※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ」

[赤メカ] RSマグナムエンジンの別名。ケースの色が赤いことからこう呼ばれるんだ。「メカ」はメカニズムの略だよ。

 

[アップダウン] コース上にある、登り坂や下り坂のこと。アップダウンコースの攻略にはスピード性よりもマシンの安定性が重要なポイントになるぞ。

 

[RSマグナムエンジン] チョロQのエンジンの1つ。短距離ダッシュ用に開発されており、瞬発力はほかに類を見ない。別名:「赤メカ」

 

[ウインドウ] チョロQの窓のパーツ。A品番や初期HG時代は別のパーツになっていたが、近年では殆どがボディと一体化している。レース改造の基本的な軽量化では、まっさきに手を加えたいところだ。

 

[ウイリー走行] 車体後部のプレート部分(コインホルダー)にコインをはさむとウイリーする。ウイリーさせた状態で走らせるとスピンしたりして楽しめる遊び方。

 

[A品番] 現在までに続く伝統のSTD(スタンダード)チョロQの原点。A-1~A-93(A-33は欠番)の92車種が登場している。

 

[HG] High Grade(ハイグレード)の頭文字。A品番から続く伝統のシリーズで、リアルな塗装とマーキング、メッキホイールによりグレードの高いチョロQという意味で付けられた。

 

[エキスパート大会] TAKARA主催で各地で開催される競技大会。チョロQのほかにビーダマン、ベイブレードなども競技に含まれる。詳細はコロコロコミックに掲載される。

 

[SC] スーパーカスタマブルの略。Various VersionのV2システムを搭載したSCVシリーズが続いている。

 

[STD] スタンダードの略。価格は発売当時から据え置きの350円。

 

 

[えとっこチョロQ] 干支をモチーフにしたチョロQ。1982年に「亥」が発売。1983年「子」、84年「丑」、85年「寅」で生産終了。「亥」「子」「丑」はゴムボディを取り外すとなかから子どもが出てくる遊びがあった。「寅」には走行中に口をパクパク開閉するギミックがある。2000年に平成版として12体揃ったセットが販売されたがこちらは全くの別金型。