Episode 28: In Stereo Where Available


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シモンズ:よし、倒せ!

チャーチ:一体何なんだ?誰が俺をグレネードで吹き飛ばそうとした?
何で俺は咳をしてるんだ?肺がないのに

シモンズ:Yeehaw!

軍曹:奴等を排除しろカウボーイ

シモンズ:はい!・・・軍曹、ちょっと待ってください

シモンズ:何か怪しいものを見ましたか、軍曹?

軍曹:見たぞ、俺が小さい時に会った男が俺のおじだと主張した
これは園芸ホースでまだ俺を悩ま・・・

シモンズ:たった今5秒前に見たことですよ

軍曹:Oh、それなら違うな

シモンズ:そのおじさんは何だったんです

軍曹:俺は奴がおじではないと誰にでも言い続けた
奴はそうではなかった!

シモンズ:・・・言いたいことはまだありますか?

軍曹:クソジープをバックしろ

タッカー:そこで止まれ、お前
グレネードをテレポーターに投げたらうまくいくって言ったよな
チャーチは感動するだろうな

カブース:そしてシーラはもう一度僕を愛すでしょう
私が誰かとか、僕の衝撃的な美貌・・・それが無くてもね

チャーチ:このクソ青野郎どもが
見た目と同じくらいバカだな

オマリー:お前の魂は偽りの洞穴だ

タッカー:お前ら一体何を話してるんだ?

ロペス:お前はこのラウンドに勝ったかもな、
だが容赦の無い専制政治による支配の命は短いだろうな
レッドは復讐して・・・

タッカー:yeah,yeah,yeah
誰も気にしてないって
タンクを修理してくれよ

ロペス:絶対に私は敵のために動かない
デキモノがお前の心と家にできるかもな
私の同胞を苦しませるがいい
しかし間もなく、私達は新しい日の目をみるだろう
私達の夜明けは近い
暗黒がお前の仲間に降りかかった時
戦士たちはこれがその瞬間だと知るだろう

ジェネラル:我々の時代だ
予測通りの圧制者の大きな裏切り、私が言った通りだ

タッカー:なぁ、チャーチはよく喋るな
俺が彼のスイッチの所を蹴ったら黙ると思うか?

カブース:あー、タッカー?今すぐに走ったほうが良いと思います
早く走らないと

タッカー:おお畜生!

軍曹:撃つなよ、シモンズ
報復タイムだ

シモンズ:頑張ってください!

タッカー:そうだ、さりげなく歩いて離れるんだ
心配ない・・・

カブース:ランニングタイム!

タッカー:すごくさりげないね!バカ!

ロペス:そうだ、そうだ、逃げろ、お前らは臆病な犬だ
偉大なロペスは今日勝った、そして・・・

シモンズ:あの野郎のど真ん中を狙ってください、軍曹

軍曹:お前の前にいるだろシモンズ

ロペス:何が起こってる?

シモンズ:今倒してやる、青野郎!

ロペス:選択の余地は無いのか

シモンズ:軍曹、変な音が聞えませんか?

ロペス:すみません、お父さん

タッカー:いいじゃないか、悪くないぞ、ロボットよ

カブース:彼が僕達を助ける事は分かったんだ
分かってたんだ!
ロボットはいつも僕を好きなんだ
それは僕の凄すぎるダンシングのせいですね

ロペス:私の心は折れている
同胞は私を裏切った
全てを失ってしまった
私のようになるぞ

タッカー:分かったから、黙ってタンクを修理できないかな?

カブース:ダンシングタイム!ドゥードゥードゥー

ロペス:この戦士の心の悲しみの叫びだ
なぜこいつはバカなダンスで私をあざ笑うのか?
この動きはロボットのように見せようとしているのか?
見えるものか
これは腹が立つ

カブース:ダンシングタイム!