Episode 31: Room For Rent


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タッカー:うむテックス、素晴らしい物語じゃないか
学校でチャーチがダサかった部分が特に好きだね

チャーチ:その部分は理由がないわけじゃない

タッカー:だけど俺達はどうやってA.Iを止めるんだよ

テックス:注入プロセスをよく覚えていない・・・

テックス:私はA.Iがヘルメット通信を経由してホストからホストへ送信した事を覚えてる
私が他の事を知る前に、A.Iは支配して我々は逃げた
もしA.Iを殺すことが出来て、攻撃されない場所なら、奴を倒す

チャーチ:それから俺の体が戻ってくる
取引だな?

テックス:取引だ

チャーチ:よし、テックスと俺はカブースに働きかけよう
タッカー、お前はレッドに取り組んで欲しい
一旦オマリーを追い出す時、奴がどこにも行かないように
奴等にヘルメット通信を切らせるんだ

テックス:分かった

タッカー:なんだと?俺はどうやってそれをせいっちゅーのよ

チャーチ:さあな、自分で考えろよ

タッカー:おいおい、どうやってプランを考えるんだ

チャーチ:俺達がそこに行くまでに時間が無いから機敏に動くんだぞ

タッカー:あぁ分かったよ、俺が何をすべきなのか、どうやってするべきなのか
分からんが、どっちにしろ早くしろって事なんだな

チャーチ:Yeahその通りだ

テックス:そうだ

タッカー:WOW、お前らが手伝ってくれれば助かるんだけどな

チャーチ:お前の論理的枠組みを変えろ
違った視点で考えるんだ

タッカー:おい、それにはちゃんと理由がある
俺は箱の中で考えるのが好きだ
ちゃんとそこにいるって感じるんだ

チャーチ:よしテックス、レディーファーストだ

テックス:あぁそうだな、お前の体をここに置いていくと思うのか?

チャーチ:ビッチが

テックス:惜しかったね、レオナルド

チャーチ:おいカブース!

カブース:へ?

チャーチ:気をつけろ!

カブース:NOOOOO!

チャーチ:どこだここ?

テックス:カブースの心の中だよ
オマリーを探して殺さなければ

チャーチ:こいつは気味が悪いぜ

テックス:慣れるのは難しい

チャーチ:そういうわけじゃ・・・

チャーチ:ここは俺が思ってたよりかなり大きいな

タッカー:カブース、大丈夫かお前?

カブース:ここは俺が思ってたよりかなり大きいな

タッカー:分か・・った
俺はシーラとロペスを使ってどうやってレッドに
ラジオを切らせるか考えるわ

カブース:どこから始めればいい、テックス?

タッカー:なに?

チャーチ:だから、どっから始めるんだ、テックス?

テックス:用心を怠るなよ
オマリーは確実に私達を探しに来る
保証するよ

チャーチ:おいタッカー、お前なのか?

タッカー:いや、なにやってんだ、バカか?
あぁ待て、そうだ、俺は俺だ
バカは俺だった

チャーチ:お前そこでなにしてる?
向こうにいるんじゃ無かったのか!

タッカー:食べ物持ってる?食べることは大好きでね

チャーチ:何だってんだ?どうしたんだ?

テックス:これは本当のタッカーじゃない
私らはカブースの頭の中にいる
これはカブースのイメージだ

メンタルタッカー:俺は信じられないくらいバカだ!

チャーチ:こいつはいいや
ここで会う奴はみんなカブースみたいなバカ野郎ばかりってことか

メンタルカブース:僕はそうは思いませんよ、チャーチさん

グリフ:良いアイデアです、やっと賛成できますよ

ドーナツ:ねぇみんな、問題があると思います
みんな、私は誰かとは言いません
シモンズの手術に必要なパーツを放置したかもしれない、カップホルダーか
ここで名前は言わないが
それを失くしたかもしれない、彼らの大好きなスムーズジャズの編集CDと一緒に、ワートホグにね
誰がそんなことをしたのか分からないよ

グリフ:お前だな?

ドーナツ:そうです-あー、いや!
だから、違う!ちくしょう!

軍曹:グリフ、お前と軽音楽はワートホグからパーツを回収してこい
大急ぎだ!

グリフ:ベースの外は安全だと思いますか?
恐らく、ブルーは戦車を修理する事が出来たはずです
我々が話している間に奴らは我々の上を行っています

軍曹:あぁ、タコイヌよ
奴等を助けているロペスさえ
戦車をオンラインにするのに時間がかかる
ましてや再起動できるものか

ドーナツ:あなたが正しいことを願います
もし戦車が僕に向かって来てるのを見たら
僕は完全に怖くなりますよ

タッカー:やれやれ、奴等が俺たちを見ても
ビクつかないことを祈るよ