概要

正式名称「総合図書館」.旧名称「本館」.
大阪大学の中では,文献数は最大規模を誇ります.
豊中キャンパスを本拠とする学科が多いためか,図書も分野が広いです.人も言語学やら法律やらを勉強している姿がちらほらと目立ちます.

施設

建物自体は6階あります.…どんだけ文献あるんじゃい.
A,B,C棟があります.5階,6階はA棟からしか行けないので注意.
出入り口は2階です.営業時間は平日9:00から22:00,休日10:00から19:00,祝日10:00から17:00.夏季休み中は平日9:00から19:00、休日10:00から17:00の短縮スケジュールになります.

1階は生協も付属してます.
2階は一部理工系雑誌や研究図書他,ラーニングコモンズが併設されていて,グループが予約なしで勉強する空間となっています.自動販売機とかもあります.
3階は研究図書他,コンピュータが常設されています.
4階は理工学図書が多いところ.それ以外にもサイレントゾーンという,一人で勉学に励むときに使う空間があります.

またグループ学習室と呼ばれる,複数人で予約する部屋がA棟4階,B棟3階にあります.
研究個室もあって,こちらは個人で勉強する用に利用します.
試験期間中になると予約一杯になるので,特に試験期間中は予約はお早めに.

また大阪大学の源流となっている「懐徳堂」に関する展示などもあり,面白いものもたくさん置いてありそうです.(あんまり行ったことないですが)

OPAC

文献を探すときは,OPACと呼ばれる文献検索サービスがあります.
結構便利なのでおおいに活用しましょう.

貸出と返却処理

貸出するときは専用の機械があるので,その機械にバーコードを読み取ってもらって貸し出します.学生証が必要.
一方返却するときも専用の機械を通しますが,こちらは学生証は不要です.当然延滞は必要.
OPACからも図書館のホームページにアクセスすることで、これらの処理を行なってもらうことも.ただし1回限りなので注意.
長休み期間中は貸出期限が伸びます.

貸出期限過ぎると、ペナルティとして貸出期限過ぎた分だけ本借りれなくなります.延滞も同様.これが結構きつい.
16冊借りれるそう.凄いね.

文献複写

文献を複写するときは、生協のコピーカードが必要.ただし研究室の場合はこれは学費扱いなので不要になります.
しかもコピー時は申請書も必要です.なかなか厳しい.
ちなみにノートなんかはコピーできないので,そういうときは生協等にれっつらごー.

その他便利情報

ノートパソコンの貸出が可能.ただ休暇時以外は結構使ってる人が多い….課題で追われる人が多いためか.

他のキャンパスの本が欲しい場合は,受付の人に問い合わせするとやってくれます.結構届くのは早い.1日で来ます.
他大学の問い合わせも可能ですが,多分それよりは時間かかるかと.

OPACの検索は断片的なキーワードじゃ出ないことも.できればちゃんとしたキーワードで書くのがベスト.

休館日もありますので,図書館のホームページに問い合わせてみること.
ちなみに年末年始はほぼ空いてないかも.

たまにバイト募集してます.