チャット大会


  • リゾスレ住人の親睦を深め、結束を固める為に不定期に行われる。
  • 第1回目のチャット大会の提唱者は、第1スレを立てた禍刻の人
  • 2008年7月15日に、リゾスレで提唱したが、当時はまだ作家同士、住人同士の馴れ合いを敬遠する気風が残っていた為、以降の話し合いはしたらば掲示板で行わ、実施日の告知もひっそりと行われた。
    このためチャット大会の実施を後になってから知った住人もいた。
  • 実施日は2008年7月25日(金)から27日(日)の3日間。
  • 参加者の内、作家wikiに掲載されている作家はサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノないやいの人、禍刻の人、共鳴者作家刃千吏の人異能力の人BGMの人。(順不同)
  • それ以外の参加者は、『モーニング戦隊リゾナンター』作家、EDイメージ動画やリゾナントの間取りを作った『リーダーはつるつるいっぱい』作家、『・・・。(恋しくて苦しいよ、ただ声を聞かせて……)』や『LIAR GAME』の作家、絵を描いた人、[Niigaki](01)434作家、他数名の読者だった。
  • チャット大会のハイライトは、MM。(06)496 『Green Monster』の作者バレ、ないやいの人のリゾスレに賭ける情熱の吐露、当時行われていた2ちゃんねるの板別トーナメントの娘(狼)の選対を務めていた某作家の呼びかけによるリゾナンター連での突破ラシの実施などである。
  • その後、何度か第2回チャット大会の実施を希望する声が再々スレで上がったが、作家目線での会話に熱が入りすぎた感のある第1回からの反省からか、中々実現には至らなかった。 しかし30話の大台への突入を記念に何か企画を求める声が相次ぎ、第2回チャット大会の開催が決定し挙行された。 
  • 第2回チャット大会は、チャットルームの設置期間は2009年7月11(土)午前0時から13(月)の早朝、住人が集まる大会期日は7月11日の午後9時から12日の午前1時までということになった。 
  • 当日になってチャット管理者であるサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノの帰宅が諸事情により遅れるために、ルームの開設時間が約1時間遅れてしまう事態となった。
  • 第1回に参加した作家の何人かは顔を見せなかったものの、かなしみの人P線上の人や、RとRの人ぺっぱあの人といった、前回不参加だった作家やロム専の住人が多数参加した。 
  • 今回のハイライトは、第30話記念のイラストを上げたばかりの、かなしみの人がダクネチュ様として初参加を果したこと(チャットのCGIの仕様上の問題から文字化けてしまった為に、他の参加者が首を捻ってしまうというグダグダな登場ぶりは、まさにダクネチュ様そのものだった。)。
    第15話に保全レスとして投下され、その素晴らしさにないやいの人がリゾナントした作品を書いた、おべんと短歌の詠み人が、BGMの人だということが判明したことである。 
  • 最終的に13(月)の早朝までチャットし続ける猛者もいたが、第40回記念チャット大会の開催を期して、第2回チャット大会は閉会した。