キャンパス情報/薬学部食堂

概要

情報科学研究科のさらに奥。薬学部棟の隅にひっそりとたたずむ食堂です。

利用者の構成

男女比率は5:5あたり.薬学部の人口比率がそのまま出てるんでしょう。基本的に薬学部の人が利用するわけです。はい。

メニュー

生協系列の食堂だけあって、メニュー構成は図書館下食堂と同じ感じ。規模はちいさいので、そのぶんメニューの数は少なくなってます。丼、カレー、うどんなど。ここでは阪大名物、天津飯などが食べられます。
値段もなかなかリーズナブル。

混雑状況

基本的に薬学部しか使わないので、席数が少ない割には混みません。そういう意味では利用しやすいかも。ただ、蓄えている食物の量も薬学部の人数程度しかないので、遅くいくと大抵のものはなくなってます。

その他

情報科学研究科に入る人以外は、あまり縁がないかも。