ピスコラを使ったことが無い方へ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピスコラを使ったことが無い方へ(qESt)



 WAVE&OGG&専用音源を駆使して作曲できるミュージックエディタ、ピストンコラージュ。
 略して「ピスコラ」です。

 個人的に思うにはかなり優れた作曲ソフトです。
  • 自作曲を作りたい。
  • それをゲームで簡単に使いたい。
  • いや、むしろ音から自分で作ってみたい。
 そんな方々にぴったりではないかと。そんなピスコラを紹介致します。

自由自在!

 例え、人の声でもシンバルでも、音の微妙なタイミングや音程、パン(ステレオの左右)を気が済むまで細かく調整できます。音響効果をかけて綺麗な曲を作ったり、オーバードライブをかけてインパクトを強くすることも可能です。

打ち込みの操作性!

 ドラムでリズムを刻みたいなら、ユニット編集画面で一気に打ち込みが出来ます。
 メロディを思いついたのなら、忘れないようにすぐさまキーボード画面で音をおいてみましょう。楽譜や音符を知らなくても、会心の曲を作ることが出来ると思います。

これでもまだまだ開発中です。

 Pixel様が開発してくださっていますが、要望などがあれば叶えて頂けることもあり、これからもきっと、ピストンコラージュはどんどん発達していきます。

 ピスコラに興味が出た方は、是非曲を聴かせて下さい。
 現在は、To-go様が管理なさっている「The Pxtone Collage Collective」(リンク集にリンクがあります)で投下するとコメントなどを貰うことが出来ます。

 乱筆、失礼いたしました。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|