※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクターに書かれてるのは人間の歳にすると18歳未満の子供ポケモンです。
こっちで書かれてるのは人間の歳にすると18歳以上の大人ポケモンたち。
()に書いてある歳は人間の歳にすると何歳くらいかと言う表示です。





ロイ (カポエラー♂ 21歳)

フィーナの従兄。
良く言えばクール、悪く言えば冷徹、無愛想。
♀ポケモンの人気を集めており、バレンタインは毎年20個以上チョコを貰うほどである。
喫煙はしないが飲酒はする。
酔っ払うと泣き上戸になって泣き終わるとそのまま爆睡してしまう(爆睡したロイはフィーナが家まで連れて行く)。
更に泥酔すると元の性格とは正反対と言っていいほどの笑い上戸になる。
なお、彼に酔っ払ってた時の記憶は無い様子。
よくバイクに乗って涼風町内(涼風町は7丁目まである)をドライブする事もあり、偶に後部に乗せてくれる時もあるようだ。
大人ポケモンたちの中では1番若い。

装備品:左耳に銀色のリングピアス2つ、バイク用ゴーグル



ハピリーさん (ハピナス♀ 25歳)

涼風町の仲間たちの病気や怪我を診るナース的な存在。
主にいつも喧嘩三昧の【恐怖の四凶】はお世話になっている。
怒るととんでもなく怖いらしい。
大人ポケモンたちの中では3番目に若い。

装備品:ナースキャップ



ウィラードさん (グラエナ♂ 25歳)

涼風町で勇ましく生きるトレーナーの居ない野良ポケモン。
野良ポケモン軍団のリーダーを務めるグラエナ。
涼風町の食べ物を売っている店舗の商品を盗んで食べている為、人間には嫌われている模様。
綺麗な♀ポケモンに弱い。
年齢はハピリーさんと同い年くらい。

装備品:無し 左目と右頬には一生モノのキズがある。



ストームさん (ウインディ♂ 28歳)

涼風町の平和を守る警察ポケモン。
仕事としてはウィラードさんを捕まえなければいけないのだが、毎度彼のテンションに流され逃がしてしまっている。
綺麗な♀ポケモンに弱いのは勿論、♀ポケモンの涙にはモロに弱い。
正義感が強く、彼に憧れを抱く♂ポケモンも少なくは無い。

装備品:首に涼風警察署のバンダナ



グース (ザングース♂ 61歳)

ジュノン、ロイ・フィーナ兄妹、ミリア、オリムの親が子供の頃から涼風町の仲間の面倒を見て来た年老いたザングース。
高齢とは思えない威勢のいい兄貴タイプで、右耳は少し千切れている。大らか。
家族を持つが、妻は他界し、娘は行方不明で色違いの孫、ジェイドが居る。
ウィラードさんと同じでトレーナーが居ない野良ポケモン。

装備品:無し







フィーナ・ロイ・レイマの親




フィール (ダイナード♂/オリポケ 年齢不詳)

フィーナの父親。
進化を遂げ、トレーナーから離れて野良で暮らしている。
左目に一生モノの傷がついており、左目は開かない模様。
額に×印の傷、右耳にも引っ掻かれたような傷が2つ付いている。
傷だらけの顔は様々なポケモンと戦い、勝利を積み重ねて来た証。
娘と息子のピンチを感じ取り、助けに飛んで来る時もある。
澄んだ青い目をしており、フィーナの青い目は父親からの遺伝とされる。
妻との仲は非常に良好で、クリスマスは夫婦で過ごしていた。
野良で暮らしているが、涼風町の何処で暮らしているのかは分からない。



アンナ (ヒョードル♀/オリポケ 年齢不詳)

フィーナの母親。
夫のフィールと同じく、進化を遂げてトレーナーから離れ、野良生活。
涼風町の神社で暮らしている。
夏の神社が涼しいのはアンナが冷気を放っている為。秋から冬にかけては涼風神社の裏側に移動していて、春になるまで不在。
オスのポケモンに『お母さん』と呼ばれる事を嫌う(彼女曰く『娘の恋人と勘違いしてしまう事もあり紛らわしいから』)。
フィーナが付けているピアスはアンナが付けていた物を受け継いだ。
妖艶な紫色の目をしており、フィーナの紫色の目は母親からの遺伝とされる。
アンナが繰り出す“冷凍ビーム”は鋼タイプのポケモンをも氷付けにする(実際にナナホシが氷付けになった)。



リリオ (ルフラン♀/オリポケ 年齢不詳)

ロイの母親であり、フィールの姉。フィーナから見て伯母。
赤い薔薇のアクセサリーを付けており、薔薇が好きと見られる。
本当の年齢はフィール、ロイのみが知っているが、共に弱みを握られている為、年齢を聞かれても口を開かない。高飛車な女王様気質で、フィーナとユキ丸には“伯母さん”とは呼ばせず“姉さま”と呼ばせる。





アズロート (ボルティア♂/オリポケ 年齢不詳)

レイマの父親であり、フィールとリリオの弟。メルシーネの兄。
知らぬ間にギャル男になってしまった息子を普通の少年に戻そうと奮闘する。
強力な電気タイプ技を放つ(レイマの電気タイプの技は父親から受け継いだもの)。
メルシーネ同様、“叔父さん”と呼ばれても怒る様子は無いが息子に対してはかなり厳しい。