慰霊碑の建造

死者数万人という、キノウツン藩国建国以来未曾有の犯罪事件の被害者を弔うために、
藩国広場に慰霊碑が建造されることになりました。

犠牲者の方々を弔うと同時に、
この犯罪を忘れることなく、二度とこのようなことが起こってはならないという意味も込められています。

慰霊碑の完成式にはキノウ=ツン藩王も参列し、
「国内でこのような事態が起こってしまったのは真に私の不徳の致すところであり、
亡くなられた方、またその遺族の皆様には深く謝罪をいたします。
この悲劇を二度と繰り返してはなりません。
この思いを決して忘れてはなりません。
そして、キノウツン藩国はこのような卑劣な犯罪行為に対して断固闘い続けることをここに宣言いたします。」

と目を潤ませながらも毅然とした態度で弔辞を述べられました。

現在もこの慰霊碑には連日数多くの花束が届けられています。