"Whale Wars" against Japan by The Discovery Channel?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Friday, July 11, 2008
2008年7月11日金曜日
"Whale Wars" against Japan by The Discovery Channel?


ディスカバリー海峡のそばの日本に対する「クジラ戦争」?



The cable television show, "Animal Planet," owned by The Discovery Channel produced a documentary and/or mini series titled, "Whale Wars." They hired RIVR Media to film the documentary. During the 2007 -- 2008 whale hunt season, they traveled on the garbage scow owned by Sea Shepherd, Captain Kangaroo, crewed by Cabin Boy and his girly-men play pirates on the high seas. The development executive for Animal Planet, Charles Foley was asked why the Japanese prospective was omitted. He first replied they doubted the Japanese would cooperate. Then changed it to, "we didn't have time." Which is a lot of hooey. This is just further proof that liberalism is a mental disorder and fair and partial journalism in the United States of America (USA) does not exist. China deserves a big applause by all who desire a free press for throwing CNN out of their country.
ケーブルテレビ番組(「動物のPlanet」)生じられるディスカバリーチャンネルによって所有しますドキュメンタリーおよび/またはシリーズがタイトルをつけたミニ(「クジラ戦争)。」、TheyはRIVRメディアをドキュメンタリーを撮影するために借りました。2007年の間に−2008匹のクジラは季節を捜して、彼らはCabin Boyによって乗組員を乗せていて海シェパード(キャプテンカンガルー)所有されるゴミ平底船に旅行して、そして、彼の女性ヌードの部下は、高波に関して海賊を演ずる。Animal Planetのために発展役員、フォーリーがそうであったチャールズは、理由に日本人を尋ねました将来の省略した。彼は、最初に、彼らが日本人が協力することを疑うと答えました。そしてそれを変えられます、「我々に、時間がありませんでした。」、Whichは多くのばかな事です。これはちょうど自由主義が精神障害であるという更なる証明です、そして、アメリカ合衆国(USA)の公明正大で部分的なジャーナリズムが存在しません。中国は、CNNを彼らの国から投げ出すために出版の自由を希望する全員によって、大きい拍手に値します。

This documentary is another example how the news media in America could care less about reporting the truth and facts, and is only interested is imposing their agenda on the rest of the nation, the rest of the world.
このドキュメンタリーは、アメリカのニュースメディアが事実と事実を報告することをより気にかけることができなかったもう一つの例です、そして、関心があるだけである残りの国(残りの世界)の彼らの課題を課す。

This slanted and bias documentary made no attempt to explain the cultural significance of whale hunting to the Japanese. The liberals who claim to be all inclusive only cared to examine this issue from a Western perspective, which is elitism.
これは傾斜しました、そして、偏りドキュメンタリーは捕鯨の文化的な重要性を日本人に説明する試みをしませんでした。全く含んでいると主張する自由主義者は西洋の展望からこの問題を調べたいと思うだけでした。そして、それはエリート意識です。

The good people of Japan should be fore-warned that The Discovery Channel and Animal Planet are no friend to Nippon.
日本の善人は、ディスカバリーチャンネルとAnimal Planetが日本の味方でないと前もって警告されなければなりません。

Other examples of despicable journalism in the United States: CNN, MSNBC, ABC, CBS, The New York Times, The Los Angeles Times, and the Associated Press.
アメリカ合衆国の卑劣なジャーナリズムの他の例:CNN、MSNBC、ABC、CBS、ニューヨークタイムズ、ロサンゼルスタイムズとAP通信。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。