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "教義をより深く理解する",
             "description": "新たな制度や技術の登場に伴い新たな法律が制定されるのと同様に、教義の解釈もその時代や社会生活の様式によって不変の部分と、変化を続ける部分が存在する。\n法の神の僧侶はそうした教義の理解を深めるために互いに意見を出し合い、言論を交わしている。また、教義の解釈の助けとすべく、各国における最新の判例情報も大法院を経由して取り寄せ、学んでいる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "教えを広める無料相談会",
             "description": "法の神信仰の教義を一般大衆に教え広めることも、法の神の僧侶の活動の一つである。法の神信仰では、公的な活動として各国における法律相談会を定期的に無料で開催している。\n法律の知識や理念、役立て方を多くの人に知ってもらうことは教義にも沿うことであり、金銭的な理由から法知識を持たないことの多い社会的弱者とされる人々を助けてこその法の正義だという信仰理念に基づく活動である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "活動拠点における共同生活",
             "description": "寺院や聖堂(呼ばれ方は国により異なり、教義では決まった名称はないので近しい建造物の名称で呼ばれる)で入信時から共同生活をしている法の神の僧侶たち。\n彼らの活動拠点の清掃や食事の支度、洗濯などの日常業務は彼ら自身が行う。各業務は活動拠点ごとにまちまちだが、大抵は当番制で持ち回りである。\n司祭以上になると当番からは外れるが、人数の少ない拠点では司祭以上も当番に含まれている。たまに、人数が十分な拠点でも当番をやりたがる変わり者もいる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "儀礼の補佐",
             "description": "主に各拠点単位で行われる宗教的儀礼の補佐も法の神の僧侶の活動の一つである。\n儀礼の執行は司祭が実施するが、各種祭具の準備や当日の進行補佐、教典の斉読などを務める。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "法律に関する各種コンサルタント",
             "description": "各活動拠点の収入源として、各国における法律に関するコンサルタント業務も実施している。事業収入扱いなので、お布施と違って課税対象である。\n個人や企業からの法律に関する相談、契約書など法的な書面の作成支援、節税対策(合法かつ公序良俗に反しない方法)など、業務は多岐にわたる。\n教義に沿った法律行為を助成することで、法の神信仰を広めるという意味もある。法の抜け道やグレーゾーンを悪用する手法の紹介は教義に反するため許されておらず、行った者は懲戒、悪質な場合は破門とされる。\n法律研究の過程で発見された悪用の手口については、各国の大法院や警察機関に届け出て、対策を促す活動も行っている。\nまた、大法院における司法行為や各国政府による立法・行政行為そのものに法の神の僧侶自身が携わることはない。まだ未熟な面もあり、日々教義理解に勤しむ彼らにそんな時間はないからだ。それが可能なのは、司祭以上になってからとされている。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "契約遵守の力",
         "description": "戦闘行為時において、両陣営に当該戦闘の期間中遵守可能な内容を提示し、双方の受諾をもって法の神の名の下に絶対遵守の契約とする力。\n前提となる条件のハードルは高いが、契約締結後は法の神の力を受けとても強い拘束力をもつ。法の神の影響下にない地域(高物理域など)では普通の契約締結となり物理的な強制力は働かないが、破ると風評が著しく下がる。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]