かなしみ戦隊(作品解説・前)



  • 当項目はかなしみ戦隊の作品の登場人物や、内容に関する簡単な解説、他作品とのリゾナントについて記述するのが目的です。
  • 登場人物の掲載順は執筆者の主観によるもので、必ずしも娘。への加入順や年齢順ではありません。
    また文中に登場していなくても、画像に姿があれば登場人物としてカウントします。
  • シングル曲の題名をタイトルに見立てている同シリーズは、まとめサイトにおいてはシングルの発売順に掲載されています。
    しかし本項ではリゾスレへの投下順に掲載します。
    但しそれでは作品内の時系列と、当項目の掲載順が一致しないので、巻末に当項目の執筆者の解釈による時系列の順番を提示したいと思っています。
    それは執筆者の主観によるもので、必ずしも正確とは限りません。
    また作者であるかなしみの人も本来そういう楽しみ方をして欲しいとは思われていないと思われますので、スルーされることを推奨しておきます。
    かなしみ戦隊の楽しみ方は、過去ログを通して読みながら、登場してきた作品を味わうというのがベストだと思われます。



あらすじ


新番組予告
漆黒の闇の中、悪を蹴散らす影一つ。
彼女の名前は高橋愛。
かつて悪の首魁、ダークネスをあと一歩の所まで追い詰めた戦隊リゾナンターの最後の生き残り。
喫茶リゾナントを開いた彼女の元には様々な仲間が集まってくる。
彼女達は皆、かなしみを背負っていた。
世界の変化を良い方向へと導く為、彼女達の戦いが始まった。
かなしみの壁をブチ破る為に、行けリゾナンター!!



登場人物


高橋愛
  • かつてダークネスを追いつめたリゾナンターの生き残り。
    死亡したと思われていたが、ある日姿を現して悪の組織の戦闘員を倒す。
    一人喫茶リゾナントを開くと同時に、能力者を集めてリゾナンターを再結成して、ダークネスに戦いを挑む。
  • 瞬間移動やフォトンマニピュレートを使った記述は見られない。
    ダークネスとの最終決戦の際、忘れていた本当のチカラ"共鳴増幅”を思い出す。


新垣里沙
  • 家族をダークネスに人質に取られた為、スパイとしてリゾナンターに潜入。
    ある出来事を機にリゾナンターに協力することを決心し、メンバーの前で自分がスパイだという事を告白するが…
  • 鋼線や精神干渉を使う描写は為されていない。


亀井絵里
  • 愛の誘いを受けるが、病弱な為最初はリゾナンター加入を躊躇う。
  • さゆみと行動を共にする事が多い。
  • 傷の共有を使う描写は見られない。
    能力を使って戦うシーンはあるが、それを特定できる描写は無い。


道重さゆみ
  • 三流雑誌のカメラマン。
    スクープをしようとリゾナンターをマークしていたが、その際に愛が狙われている事を予知する。
  • 絵里と行動を共にする事が多い。
  • 予知能力と精神感応の力を持っている。
    過去に虐待を受けた動物の心を読んでしまったことがトラウマとなって、動物が大の苦手である。



田中れいな
  • 家出して街を彷徨っていたが、たまたま立ち寄った喫茶リゾナントで住み込み働く事になる。
  • 家族から虐待を受けたため、笑い方を忘れてしまった。
  • 能力が暴走して周囲を火の海にしたという記述があることから、発炎能力を持っていると思われるが、確定はできない。



久住小春
  • ワガママなアイドル。
    ある日送られてきた手紙に興味を覚えて、その送り主に会いにいく。
    その送り主、愛の話に魅せられてリゾナンター入りを志願する。
  • 幻術や念写、発電能力を使ったという記述は無い。
    防御フィールドを展開したシーンはあるが、結界を張ったのかもしれない。



ジュンジュン
  • 謎の中国人。
    遊園地でリンリンと共にナイフパフォーマンスを披露しているところを、絵里とさゆみに見つけられる。
    日本にはある目的があってきたようだが…
  • 獣化(パンダ化)能力を使う。
    ナイフパフォーマンスを披露した際、軌道を操っていることから念動力も持っていると思われる。
    リンリンとの共鳴で瞬間移動の力を使うことが出来る。



リンリン
  • 謎の中国人。
    人が好くジュンジュンが誰かと争う際には、仲裁する。
  • 獣化(アヒル化&鳥化)能力で活躍する。
    念動力を使い、ジュンジュンとの共鳴で瞬間移動の力を使う。
    発炎能力を持っている様子は見られない。



光井愛佳
  • イジメに苦しむ女子高生。
    駅に入ってくる列車に身を投げようとするところを、愛に制止され、リゾナンターに加入する。
  • 愛佳といえば予知能力だが、それを使うシーンは見られない。
    里沙が負傷した際、治癒能力を使う。
  • 一般的な能力設定がさゆみと入れ替わっている事で、読み手を混乱させないか、作者も気にしていた。



加護亜衣
  • れいなの旧友。
    里沙の家族を助ける為に向かった島で、将軍と共に現れれいな達を襲おうとするが…
  • 他のOGメンバーがゲストキャラとして軽い扱いを受けている中、彼女は本編で大きな役割を果たす。



作品解説


[32.笑顔YESヌード](01)483 
私はスパイです。
里沙の告白は衝撃的だった。
バラバラになりそうな皆の心を繋ぎとめたのはれいなの言葉だった。
だが、敵の銃弾が里沙を襲う。

新垣里沙
田中れいな
リゾナンター

【他作品との関連】
投稿時のスレの話題の中心、新垣里沙がスパイだという設定の練り込みと、同設定に基づく作品の投下だった。
本作もその流れにリゾナントして投下されたものと思われる。



[04.Memory 青春の光](01)512 
敵の銃弾に倒れた里沙を見て、愛佳は決断する。
私が新垣さんを救う。
愛佳に秘められた力とは…

新垣里沙
光井愛佳(治癒能力)

【他作品との関連】
[Jun-Lin](01)487 『ソレガ仲間ッテヤツダヨー』では里沙が組織の粛清人に襲われる描写があるが、かなしみの人がそれを参考にしたかは定かでない。


[17.ひょっこりひょうたん島](01)533 
里沙と愛佳、二人の新しい仲間の力で戦いには勝ったが、里沙の家族は移動する島に囚われている。
里沙の彼女を救うために、島に乗り込んだメンバー達を待ち受けていたものは…

新垣里沙
ジュンジュン(瞬間移動:リンリンと協力)
リンリン(瞬間移動:ジュンジュンと協力)
リゾナンター

里沙の妹

【他作品との関連】
里沙がダークネスの為に働く理由が、家族を囚われているという設定は、リゾスレでは少数派。
本作で登場して来る移動する島という設定は、 『里沙ヲ奪還セヨ!』に代表される後続の作家の作品に影響を与えたのではないだろうか?

[19.シャボン玉](01)571 
愛は一人の能力者、亀井絵里をリゾナンターに誘う。
病弱な絵里は仲間になることを躊躇うが、愛はそんな絵里を外に連れ出す。

高橋愛
亀井絵里

[35.みかん](01)601
島での最終決戦。
リゾナンターの前に現れたのは将軍と加護だった。

田中れいな
高橋愛
リゾナンター

松浦亜弥?(将軍)
加護亜衣

【他作品との関連】
アヤンツ将軍とダークネス怪人アイボーンに改造された加護がれいなを襲撃してくる[Tanaka](01)596にリゾナントして書かれたものであろうと思われる。



[00.愛の種](01)650 
アンケートを受ける愛。
淡々と答えていくうちに、最後の質問になった。
いまの仕事をやめようと思ったことは?
愛は力強く答えた。

高橋愛


[33.悲しみトワイライト](01)660 
夕暮れ時は心が沈む。
些細なトラブルで争うメンバーを和ませたのは小春の一言だった。

亀井絵里
道重さゆみ
高橋愛
久住小春


[29.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~](01)673
アイドル小春に届いた不思議なファンレター。
男装して出かけた小春は、1軒の喫茶店にたどり着く。

高橋愛
久住小春

[26.大阪 恋の歌](01)789 
リゾナンターの支援者、つんく氏が襲撃される。
里沙のもたらした情報を頼りに大阪に急行するリゾナンター。
戦闘の最中に高橋は聞いてしまった。
ダークネスのスパイ、No2121の存在を。

高橋愛(精神感応?)
新垣里沙
久住小春
道重さゆみ
田中れいな

【他作品との関連】
[Niigaki](01)780 『関空発→羽田 ボーイング機内』という作品は、登場した飛行機が墜落の危機に陥ったことに、里沙が組織の関与を疑い愛へ心を寄せる話だが、その後日譚として成立しうる設定ではある。

[03.抱いてHOLD ON ME!](01)891
夜の街を彷徨う迷い猫のような少女、田中れいな。
喫茶リゾナントで働くようになった彼女は、笑い方を知らなかった。
愛はそんなれいなの心を開かせられるのか。

高橋愛
田中れいな



[25.THE マンパワー!!!](01)912
予知能力と精神感応の力を持つカメラマンさゆみはスクープを狙いリゾナンターをマークしていた。
ある日戦闘中の愛を背中から敵が襲うことを予知してしまう。

高橋愛
道重さゆみ(予知能力)



[18.AS FOR ONE DAY](01)935 
れいなの前に再び現れた加護亜衣。
彼女には秘密があった。

田中れいな
光井愛佳

加護亜衣

[09.ハッピーサマーウエディング](01)936 
加護の体が崩壊するまであと僅か
彼女の最後の望みは、バージンロードを歩くこと。
れいなは加護の望みを叶えるが、無情にも時は来た。

田中れいな
光井愛佳(治癒能力)
加護亜衣

【他作品との関連】
加護の身体に崩壊プログラムが組み込まれているという設定は、[Tanaka](01)596 のそれを踏襲したものであろう。
ハッピーエンドの[Tanaka](01)596 に対して、本作は悲しい終わり方であるが、それを補完するためかは判らないが、本作の後日譚[S7.青春!LOVEランチ](19)680 がかなしみ戦隊Sとして投下された。


[02.サマーナイトタウン](02)433 
光となって消えた加護。
加護を救えなかった自分を責めるれいなは夜の街を彷徨う。
やがて導かれるようにある場所に向かったれいなは、加護の最後のメッセージを受け取る。
それは…

田中れいな

[08.恋のダンスサイト](02)533
リゾナントの看板娘になったれいなは、メンバー達の為に新メニューを振舞う。
おのおぞましい有様に、食べる事を躊躇うメンバー達。
犠牲になったのは遅れてやって来た里沙だった。

田中れいな
亀井絵里
道重さゆみ
新垣里沙
リゾナンター

【他作品との関連】
当時のスレの雑談として、喫茶リゾナントのメニューが話題になっていた。



[28.直感2~逃した魚は大きいぞ!~](02)536 
遊園地に遊びに来ていた絵里とさゆみは不思議な中国人女性二人組を見かける。
彼女達はどう見ても能力者。
戦闘に召集された為に、2人を見失った絵里達だったが、れいなと落ち合った中華料理屋で再会を果たす。

亀井絵里
道重さゆみ
ジュンジュン(念動力)
リンリン(念動力)
田中れいな



[06.ふるさと](02)671 
謎の中国人二人と再会するリゾナンター達は、協力を持ちかけられる。
彼女達の力で向かった先には、キョンシーが跋扈していた。
リゾナンターは二人の故郷を救えるのか?
そして二人は仲間になるのか?

ジュンジュン(瞬間移動:リンリンと協力して発動)
リンリン(瞬間移動:ジュンジュンと協力)
リゾナンター



[24.涙が止まらない放課後](02)673
駅のホームで線路に飛び込もうとしていた少女、愛佳。
頭の中に流れ込んできた言葉が彼女を救った。
言葉の発信者、愛と線路を挟んで心で会話する愛佳。

高橋愛(精神感応)
光井愛佳



【他作品との関連】
愛と愛佳の出会いを描いた[Mitsui](01)282 『予知能力者』に対するかなしみの人なりのオマージュと取れなくも無い。
『予知能力者』においては愛佳を元気付ける為に敢えて反語的な、少し乱暴な言葉遣いで愛佳に言葉を介して語りかけた愛であるが、かなしみ版の愛ミーツ愛佳話では、愛は直接愛佳の心に語りかけてくる。
そのストレートな描写は圧巻。
リゾナントに行くことなくガレットの作り方を知ったという秀逸な終わり方をする『予知能力者』の方が、読後の印象は強いのかもしれないが、[24.涙が止まらない放課後]も負けてはいない。
もっとも当の作者達は競い合う気などなく、自分の心に浮かんだ話を形にしただけなのだろうが。