Episode 23: The Joy of Toggling


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドク:彼は頭を撃たれたのか・・・

グリフ:そうさ

ドク:そして君は彼の頭の銃創にCPRをしたのか・・・

グリフ:その通り

ドク:それは完璧で適切な処置だと思います

グリフ:それは俺が言った事だ

ドク:ええ、人は時々、ケアの方法を見落とします
戦いの間に足を撃たれたブルーガイのようにね
私がしたすべては、アロエベラで彼の首をこする事でした
彼は元気だった

グリフ:ああ、俺はそういうのは知らないけど
軍曹が間違ってる事がうれしいよ

軍曹:グリフ!お前が捕虜を監視するに当たっての条件は
一日中そいつとやじ馬をしないことだ!

グリフ:軍曹来て下さい
彼は銃さえ持っていません

シモンズ:あぁ、お前ら二人最高の友達だな
そいつは銃を持ってない
しかもお前は少しの弾も持ってこなかった!

グリフ:ありがとうよ、ゴマすり野郎
もし俺がこないだ捕虜を逃がしたヤツに捕虜監視のコツを教わりたいって思ったらお前に聞くだろうよ!

ドーナツ:あぁ、あれは怒るよ、ねぇ、怒ったかい
キレた、キレた

シモンズ:黙れ、お前のアーマーはピンクだ

ドク:あー、いいですか?
私達はお互いの事を知りたくて、
あー、厳密に言うと友達です
私達は話しているんです
すまない、しかし君は本当に嫌われている様だ
このあたりで私が進歩するなら、君とは仲間にはなれない
君は分かると思うけど

それは皆が君を好きではないからだ

私を見つめるのは止めてくれ

タッカー:おいチャーチ、お前の体がレッドチームの古いアンドロイドで、修理する事が出来るなら、
修理シーケンスを起動してシーラを直せないのか?

チャーチ:あぁ・・やってみる価値はありそうだな
分かった、下がってろ
ハァァァァ・・・
キイイイイ・・・
フゥゥゥ・・・

タッカー:無理か?

チャーチ:ああ、お前が思ってるほど簡単じゃないのさ

タッカー:たぶんどこかにボタンがあるはずだ・・・

チャーチ:見つけれるかどうか見てろ、ここで続けてみる
フウウウウ・・・あ!おい!

タッカー:見つかったのか?

チャーチ:いや待て、見つけたのは時間と温度機能だ
ところで現在26度だ

タッカー:26度な訳ないだろ、それは凍ってるよ

チャーチ:真面目にやれ、タッカー

タッカー:おいおい、真面目だよちくしょう
おい、何か見つけたぞ

チャーチ:マジか?ボタンを見つけたのか?

タッカー:ああ、これはまるで・・・スイッチだ

チャーチ:ふむ、それをはじいてみろ

タッカー:はじきたくないよ

チャーチ:何か問題でも?

タッカー:怪しい場所にあるんだよ

チャーチ:ああ俺をからかうなよ

タッカー:お前がはじけ

チャーチ:この腕はそんなに柔軟じゃないんだ
下の方に手を伸ばすことさえ出来ん

タッカー:カブースならどうだ?

チャーチ:おい、奴はとてもバカだ
俺は奴がスイッチを操作できるかさえ分からない

タッカー:頼むよ・・・

チャーチ:タック、タッカー、さあ
それを笑うのは後にして
夕食おごるよ

タッカー:全然動かないよ

チャーチ:くねくねさせてみたか?

タッカー:お前のドングルをくねくねするなんてとんでもない

チャーチ:泣き言はやめろ
やってみろ
      • 優しくしろよ?

タッカー:よしわかった、お前がそう言うんなら
もう俺は何もしないからな

チャーチ:ごめんごめんごめんごめん、ほんとごめん、
ふざけたんだ、ふざけただけだ

タッカー:テックスがここにいたらと思うよ
彼女は少しの問題も放っておかないから

チャーチ:お前はテックスことをよく知らないだろ

タッカー:そら!どうだ?

チャーチ:いや何も無い、何か怪しいぞ
何かピーピーと鳴っているのが聞えないか?

軍曹:捕虜をどうするか、何か考えはあるか?

シモンズ:奴をグリフから離さなければ
あー、あいつに話すのは幾らか残酷だ

ドーナツ:彼のアーマーと我々のを交換するってのはどうです?
彼の顔を見てみたい

ワートホグ:ワートホグはオンラインです
ホーミング・ビーコン起動

ドーナツ:軍曹・・・く、車が喋りました?

軍曹:うおお・・・