核流入への警戒について

現在、クーリンガンによって悪童同盟の所有する核兵器が盗み出されたことが判明しています。
また、詳細は判明していませんが、
盗み出された核はNWの各藩国に持ち込まれる可能性があり、
すでに一度核爆発に巻き込まれた経験のあるキノウツン藩国政府は、
過去の惨事の再発を防ぐべく、
国内警備を強化するとともに、
国外から運び込まれる物資類についても警戒を強めていく方針を発表しました。

また核兵器本体の他にも、
核兵器開発の技術、あるいはそれらの技術の産品が持ち込まれることも考えられます。
藩国政府は、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」
の非核三原則の精神を発表し、
国内全域で核兵器根絶のために警備を強化する旨の通達がなされました。

キノウツン国内法では、核技術の利用は藩王もしくは摂政の特許がない限りは認められておらず、
また特許取得後も厳しい審査を継続して受ける必要があります。
  • 国内へ許可なく核兵器・核技術・またはその技術を利用した産品を持ち込む
  • 国内で許可なくそれらの事物を作る、研究する、所持する
  • 国外へ許可なくそれらの事物を運び出す
以上のことは全て厳罰に処されますのでお気を付けください。

藩国民の皆様におかれましても、
身の回りに不審な出来事があったり、大がかり、怪しげな荷物が一度に運び込まれた、
というようなことがありましたら、
お近くの藩国警察、もしくはISSまでご一報くださいますよう、
よろしくお願いいたします。