リキッドルームの詳細レポ 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会場左側が関係者席になってて、そこに宇多丸&掟が居た。仲良さそうに喋ってたよ。
vol.1の続き。PSPS明けのMC。

MC

の「良い歌ですね、パーフェクトスター」
あ「良い歌だね。どうも有難う御座います」
の「有難う御座います」
あ「はい、今回は」
の「はい」
あ「ちょっとね、カッコいいダンスとかね」
の「うん」
あ「やってみたりなんかしちゃったりして」
客「ヒュー!」
女性客「カッコ良かった~」
の「カッコ良かった?」←凄く嬉しそうな顔してたw
か「良かった~」
あ「いや~、もうね」
客「セクシッ!(セクシーの事だと思われる)」
  ちょ、あ~ちゃん喋ってるだろw自重しろw
あ「物凄く・・・」
の「あははwセクシッ!w」
客「はははw」
の「サクセス!みたいだね」
か「あははw」
3人「サクセス!」でも、弄られて羨ましい。
客「はははw」
あ「ブルーの何、ジェルのやつ?」
か「有難う御座います」
あ「はい。まぁね、挑戦って感じでやらせて頂いたんですけれども(Perfumeの掟の事)
  、物凄くね、新鮮でしたねアレはね」
か「そうですね」
あ「うん、Perfumeの中で黒い衣装っていうのはね、あんまりないし」
の「うん」
女性客「似合ってたー」
あ「ホントー?」コレまた嬉しそうw
の「有難う御座います」
あ「有難う御座います」
客「可愛いー」
の「有難う御座います」
か「どうも有り難う御座います」
あ「有難う御座います」
客「ヒュー!(歓声&拍手)」
の「今回ね、あの、Perfumeの曲の振り付けを殆ど、もうほっとんど、あと3つ位、い・
  ・・」
か&の「以外」"以外"が出てこないのっちアホ可愛いw
の「位やって下さってる水野ティーチャーがですね、今回、あの、ニューヨークから帰
  国して来て下さいまして」
客「おー!」
か「フー!」
の「それで、あのダンスをね、振り付けてくれたんですよ」
か「そうなんです」
の「Perfumeの事を一番解ってくれてる」
か「そうよ!」
の「振り付け師のね」
か「まだね、こんなん(※)しか出来んかった時からね、ずっと水野先生がやってくれ
  とったんですよ」
(※何かダンス始めたばかりの子が「どう動いたら良いんですか?」って感じに上下に
  動くだけw)
の「いち、ワン、エンって何?エンって何?みたいな頃に」
か「え、アップってどっちですかぁ?みたいな。ダウンってどっちですかぁ?みたいな
  時から、ずっとやってるんですよね」
の「そう」
か「もう8年位?」
の「8年位一緒にやってくれとる」
か「そうなんです」
の「チョコレイト・ディスコとか、あの辺の、あの位の曲は、ニューヨークから、ビデ
  オを、先生が送ってきてくれて、それを、見ながら、あのね、振り付けをして」
か「3人だよね」←3人でねって言いたかったのかな?
の「うん、そう。じゃけぇ、今回、(日本に)来てくれてから、もうウハウハなんです
  よ!」
客「はははw」
の「先生、大好き!で♪」
か「そう、Perfumeの神なんですよ」
の「神が多いね、Perfumeの周りには」
か「そうよ?」
の「中田さんも神だし」
か「スタッフさんも神だし」
の「神が多い」
か「ホントよ」
客「掟さんはー?掟ー!」コレ言ったの誰だw此処にいるだろw
か「掟さんも・・・」
の「掟さん!?」
客「はははw」
か「まぁ、神か・・・ね」違うなら違うって言ってイインダヨー
の「掟さん、来てるんですか?」
か「そうよ、来と・・・だってさ、何か差し入れ貰ったじゃん」
の「あ、そっか」
か「すっごい、すっごい怪しいドリンク貰ったんですよ」
客「ははははは!w(爆笑)」
あ「そう!私あんなんマジさ、オッサンが飲むやつじゃろ?」
客「はははははw」
の「なんか、リポビ、何?」
あ「こんなちっちゃいやつ」
の「栄養ドリンクなんですけど、普通大きい、なんかコレくらい(リポビタンD位のサイ
  ズ)じゃないですか?なのに、なんか細い、ほっそい、なんか人差し指位のやつ」
か「そう」
あ「確実になんか、飲んじゃいけないみたいな」
客「あぶなーい」
の「危ないですよね?」
か「だから3人とも飲みませんでした!」
の「飲んでない」
客「あはははは!(大爆笑)」恐らく、この日一番の笑いが起こった瞬間w
の「すみません」
か「すいませーん」
客「ヒュー!おー!」謎の歓声w
か「何があるか分からんけんね」
の「ちゃんと色々きっかけ見つけたら(?)飲もうと思って」(見つけたらの所は、客
  の「掟ー!」の声が被ってて聞き取れん)
か「そう」
あ「あれー?掟さん、何でメイクしとるんですか?」←掟は「メガネだよ!メガネ!」
  って両手に持ったメガネをステージに向けてた
客「はははw」
あ「何?Perfumeの・・・」
か「違う違う、メガネメガネ」
あ「メガネか」
の「何の宣伝しとる、しに来とるかと思ったね」
あ「ホンマよ」
か「ホンマよね」
の「あははははw」
あ「あ~ちゃんがメガネ好きじゃ言うたけぇ」
の「あははははw」
あ「いつもライブに着けて来るんですよー」
の「ホントよー」
あ「気~持ち悪いねー♪」あ~ちゃん酷ぇw
客「あはははは!w(爆笑)」
の「ゆ~」ゆ~って何?You?言う?
の「いや、有難う御座います」
あ「有難う御座います」
あ「はい、まぁね。いやいやいやいや、暑くないですか?」
客「暑い!」
あ「暑いですよね。何人居るんだろうね?」
の「んー、ホンット」
客「1万人」
あ&の「1万人!」
の「ワーオ。1万人、わー明るくなった」客席の照明が付く
あ「何この光景」
か「っぱぁ」コレは謎w「そっかぁ」と聴こえなくもないが。
あ「ガチャピンがおるよ、ガチャピンが」
の「嘘」俺は見付けられなかったけど、客席後方に居たっぽい。
の「何時まで経ってもこの光景に慣れません、今日」
あ「んー」
の「物凄い奥まで人が居る。有難う御座います、ホントに」
あ「何かよう分からんね」
の「ねー。Perfume見に来てるんだって、この人達w」何故ニヤけるw
客「はははw」
あ「まーねー、リキッドルームだけを見に来る人はおらんじゃろー」
の「おらんね」
あ「そんなにー、ねー?ほいじゃ言っても今日は、カメラがいっぱいありますね」
客「おー!?」DVDフラグktkr!!
あ「別に何もないですよ」
客「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」会場全体からブーイングw
あ「何のためじゃろうね?」
の「何のためでしょうね?分かんないです」
あ「記録用?」
客が何か言う
の「え?」
客「(カメラの台数を)数えて、数えて」
あ「数えて?」
の「何処にあるかも今日、分からないんですよ」
あ「何処にあるか知らない」
3人「いーち」
か「2?2?」
あ「2ですか?」
の「あ、アレ3の人?」
か「あ、あああ3」
客「はははw」
あ「もうよう分からんわ。よんごーろくしちはちきゅうじゅう、じゅういちじゅうに!
  」面倒になって放棄w
か「4、5、6、7・・・」
の「8個?」
か「8個目がない!」何故そんな大袈裟に言うんだw
の「隠れて・・あ、後ろ?え、嘘ー?」
客「上、上」
の&か「上?」
か「あるん?」
の「適当に言ったじゃろ今w」
客「はははw」
か「何処でもええよね」
の「ねー。まぁ、何処からでも撮られてるんでね。お客さんも多分映ってますから」
客「ヒュー!」
の「フー!」
あ「そうですよ。後ろからもね、撮られとるけんね、頭で語らにゃ」
客「はははw」
か「そうよー」
あ「みんなは。よう言われたよね、アクターズでもね」
の「うん。後ろ向いとっても」
あ「そう、『後ろ向いとっても背中で語りなさい』と」
客「はははw」
客「おー」
の「なーにを語るんじゃって話ですけどねw」
客「はははw」
あ「ねー?12歳13歳にさー」
か「あははw」
あ「そんな事言ってから『背中で語れ』言うて、演歌歌手じゃないんじゃけぇ」
か「分からんよなぁ?」
あ「そんなもん無理に決まっとるわ」
の「んふふw」お前等、アクターズ講師disるのはそれ位にしとけw
あ「って、コレ、コレちょっと、ね、言えんね、こんな事広島でね」
客「はははw」
の「そうですね、東京だから言えましたね今」
あ「そうですよ。もう広島はね、緊張してしまってね、倒れるかと思いました」
の「ホントに」
あ「もーう行きたくないっ」ちょ、地元だろがw
客「はははw」
客「えー?」
か「なんと!w」
あ「いやはやいやはや、嘘ですよ」
の「あははw」
あ「まぁね、実は、この、え、ライブ、あと3曲になりました!」
の「わー」
客「えええええ!?」当然、ブーイング。
3人「あと3曲になりました!」
客「えええええええええ!?」大ブーイング
あ「あと3曲になりました!」
客「ええええええええええええええええ!?」悪乗りw
の「楽しそうですね、何か。楽しそうー」
か「んふふふふw」
あ「はい、まぁあと3曲で御座います」
の「はい」
あ「もうね、色々と各地方やってきたんですけども、いやね、3曲って言うとやっぱ盛り
  上がるね」
の「あははw」
か「そうね。予め言っておくと、ペース配分がみんな掴めるんですよ」
あ「そう。みんな、1曲目では、ちょっと全部出し切ると次が保たんけぇ、ちょっと抑え
  るんです。でも2曲目『ちょっと出し切っても良いかな』って思うの。3曲目は『も
  う全部出しちゃえー!』みたいな」全部出しちゃえーの声、何処の関取だよw
か「んはっw」
の&か「誰?誰?今の誰?誰?」西脇関です
あ「みたいな感じにー、皆さんの中でー、勝手にー、こう、中で分割して頂いて、楽し
  んで頂ければ」
(分割していただければって言ってる時、胸の前で縦に3分割してた)
客「あ~ちゃん、エロイ」
の「あ~ちゃん、エロイ?」
客「はははw」
か「んふふw別にエロくないですけどw」
の「想像力豊かですねぇ~w(ニヤけながら)」
(↑自分だって「のっち、メガネ掛けてほしい」って言われて「その人、Mなのかな」っ
  て言ってたくせにw)
客「はははははw」
か「凄いね~w」
の「ねー」
あ「今の何の所で言ったのかねぇ?」
の「よう分からんけども」
か「分からん」
の「色んな楽しみ方があるっていう事でw」
客「はははw」
か「そうね、そうよ。Perfumeのライブはね、自由に楽しんで」
の「そーです!ねぇ~」
あ「何言うんか、もう忘れましたよ」
客「はははw」
の「あと3曲って言ってたよ」
か「そう。3曲で、アレ一緒にしようや~っていう」
あ「そーです!えーっと次の曲は、こういう、こういう曲なんですけど(振り付けをし
  てヒントを出す)」
客「おー!」
あ「こういう、こういう、こういう曲なんですけど、分かりますか?」
客「・・・」無言w
あ「何でしょう?」
客「・・・チョコレイト・ディスコー」
あ「何でそんな自信なさげなん?」
か「チョコ、チョコチョコ、チョコレイト・ディスコぉ~」
あ「チョコチョコ、チョコ、チョコ、チョコレイト・ディスコ」
の「あははw」
あ「何か言っちゃいけんみたいな。言って良いんだよ」
女性客「もう1回」
女性客「チョコレイト・ディスコー」
あ「ふふw」
客「はははw」
あ「まぁまぁ待ちんさい、もう1回言わせてあげるけぇ。次の曲は、何でしょう!?」
客「チョコレイト・ディスコー!」
あ「凄ーい」
か「凄いねぇ、みんな」
あ「どうしたのー、やれば出来るじゃん」
客「はははw」
あ「はい、その曲です」
の&か「はい」
あ「えーとですね、振りを、やりたいと思います。サビの部分なんですけれども」
か「うん」
の「えっと、じゃぁかしゆかが、皆さんの代わりになります」かしゆか、客席に背中向
  ける。
の「はい、こうです」
客「ヒョー!」後ろ向いただけなのに、謎の歓声w
の「皆さんは、かしゆかの真似をして下さい」
あ「背中で語ってます、有香ちゃんは」
の「背中で・・・あ!」ディスコ、コ、コの後の決めポーズ(片腕上げたやつね)をし
  て背中で語るかしゆか
客「ヒュー!(歓声&拍手)」
の「女優だわー、語るなぁ」
あ「ふぁー、ふぁー」ファービーみたいな声出してやがるwどうしたのw
の「今日は、これからは、サビの振りを皆さんと」
あ「ふぁっw」
の「やりたいと思います」
客「はははw」
客「あ~ちゃーん、あ~ちゃーん」
あ「あははははw」どうやら、引き笑いだったらしいw
か「そんな、そんなウケるトコじゃないよw」
の「何々、どうしたの」
あ「いやーいやー、何でもないですよ」
の「ふふふふふw」
か「お尻ですけど気にしないで下さい!w」かしゆかの尻をガン見してる奴自重しろw
の「あははははw」
の「危ない危ない。有香ちゃん、お尻見られとるよ」
か「ね。まぁ・・・自由なんですよね?楽しみ方はw」ガン見、容認ッスかw
の「そう!w」
の&か「んふふふふw」
あ「何でこんな変態ばっかりなん?」
客「はははははw」
か「分っからんw」
あ「ちょっと、変態なのは掟さんだけにして下さい」
の&客「あははw」
あ「はい、それでは行きますよ。えーと、えっとですね、チョコレイト・ディスコのサ
  ビの所分かります?
  あ~ちゃんが何時も、こう必死にやってるやつ(身体を左右に揺らす振り)
  アレを、ちょっと皆さんで統一しよう、という話で御座いまして」
の「手拍子も入れて」
あ「そうです。右、右、右、トン。左、左、左、トン。
  まぁ、右左はもう訳分かんないんで好きな様にして頂いて、あのこっちに揺れて頂
  ければ良いんで」
か「そうそうそう」
あ「こういう感じで揺れて頂いてば。分かりますか?」チョコレイト・ディスコの“コ
  ”で肘をパンッと叩く
の「はい」
あ「ワン、ツー、はい」
の「チョコレイト・ディスコ♪(肘パン)、チョコレイト・ディスコ♪(肘パン)」
か&客「ヘイ!(肘パン)」
の「チョコレイト・ディスコ♪(肘パン)」
か&客「ヘイ!(肘パン)」
の「チョコレイト・ディスコ♪(肘パン)」
か&客「ヘイ!(肘パン)」
あ「何か拍手の量が少なくないですか?」
客「はははw」
あ「なに気を抜いとるん?撮ーらーれーてーるいうの(客席を指差しながら)」
客「はははw」
あ「撮ーらーれーとーるいう」
の「はははw」
あ「はい!」
あ&の「チョコレイト・ディスコ♪(肘パン)」
客「ヘイ!(肘パン)」
あ&の「チョコレイト♪(肘パン)」
客「ヘイ!(肘パン)」
の「ヘイ、『フー!』にしません?今日」
客「フー!」
客「フーーーー!」
の「せーの!チョコレイト♪」
客「フー!(肘パン)」
の「チョコレイトw」←客のフー!の乗りが良すぎて、ちょっと笑ってる。
客「フー!(肘パン)」
あ「ディスコー!」←ちょ、フー!じゃないのかw
の「チョコレイト♪」
客「フー!(肘パン)」
の「あ、『ディスコー!』も良いねぇw」
客「あははははw」
あ「どっちかにせにゃあ!wどっちかにせにゃあ、ジェニーも今さっき整えたばっかり
  なのに」
の「あ、そうねぇ」
か「そうよ」
の「じゃぁ、『フー!』にしましょう」
か「じゃぁ、『フー!』で」
客「フー!」
あ「でも、でも、歌的にはディスコって言っとんよ?」
の「どっちにすりゃええん~」
か「じゃぁ、『ディスコ』で」
の「『ディスコ』で?」
あ「じゃぁ、え、どっちが言い易いです?」
の「じゃ、『ディスコ』1回やってみましょう」
か「ディスコ、ディスコディスコ」
あ「でも、でも、ディスコはパンッって(肘を叩いてる)間に『ディスコー!』って言
  わなきゃいけないんですよ?『フー!』って言うのと『ディスコー!』って言うの
  と、結構ディスコ、結構、アレですよ、舌のアレとか、色々筋肉使いますよ」
か「チョコレイト『ディスコー!』」
あ「大丈夫?3曲にちゃんと分割してね、自分の中で。良いですか?じゃぁ、行きましょ
  う。せーの」
3人「チョコレイト♪」
3人&客「ディスコー!(肘パン)」
3人「チョコレイト♪」
3人&客「ディスコー!(肘パン)」
3人「チョコレイト♪」
3人&客「ディスコー!(肘パン)」
の「チョコレイト♪」
客「ディスコー!(肘パン)」
の「チョコレイト♪」←何かノリノリなんですけど、この子w
客「ディスコー!(肘パン)」
の「チョコレイト♪」
客「ディスコー!(肘パン)」
あ「ちょっと皆さん、手を挙げるのは良いですけど、手拍子やって下さいよ?」
客「はははw」
か「こっちね、こっち」
あ「もー色々忘れないでー?」
客「はははw」
あ「撮ーらーれーてーるいうの」
客「はははははw」
あ「じゃ、行きましょうかね」
の「はい。じゃぁ、最後3曲ですよー?」
あ「あと3曲よ」
の「楽しいですねー」
客「ヒュー!」
か「あっという間じゃ」
あ「ライブはね、楽しんだ者勝ちじゃけぇな」
か「そうよ!」
あ「楽しいー!?」
客「イエー!」
あ「皆さん、まだまだ行けますか!?」
客「イエー!」
あ「いーっぱいいっぱい撮られとるよ!」
客「イエー!」
あ「チョコレイト・ディスコだよ!」
客「イエー!」
あ「楽しむよおおおおおおお!」
客「イエエエエエエ!」
あ「聴いて下さい、チョコレイト・ディスコ!」

13.チョコレイト・ディスコ

初めて聴いた時は「チョコレイトディスコしか言ってないじゃん・・・」と今一だった
この曲も、今では好きな曲ランキングTOP3入りです。良いよなー、この曲良いよなー。
「とても心込めた」の“心”の所で胸をポンポンと叩くトコの振りが好きなんだよね。
マニアックかなwいや、あそこの振り可愛いだろ!
チョコ掻き混ぜて味見の所が一番!とか言ってる人は、まだまだです。
俺の様なマニアになると、味見の後の人差し指立てて2回転→後ろに向いて手を前にグー
ッと出すトコに目を付けるんですよ。
あそこ、カッコイイと思うの。賛同者居るかなー、居ないだろうなーw

コレは俺の私見だけど、「ディスコー!」で肘叩くのは定着しなさそうな気がするんだ
けどwてか、Perfume本人がもう忘れてるんじゃないの?絶対、忘れてるわー。
ライブで客が「ディスコー!」って言ったら、「え、何それ?新しい掛け声?」とかい
う顔しそうだから困る。

14.スウィートドーナッツ

前奏の「ヘイ!ヘイ!」の所で、あ~ちゃんが「掟さん!掟さん、やらないと!」って
言ってんだけどwコレはヘイヘイ言いながら笑ったわw

曲だけでは、この曲の魅力は発揮されない。
あのダンスと一緒に見る(聴く)事によって、何倍も良くなると思います。

15.Perfume

ライブVer.の方が好き。
CDのはテンポ速いのもあるけど、音が詰め込みまくってる様に聴こえちゃって苦手だ。

歌詞のトップノート、ミドルノート、ラストノートの意味が分からなくて
「筆記用具のノートの前の方と真ん中、後ろの事かな」とか思ってた奴、挙手。はい!
知らないっつーのw時間経過で変わる香水の匂いの事なのね。

MC

3人「有難う御座いました」
客「ヒュー!」
あ「いやー、皆さん、暑くない?」
客「暑い!」
か「暑い」
あ「暑いねー」
か「有難う御座います」
あ「いやー楽しかった」
の「有難う御座います」
あ「有難う御座います」
か「すっごい楽しかった」
あ「楽しかったね♪いやー、皆さん、『ディスコー!』最高でしたよ」
か「最高でした、『ディスコー!』」
あ「ねー。ホントにどうも有り難う御座いましたー!」
の&か「有難う御座いました」
客「ヒュー!(歓声&拍手)」
の「有難う御座いました」
か「有難う御座いましたー」

3人が捌けて、すぐアンコール開始。
「アンコール!」の掛け声のペースが速くなったり遅くなるのは、何処のライブでも同
じだねw俺の前にいた男の人、ずっとデカい声でアンコール!って言ってたなぁ。偉い
ね。その人のTシャツが汗で湿ってたのも大目に見ちゃうw
4分位で、NHK BS2「ウェンズデーJ-POP」で流れた白衣装に着替えて、Perfumeメンバー
再登場。

客「ヒュー!(歓声&拍手)」
あ「有難う御座いまーす!」
の&か「「有難う御座いまーす!」
あ「有難う御座いまーす!」
か「お待たせしましたっ」此処の声可愛いんだけどw
あ「お待たせしました」
か「すみません」
あ「どうも有り難う御座います」
か「アンコール有難う御座います」
あ&の「有難う御座います」
あ「いやー、良かったぁ」
の「有難う御座います」
あ「リキッドルームでもちゃんとあって良かった」アンコールがって事かな
か「ねー」
あ「ホント良かった」
か「本当に有難う御座います」
の「有難う御座います」
あ「此処で、皆さんに、お知らせが御座います!」
の「イエー」
客「イエー」
あ「1月の」
か「1月の?」
あ「16日」
か「16日」
あ「新曲が出まーす!」
の&客「イエー!」
あ「イエーイ!」
の「ヘーイ!」
か「ウハー!」
の「イエーイ!」
か「はははw」
あ「はい、えー今ですね、製作中でして」
2人「はい」
あ「レコーディングにばっちり入っております」
2人「はい」
客「おー」
あ「中田さんには珍しくね」
か「うん」
あ「ちゃんと期限を守って」守んないんだwまぁ、直前まで弄るらしいけど。
客「はははw」
か「そう」
あ「曲を書いてくれました」
の「はい」
か「ね」
あ「ね。もう神だから」
か「神は忙しいよ」
の「仕事が凄い」
あ「ねー」
か「うん、ホントにね」
あ「楽しみに、中田さんなんで」
か「はい」
あ「楽しみにしといて下さい」
か「お願いしまーす」
の「お願いしまーす」
客「ヒュー!」
あ「はい。そして、来年の春!に」
か「おー?」
客「おー?おー?」
あ「春にですね」
か「はい」
あ「ファンクラブ出来ちゃいます!」
客「フオオオオオオ!」
の&か「フー、フー、フー、フー!」
客「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ!」手叩きながら盛り上げて~
客「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、ハハハイ!」タモリがよくやる締め方で締
  め
客「ヒュー!」
か「んふふw」
あ「凄い、凄いねー」
の「凄~い」
か「念願ですよ」
あ「ファンクラブ出来たらー、何したいですか?」
の「何したいですか?」
客「ハワイ!」
の「ハワイ行きたい?」伝説の“春の移動教室 in 浜名湖”の再来に・・・((;゚Д゚)ガ
  クガクブルブル
か「ハワイ?」
あ「ハワイ行きたい(んですか)」
の「ハワイ行きたーい」
あ「行きたいねー」またお酌させられるぞ!やめとけw
の「それは、個人、個人的に行きたいんじゃないの?」
あ「でも、Perfumeと行ったら楽しいじゃん、って言ってくれとるんよ」
か「そうね~」
あ「ねー」
か「そう、その、何か、どういうファンクラブにして欲しいな~とか、そういう事を、
  今日配ってあるアンケートに」
あ「そうそうそう」
か「項目はないんですけど、裏に書いといて下さい」
の「そう」
客「イエー」
か「お願いしますw」
あ「それをホントに、こう、ちゃんと、それを検定・・・何?査定じゃなくて・・・」
か「審査」
の「審査して」
あ「審査して。審査って何?審議して」
か「審議だ」
の「おー、審議だ」
あ「そう、しんg・・・イエー」何を勝ち誇ってんだw
の「んははw」
客「はははw」
あ「審議して、あのー、どんな、どんなファンクラブにするかっての決めるらしいので」
か「ふあー」何だこの相槌w  
あ「ホント皆さんの、このね意見が、採用されますんで」
か「そうですよ」
あ「はい。ばっちり具体的な事を書いて頂ければと」
か「ね」
あ「普通のファンクラブは、どんなのがあるんだろうね」
客「先行予約」
の「あー、チケットね」
か「そうね。此処らへん(最前付近)の人じゃろ?」ファンクラブは最前付近の席取れ
  たりするね
客「はははw」
か「こういうトコの人じゃろ」
の「前~の方の」
あ「でも、ウチらは、アレじゃん。全部スタンディングじゃけぇ、あんまり関係ないん
  ですよね?」
の「あ、でも番号があるんだよ」
か「でも、待って待って待って、でも」
客「ごり押し!」(と聞こえるけど、よく分からん)
か「そう、割り込みはね、良くないよね」
の「うん」
客「良くない!」
の「良くないですよねぇ」
か「い~良くないっ」
あ「そうだね。みんな盛り上がっちゃってね、テンションがこうなっちゃうと、前も後
  ろもよう分からんなるんですよね」
の「そう」
か「うん」
あ「良いと思う、それで」
客「はははははw」
あ「だって、ライブだもん。何でもありだー」
客「ヒュー!」
か「そう」
あ「まぁ、でもね、皆さんルールはちゃんと守らないと」
か「そう、喧嘩とかないようにね」
あ「そうそうそう。Perfumeの、ライブの皆さん、お客さんは何時も、ルールをね、凄く
  守って下さっていて優しい方達ばっかりなので、今日初めてね、来て下さった方は
  ホント吃驚するんじゃないかなと思うんですけど」
か「はい」
あ「ホント良い人達ばっかりだからね」
の「良い人達ばっかりのファンクラブがね、良いファンクラブじゃない訳ないもんねー」
あ「そうだよねー♪」
か「そうだよ」
あ「はい、まぁ色々、審査していきたいと思ってますので」
の「はい」
あ「審議」
の「審議」
シーン・・・謎の無音状態w
客「はははw」
か「ま、取り敢えずアンケートの裏に書いて下さい」
客「イエー」
か「お願いします」
あ「お願いしまーす」
の「楽しくしましょうね」
あ「はい」
か「そう」
あ「じゃぁですね」
の「はい」
か「そうだよ」
あ「行きますかねw」
の「フー♪」
客「おー?」
か「言わなくていいの~?w」
あ「もー、えっとですね、ちょっと色々懐かしソングを、地方で色々やってきたんです
  けれども、えー東京は、やっぱ特別にしないと」何をやる気だ・・・
か「うん、そうだねー」
客「おー!」
あ「行きま・・っか?(噛んだw)」
か「行きましゅか?」
の「行きましょうか」
あ「行きましょうかね。曲が流れたらもう分かるでしょう」この匂わせ方・・・まさか
  、OMA☆ペロ・・・それはねーか
か「そうね」
あ「さぁ」
客「おー?」
あ「それでは行きたいと思います。Perfumeで」
3人「OMAJINAI☆ペロリ」
客「うおおおおおお!(大歓声)」

16.OMAJINAI☆ペロリ

ちょ、ホントに来ちゃったw
まさかまさかとは思ってたけど、ホントに来た時は笑っちまったぜw
レア曲に客席はどう乗っていいのか分からず、微妙に揺れてるだけだったな。
女子大生が「ゆんゆん、やんやん」は、公開羞恥プレイ以外の何物でもない。

MC

客「イエー!(歓声&拍手)」
か「いやー、やり切りましたよw」
あ「もう・・・帰りたい!」
客「はははw」
か「もう歳を感じるねコレ」
の「もー2度とやんないっ」
客「ええええええ!?」
客「やってー」
あ「そんな物やりませんよ、もー」
客「はははw」
女性客「可愛いー、可愛いー」
の「もうやーんないっw」
か「んははw」
の「可愛くないですw」
客「可愛い」
の「凄いですよね。でも、何年振りっていう感じに歌いましたよ」
客「ヒュー!」
の「ねー。何年振りですっけ?」
客「4年」←最前の古参(なのかな?)
客「はははw」
の「4年振りですっけ?w4年振りだって。
  えーと、詳しく説明すると、えーとー、中学校1年生の終わりの3月に、Perfumeが広
  島限定リリースした曲なんです。ホントのホントのデビュー曲。“おまじない”は
  英字で書いて、☆、ペロリ。フー♪」
客「フー!」
の「可~愛い~♪ふざけたタイトルですけど」
客「はははw」
の「一応ですね、パッパラー河合さんに作ってもらった曲なんですよ」
客「おー」
の「ねぇ。可愛らしい曲で」
あ「はい」
の「大学1年生が歌うにはちょっと」
か「もう辛いかな~」
あ「ちょっとって言うか、もうコレ歌っちゃいけんじゃろ」
の「んー」
あ「何だっけ?」
の「ん?」
あ「新学期の教室で若い先生澄~まし顔♪コレ、メガネなんですよ。ね?
  もうコレ、中学校1年生の時から、もう私のメガネ好きは」
か「あははw」
あ「もう決まってたと」
か「ホントだねぇ」
あ「はい。ドキリ斜~め前の奴いきなりマジでタ~イプだぞ♪ねー」
客「可愛いー」
あ「ははwタイプらしいです」
か「はははw」
あ「ダイナミックな曲だよね」
客「はははw」
あ「まぁね、このプロモーションビデオは、学校で撮ったんですよ」ニコニコで見たよ
  w http://www.nicovideo.jp/watch/sm1227457
の「そう」
か「懐かしいね」
あ「やっぱね、忘れないよね」
か「うん」
あ「う~ん」
の「ははwう~ん」
あ「はい、此処で、もう1つお知らせが御座います」
か「はい」
客「おー!?」
あ「2月の!」
か「2月の!?」
あ「12日!」
か「えー?12?」
の「初めて、初めて聞く」
あ「あ~ちゃんのお母さんの誕生日です」俺の誕生日、1日前です。何このニアミス。
か「誕生日~♪」
あ「あ~ちゃんのお母さんの誕生日に・・・SIBUYA-AXワンマンライブ決まりましたー!
  キャー!」
客「うおおおおおおおおお!!(大歓声&拍手)」
の「フッフー♪」
か「やばい」
あ「やばい」
か「コレはやばい」
客「ヒュー!(歓声&拍手)」
あ「凄いね」
か「有難う」
あ「もう皆さんのお蔭です」
客「ヒュー!(歓声&拍手)」
の「凄い。だって、AXだって~」
客「ヒュー!」
客「凄い!」
の「ねー。AXですって」
客「凄い!」
の「凄~い」
客「凄い!凄ーい」
か「有難う~」何この声、萌え殺す気か!
の&か「んふふふふw」
か「何かね、大っきすぎて他人事みたいなんですよ」
の「ねぇ」
女性客「あ~ちゃん、笑って」泣いてたんかな?(もう記憶が死んでます)
の「ねぇ、笑って」モー娘の曲で、こんな歌詞のがあったような?
(「抱いて HOLD ON ME!」って曲みたい。アレの真似っぽい言い方で言ってた)
客「はははw」
あ「はい。今日はでもあ~ちゃん、念じてきたんですよ」
の「ホンマじゃ。何コレ」
か「そう、書いとるんですよ」左手の親指と人差し指の間の甲の辺り。俺も何か書いて
  あるなぁと気になってたんだよね。
あ「もうちょっと、あの消えちゃったんだけど」
の「『負けるな、努力の後には幸せが』」あ~ちゃん・゜・(ノД`)・゜・。
か「コレ、あ~ちゃんの合言葉なんです」
客「おー(拍手)」
あ「今日、学校に行って来たんですよ」
の「はははw」
か「そうだよねw」
あ「で、あの英語の、クラスがあるんですけど」
の「うん」
あ「それがね、あの毎日あるんですね」
の「うん」
あ「その、あのー単位が足りなくて」
客「はははw」
か「そうよねぇw」
あ「あともう1回休んだら、もうなくなるんですよ。で、前期頑張ったのに、前期の分も
  なくなるんですよ」
客「えー?」
か「そう、あ~ちゃんの学校おかしいんですよ」
客「はははw」
あ「そう、だから、今日はフレン・・・えっとーイングリッシュを」
か「イングリッシュねw」
あ「イングリッシュをwあの、3クラス受けてきたんですね」
か「凄いよね?」
客「偉い!」
あ「でも、英語が、私出来ないから」
の&か「んふふふふw」
あ「ホント」
の「んふふふふw」
あ「こういう感じで、ホント凄いもう何か分からんし、何話しとるんか」
の「んふふふふw」
あ「で、『Ayakaー』みたいな感じで言われて」
か「はははw」
あ「振られても!って感じじゃん。じゃけぇ、『負けないで』」ちょ、俺の涙返せw
の「待って、それは」
客「はははははw(爆笑)」
か「あ、それは、授業」
の「ライブの事じゃないん?」
か「授業なのね?それは」
客「はははははw(爆笑)」
の「そういう事?」
か「あらららー」
の「凄いそんな、プライベートな事を見せられた訳?今」
か「ねー、ちょっとさぁ、何か『今まで辛い事もあったけど、負けるな、頑張れ!』っ
  て書いとんかと思ったらさ、授業が分からんのんと」
客「はははw」
か「ねぇ、そういう事かい」
の「辛いねぇ」
あ「鼻水が止まりません」
の「んふふふふw」
か「そうね」
あ「まぁ、授業も辛いんですけど」
の「うん」
あ「頑張ります」
の「はい、頑張って下さいw」
客「おー!頑張れー」
あ「私達は、こんなずっとイモだけど、やってきたし」
の&か「うん」
あ「皆さんのお蔭でね、2月12日はAXでワンマンライブです」
客「フォー!(歓声&拍手)」
か「そうですよ」
あ「もうホントに皆さんのお蔭です。ホント有難う御座います」
か「有難う御座います」
の「有難う御座います」
客「イエー!」
の「また勿論、皆さん来て下さるんですよね?」
客「イエエエエ!」
か「ねー?みんな来るよね?」
客「イエー!」
の「じゃぁ、『ディスコー!』も出来るんですよね?」
客「イエー!」
の「やーったぁ」
あ「やったー」
の「やったー」
あ「ね。えー、その、何とかの事とかは、ライブの後に、配られるらしいので」
か「そう、あの、そう、フライヤー。そう、あー違う違う違う違う、あのー、詳細?」
客「はははw」
か「え?あ、違う。えーと、詳細が、フライヤーで、配られるんですよ、後で」そんな
  丁寧に言わなくても、多分みんな理解してたと思うよw
の「帰りに」
か「そう」
あ「何?フライヤーって何?」えー?そこから説明しないとダメなのー?w
2人&客「チラシ」
か「みんなが今、床とかに落ちてるチラシ」
客「はははw」
あ「みんな、床に落ちとるじゃん」
か「ほらね?そうはしないで下さいね」
あ「資源は大切に」
客「はははw」
か「そうよ」
客「おー!(拍手)」流石、ACのCMに出てるだけあるな。
あ「えー、それでは、皆さん、お待ちかねだと思いますが」
客「おー?」
あ「この曲、やっぱりやらないとねぇ?」
の「うん」
あ「え、今日のライブのタイトルはー?」
あ&客「SEVENTH HEAVEN イイ気分ー!」
あ「イエーイ」
客「ヒュー!」
あ「はい、じゃぁその曲行きましょうかね」
の「はい」
か「はい」
あ「もうこの曲、物凄く、物凄く大切にしてきたんですよ。
  インストアイベントでも、絶対やんないで、ずっと溜めてきたんです」
の「ねぇ」
あ「そう。まぁ、振り(振り付け)が無かっただけなんですけど」
客「はははははw」
あ「良い曲です。皆さん一緒に歌って下さい。それでは聴いて下さい。Perfumeで」
3人「SEVENTH HEAVEN」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。