Episode 32: Me, Myself and You


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕と僕自身とあなた

メンタルカブース:わかった
君たちは外から来たんだな
その上他の人もどこかにいる

チャーチ:他の・・・まて、オマリーの事か?
お前は奴に会ったのか?

明るいブルーアーマー:勿論彼は会ったよバーカ!
カブース様がそういう所を見逃すと思ったのか
お前はどうしようもない嫌でクソな奴だな?

メンタルカブース:僕

チャーチ:待ちやがれ、テメーは誰だ?

明るいブルーアーマー:俺はチャーチだ。
切れ端ぞうきんのおバカさん

チャーチ:こいつはくそったれ野郎のようだな

テックス:あぁ、会っちまったな

メンタルチャーチ:そして俺はカブースの親友さ
だからって足を舐めてノロノロ歩くのは止めろよ!

チャーチ:オーケー、処罰は山ほどあるな
好きじゃないが

テックス:力を合わせるぞチャーチ、
オマリーを見つけるにはこいつらが必要だ

メンタルタッカー:女の子のために探してやるよ

チャーチ:結構だね、何でも。

メンタルカブース:オマリーを見つけたいなら
最初にレッドと話したほうがいい
彼は早くから僕に対して彼らを入れようとした

チャーチ:レッド・・・奴等がここに?

グリフ:お前は本当にパーツをそこに置いてきたのか?

ドーナツ:うーんそう思う、待て、そうだ、違う
待て待て待て、むむむむむむむむむ・・・そう思う

グリフ:分かった、来た道を戻ろう
シモンズと軍曹が吹き飛ばされる前にお前がワートホグにいたのは
火曜日なんだろ?

ドーナツ:ええ。その日は僕が下着を洗う日ですから、火曜日です
それ以来アーマーが素肌に当たるのが嫌なんです
イライラするよ
すごく簡単だ
思い出した、僕はどこでならノーパンでもくつろげるんでしょうかねぇ?

グリフ:あ~もう!

タッカー:よし、うん、十分近づいたようだな
ブレーキはどこかな・・・
このボタンだな

シーラ:そのボタンに触れないでください

タッカー:あぁごめん、むむ・・・たぶんこれだ

シーラ:私に触れないでください

タッカー:あのな、そのサイズで敏感すぎるぞ

グリフ:もういいかげんにしてくれ

ドーナツ:で、僕が足の爪を切った後
お勧めの軟膏を塗るつもりだったんだ
でもね、変なにおいがしたんだよ
それで、味見しようと思ってね
それで安全だと確認したんだ

グリフ:もういい、俺は自爆する

ドーナツ:ねえ・・・まだ来た道を戻ってませんよ
僕のももの吹き出物がどうなったか話してませんし

グリフ:クソ!

ドーナツ:ねぇ、戻ってよ!
それで僕はどこに・・・
あぁそうだ
槍で突いたんだ
うんざりだ

グリフ:今はやめろ新人!
あの巨大な戦車は俺たちを踏み潰す気だ

ドーナツ:なんと!?
ああ神よこれは真実か!
死んでしまう!僕は死んでしまうんだ!

タッカー:なんてことだ、俺はカブースがこれを運転できるほど頭がいいなんて
信じないぞ、信じない
どうやって遅くすればいいシーラ?

シーラ:スロットルを遅らせてください

タッカー:なんのスロットルだ、これか?

シーラ:コントローラーを遅らせてください

タッカー:お前はこのことを言ってるのか?
何を言ってるんだお前は、分からねえよ!

シーラ:コントローラーを、遅れてます

タッカー:おい、そりゃバカにしてんのか

シーラ:遅れる、遅れる、遅れる、遅れる

タッカー:おいおい、ただのイジワルかよ

シーラ:遅れ、遅れ・・・・・・遅れ