藩国政府、匿名掲示板管理人と数回にわたる公式会談

この度キノウツン藩国政府は、
匿名掲示板上で錯綜する情報が藩国民の生活に混乱を招いていると判断し、
公的には初めて大規模匿名掲示板「23ちゃんねる」の代表管理人である西乃村雪麻呂氏と
数回にわたる会談を行いました。



会談内容

数回における会談の中、双方の提示条件は複数出されました。

○藩国側の要求
1:故意に偽の情報を流して混乱をさせている者がいる現状を防ぐために、
  掲示板にID制を導入することで同一人物が書き込みを続けることを
  掲示板内で自浄させてほしい。
2:犯罪予告等、明らかに威力業務妨害に当たる書き込みをした者のIP情報を
  藩国警察に開示してほしい
3:個人情報や度を超えた差別発言に関して、
  書き込みの削除措置を行うための板、ガイドラインを作成してほしい
4:削除措置を行っても、なおも同様の行為を繰り返す利用者に対しては
  書き込みの一次規制措置を行ってほしい

○掲示板側の要求
1:ID制の導入には賛成だが、重大な悪影響を及ぼさない場合は
  従来のままID制を導入しない板も設置し続けさせてほしい
2:藩国側の要求を全て受け入れるには多大な負担がかかるため、
  藩国からも援助をしてほしい
3:2の援助はあくまでも藩国側の要求を受け入れる対価として支払われるもので、
  掲示板の自治に関してはあくまでも掲示板が継続して対応させてほしい
4:IP情報の開示は利用者が書き込みを自粛してしまい、
  コミュニティの縮小につながりかねないので、
  開示対象となる書き込みの例を限定列挙した上で、
  裁判所の令状がない場合は開示請求が行えないとして欲しい

以上のような条件が双方で提示され、
昨日の会談でようやく合意に至ったとのことです。


合意内容


今回の合意により、匿名掲示板には次のような改革がされることになりました。
  • 掲示板へ投稿者のIDを表示する制度を導入する。
#ただし、利用者が少数であり、ID制導入の効果があまりない板、
#もとからネタ専用として自作自演が行われていることが明白な板に関しては導入は見送られ、
#過疎化が起こらないような措置も図られました。
#個人管理を目的としているわけではないので、
#このIDは板ごとに別になり、また1日に1度別のIDに変わります。
  • 掲示板管理者は威力業務妨害に当たる書き込みをした者のIP情報を警察機関に開示する。
#発言の自由、あるいは個人の情報を不当に侵害することがないよう、
#開示対象は殺害予告等の威力業務妨害にあたる書き込みに限定され、
#開示請求には裁判所の令状が必要となります。
  • 運営、自治用の板を作成し、悪質な書き込みに対する削除措置、規制措置を含めたガイドラインを作成する。
#ガイドラインは、主に電話番号等の個人情報を書き込んだり、
#人種的、生来的な差別発言を連続して書き込み続けたり、
#営利目的で広告サイトへのリンクを貼り付けたりするなど、
#書き込みの削除が行われる場合について限定列挙がされ、
#削除依頼や、逆に削除が不当である場合の申請のテンプレートも付記されています。
  • 掲示板の改良に関する運営側の負担への、藩国による補償
#これらの改良には人的、経済的負担がかかるため、
#藩国は改良措置への対価として、サーバー増設資金を含む補填金を支払うことで合意しました。
  • 掲示板自治に関する、藩国側の不干渉
#ガイドラインの作成や削除措置等の掲示板自治は、
#あくまで掲示板運営サイドが行い、
#藩国が干渉するのは上記の合意点が守られていない場合に限定されました。


両者の共同発表として、
「掲示板を利用者にとってより良いものにすべきということは、
藩国サイドも掲示板運営サイドも同じ思いであり、
今回の合意によってそれが一歩前進できたことは非常に喜ばしいことです。
今後も、匿名掲示板ならではの自由度と、他者の権利を侵さない公益性、
そのどちらも守ってゆけるよう、双方ともに協力をしていくことになります。」
というものが公示されました。

この会談によって、匿名掲示板が(藩国政府ではなく)利用者にとって、
より利用のしやすいものになることが期待できそうです。




おまけ:掲示板利用者の反応in 23速ブログ
(上記リンクは今北とは別サイトになります)