T14 政府治安対策についての説明

治安維持に関する具体的政策


#以下、政策の目的、手段などをf:で記述します。

#1.目的
f:政府が対ムラマサ対策を取る = 側面:ムラマサによる被害を減らす
f:政府が治安対策を説明する = 側面:政策を見た国民に信頼感を与え、国支持率、治安状況に好影響を与える。

#2.治安安定化手段
#2-a,ムラマサ対策
f:個人騎士団 でイアイドを編成している = イアイドによりムラマサを押さえ込める
f:上記イアイド個人騎士団 に特例措置として警察権を与える。 = 以前提出した政策、ムラマサ・イアイドガイドライン に則る限り、無許可のムラマサ着用者の即時殺害を認める。
f:国民からのムラマサ情報の提供をお願いする = 側面:現れたムラマサに対して迅速に対応できる。

#2-b,ムラマサ以外の一般犯罪に対する対策
f:藩国部隊 にデカショーを編成し、配備した = デカショーがパトロールを行い、治安の維持を行うことができる。
f:藩国部隊で対応しきれない場合、即時イアイドを投入する = 側面:凶悪犯罪による被害拡大を防ぐ。


f:要人(摂政、青狸等)がパトロールを行う場合は上記イアイドが警護につく = 側面:暗殺、襲撃を警戒している。


治安維持に関する国民向け説明

#以下キノウツン藩国国民への説明文となります。

管理機構戦後政策でも、重要課題として位置づけられている
キノウツン藩国国内の治安向上について、具体的な方策を説明いたします。

キノウツン藩国政府は、このたび、新型警察用I=Dであるデカショーを生産、配備しております。
これに国内のパトロール任務を行わせることで藩国内の治安の維持を行い、また危険区域などの情報収集なども行えます。

また、何より重要なのは、キノウツン藩国で未曾有の被害を出したムラマサへの対策です。
ムラマサに対しては、治安維持の切り札になる特殊な人員を投入します。
詳しくは機密のため説明することはできませんが、ガイドラインに則り、確実にムラマサを抑え付けることができるでしょう。


藩国政府は、ムラマサによる被害を二度と出さないために、断固として戦っていきます。
藩国民の皆様も、無許可のムラマサ着用者を発見した場合、速やかに警察機構へ連絡するようお願い申し上げます。


藩国政府は強い決意でキノウツンの復興と安定化を行います。
治安の安定化政策はその第一歩なのです。