※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超決版帝王大学オールA(パワー180~)野手育成理論

【はじめに】
この理論を実践するにあたってはプレイヤーの打撃技術がある程度必要です。
3年間を通しての試合の成績が少なくとも6割20本35打点、また打撃試験のアベレージが30点くらいはないと厳しいと思います。
この打撃成績+チームの勝利という運が合わさらないと目標到達は難しいです。
また、ショートとキャッチャーはレギュラーになれるのが3年秋大会からなので難易度が高いです。

【ルート】
四天王ルート1択です。
自分の打撃で経験点を荒稼ぎします。

【初期能力】
パワーF40以上で走肩守耐エの合計が10以上あるのが望ましいです。
センス×なら逆指名で消せるうえさらに上を狙えるので最高です。

【試合・試験】
とにかく強振でHRを狙って下さい。
超決版は全国で2試合連続3安打でアベレージヒッター、1試合3本以上HRでパワーヒッターが取得できます。
狙える限り狙っていきましょう。
基本凡打=チームの負けくらいの気持ちでいいとおもいます。
レギュラー後は毎回全国にいかないと厳しいです。
全国優勝2回はしたいところ。
優勝無しの場合全て準優勝くらいの成績でないと目標到達は怪しいところ・・・。
試験も強振でHR狙いですが、球芸人の時はミートでもOKです(もちろん勝つ事)。

【スケジュール】
●1年目
4月はビルパワDX購入・使用後朝からバイト。
貯まったお金でビルパワDX4本購入・使用。
以後バイトは7月・11月のそれぞれ夕方に行う。
練習は基本的に筋力オンリーで体力が足りそうに無いときは肩練や守備練で調整します。
試験は全て「なんと素晴らしい」が出る成績を残し1月の試験後で1位になって下さい。
運良く秋大会後の試験で1位→1月試験後で四天王になれればしめたものです。
試合ではHRを打ちまくって下さい。
全国に行けなかったらリセットもありです。

1年目終了時目標能力
弾道3 ミート- パワーA150
走力- 肩力- 守備力- 耐エラー-
※まず弾道・パワーで余りをミートと走力に

●2年目
4月に四天王になった後は4回練習が出来ます。
初めは筋力→筋力→休み→守備で練習を行い徐々に守備の回数を増やしていって下さい。
秋からは基本的に守備3回時々守備2・筋力1のローテで練習して下さい。
ちなみに能力の上げ方ですがまずパワーを180にして次にミートを6、その後ほかの能力という感じがいいと思います。
とにかく自分が打つこととチームが勝つ事が重要です。

2年目終了時目標能力
弾道3 ミートB6 パワーA180
走力B13 肩力C11 守備力B12 耐エラーB12
+余り経験点

●3年目
引き続き守備中心で練習です。
運良く猫神とのタッグが組めていた場合は育成に余裕が出ると思います。
最後の大会も打ちまくって全国制覇を狙いましょう。


【サンプル】
●1(ファースト)凡才スタート
弾道3 ミートA7 パワーA195
走力A15 肩力A14 守備力A14 耐エラーA14
AH(試合) 走塁(自力) 送球(自力) サヨナラ男(試合) 初球(試合) ブロック(イベント) 体当たり(自力)

●2(外野手)凡才スタート
弾道3 ミートA7 パワーA213
走力A15 肩力A14 守備力A14 耐エラーA14
AH(試合) PH(試合) 走塁(自力) 内野安打(自力) 初球(試合) サヨナラ男(試合)


上の選手が試合.650 20本 35打点、試験30点平均
下の選手が試合.750 35本 60打点 試験40点平均
くらいだったと思います。
もちろん試合の勝敗や試験の相手(マシン)で変わってはくるのですが基本的には自分が打てば打つほど出来る選手は良くなります。
ちなみにこの理論だとセンス×はメリットでしかないので待てる方は待つのをお勧めします。
その場合上の能力からさらに上積みが出来ると思われます。


.