ドセタキセル (胃癌)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カテゴリー 胃癌 <- 胃癌の治療薬 <- ドセタキセル (胃癌)

作用機序

  • チューブリンの重合を促進し、安定な微小管を形成するとともに、その脱重合を抑制する。また、細胞内においては形態的に異常な微小管束を形成する。以上の作用により細胞の有糸分裂を停止させる。

薬物名

ドセタキセル

  • 4240405A1029 タキソテール注(20mg)
  • 4240405A2025 タキソテール注(80mg)

注意事項

禁忌

  • 重篤な骨髄抑制のある患者
  • 感染症を合併している患者
  • 発熱を有し感染症の疑われる患者
  • 本剤又はポリソルベート80含有製剤注)に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある患者

重大な副作用

  • 骨髄抑制
  • ショック症状・アナフィラキシー様反応
  • 黄疸、肝不全、肝機能障害
  • 急性腎不全
  • 間質性肺炎、肺線維症
  • 心不全
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)
  • 腸管穿孔、胃腸出血、虚血性大腸炎、大腸炎
  • イレウス
  • 急性呼吸促迫症候群
  • 急性膵炎
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens‐Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、多形紅斑
  • 心タンポナーデ、肺水腫、浮腫・体液貯留
  • 心筋梗塞、静脈血栓塞栓症
  • 感染症
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
  • その他、重篤な口内炎等の粘膜炎、血管炎、末梢神経障害、四肢の脱力感等の末梢性運動障害、Radiation Recall現象

カテゴリー 胃癌 <- 胃癌の治療薬 <- ドセタキセル (胃癌)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|