※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第42話」


「リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第42話」とはインターネットの掲示板、2ちゃんねるの娘(狼)板に立てられたスレッドのことである。
そのタイトルの示すとおり、当初はモーニング娘。の36枚目のシングル「リゾナントブルー」のPVのAnother Versionからストーリーを想像した小説を中心に投稿されていったが、同シングルが発売されて2年近い月日が経った現在では、モーニング娘。の関わった作品やTV番組等に触発され誕生した作品を発表していくことが目的となった感がある。



概要

  • スレが立てられたのは、2010年2月14日(日)9時17分36秒のことである。
  • 2月26日に氷の魔女として幾多の作品に登場してくる藤本美貴が、25回目の誕生日を迎えた。
    それを祝ってか同日には、藤本が主人公の掌編が複数投下された。 但しいわゆる生誕記念的な要素を含んだものではなく、作者自身によってまとめサイトへの収録を固辞する旨の表明が為されている。
  • 前スレが1000レスに到達せずdat落ちしてしまったことの反動か、作品の投下ペースは上向きだった。
  • 3月1日、バンクーバー五輪女子フィギアスケートで金メダルを勝ち取った韓国のキム・ヨナ選手に対する批判・中傷が大量に書き込まれた2ちゃんねるに対して、報復のサイバー攻撃が韓国から行われた。
    その影響で娘(狼)板のサーバーであるdubaiが破損してしまった為に、リゾスレも歩みを止めてしまった。
  • 上記の理由で正確な総レス数とスレの保持期間が明らかでない為に、勢い(1日あたりの書き込み数)は算出できないが、おおよそ30前後を推移していた。
  • 久住小春のモーニング娘。卒業公演を収録したライブDVDが発売され、娘。小春の最後の晴れ舞台を見たいけど、目にしたくないという複雑な心境を語ったレスが多数寄せられた。
  • モーニング娘。の43枚目のシングル、『青春コレクション』の衣装が公開された。
    その微妙なカラーリングに、微妙なレスが寄せられた。
  • 氷の魔女ミティこと藤本美貴の誕生日である2月26日には、その生誕を祝う1レス掌編が2作投下され、その人気の根強さを知らしめた。


第42話のテンプレ


第42話のテンプレの1レス目には、同スレ開設中の3月11日に19歳の誕生日を迎えるリンリンの登場する一節が選ばれた。

喫茶リゾナントの地下室には格闘戦や能力を磨く為のトレーニングルームがある。 部屋のドアを開けようとしたれいなの耳に届いた伸びやかで美しい声。
その場には不釣合いな歌声に耳を傾けるれいな、そして愛。
歌声が止み部屋のドアを開けた二人は、歌っていたのがリンリンだということを知った。 その美しい声を称賛し、曲の由来を尋ねる二人にリンリンは答えた。

川*^A^)<この曲、中国にイた時からズっと歌っテきた歌でス。
      この歌にハ、未来への希望が込めラれていまス。
      この歌を歌うト、心に力が沸いてクるんでス

ダークネスを倒すことが出来たら、歌手になりたいという夢を語るリンリン。 その言葉は愛とれいなにも忘れていた思いを蘇らせた。
愛は女優、れいなはタレントになりたいという希望。
闇を打ち払うという困難な目的は、いつしか二人に未来への希望から目を逸らさせていた。だが歌声を通じてリンリンの心と繋がった二人に生まれた未来への希望。
その希望を載せて歌は続く。



第42話のダクネチュ様


異世界を巡る高橋愛の姿を描いたモーニング戦隊リゾナンターRシリーズ。
前スレでは特別編でダクネチュ様の世界にも参上した。
世界を闇で覆い一つに繋げたいという夢を抱く男として、ダクネチュ様を描いたリゾナンターRへの返信が為された。


ダクネチ;)<うおおぉ また寒いぃい!寒いではないか!!

ノlc| ・e・)<!?ダークネス様またこんな所で何をしていらっしゃるんですか?

ダクネチュ)<あぁ さっき女が急に現れてな……ビックリしたわ心の臓に悪い!

   _, ,_
ノlc| ・e・)<女?敵襲ですか!?そんな まったく気付きませんでした!ダークネス様!御怪我はありませんか!

ダクネチュ)<いや 大丈夫だ~心配するな…(あの女が言っていた事……ワシはどうしたい?ワシはこのまま世界を闇で
        覆い隠してもよいのか?世界を変えてよいのか?そうなれば 愛という女…いずれ戦う時がくるのだろう…ぶつぶつ)

ダクネチ;)<あの女 壁ごと削りとって旅立ちおったわ…無茶しやがって ドアぐらい開けて出ていけ………
        この世界の空間から姿をまったく消す救世主よ …風が入るではないか!うう寒い 寒い さっむいぞリサー!
        んーとにかくだ!とにかくワシらが新世界を築けたとしたらだ……んーなんだ あたたかい世界にしたいな

ノlc| ・e・)<ぶつぶつ独り言聞こえて来てますよ まぁダークネス様が世界を変えるなんて出来やしないでしょうがねwボソリ


   _, ,_
ノlc| ・e・)<(………でも もしダークネス様が仲間を傷つける時が来たならば…止めるだろうな そして…
       愛ちゃん達がダークネス様を傷つけようとするなら…たぶん たぶん私は…全力で王を……護る)

ダクネチュ)c| ・e・)<…オイ 聞こえてるぞリサ・えっ!どっちですか?ちょwあれは嘘ですからぁ聞こえなかった事にしてくださいよぅ!
                                新スレオメ!!


※前スレ第41話 >>84-85 「モーニング戦隊R??話」にリゾナンツ


シリアスさとコミカルさを含み、今後の展開にも含みを残す作品となった。
ちなみに“あの女 壁ごと削りとって~”以降のダクネチュ様の台詞は、『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』のラスボスであるDioが、主人である自分に生血を捧げる為に自ら首を刎ねるという絶対的な忠誠心を見せた後、邸内に侵入した宿敵承太郎を迎撃する為に出撃したヴァニラ・アイスに対してかけた言葉がモチーフである。


第42話に投下された作品群


連載・シリーズ作品

『“未来”への反逆者たち ―氷と炎―』
主要登場人物   リンリン、高橋愛、新垣里沙、田中れいな、 藤本美貴
敵の本拠の奥深くに進む愛、里沙、れいなの3人を迎え撃ったのは、氷を操る能力者だった。
完全に不意を突かれたことを悟った愛は、自分が盾となって他の2人の命を救おうとする。
氷の槍に貫かれようとした愛を救ったのは、残してきたはずのリンリンだった。
怒りに眦を吊り上げたリンリンは言う。
「“覚悟”が足りまセン」

42話初の小説作品は、禍刻の人によって描かれる一つの最終章の序章ともいうべき作品だった。
奇しくも42話のテンプレにも登場してたリンリンが大きな役割を果す。
リンリンがどんな未来への希望を描いたのかは、読者自身がその目で確かめるしかない。


『SINNERS~1.一条の光~』]
主要登場人物   ジュンジュン、リンリン
反逆の罪で組織“D”の監獄で処断の時を待つ能力者、銭琳。 過去から目を背け、諦念の中に身を置く銭琳の前に現れた組織の訓練生、李純。
この出会いは忘れられないものになる。―銭琳の切なる願望は実を結ぶのか。

四字熟語の人が新たに綴るシリーズは、ジュンジュンとリンリンの出会いにスポットを当てられている。
投下前のレスでも触れているが、リゾスレにおけるジュンジュンとリンリンの出会いの定番とも言うべき、『刃千吏護衛官 銭琳(字幕版)』とは設定を異にする独自路線の話である。


『SINNERS~2.守りたい気持ち、ふたつ~』
主要登場人物 ジュンジュン、リンリン
毎夜のように銭琳の収容されている監獄を訪れる李純。
取り留めの無い会話を通じて親密になっていく2人だったが、処刑の時は刻一刻と近づいてきた。
李純の心の中に自分という存在が残ることを支えに、処刑を受け容れようとする銭琳だったが、李純はそれを許さなかった。

日本人のメンバーと一緒に登場する場合、片言を喋ったり、相手を呼び捨てにするなど言語のギャップを伴って描かれることの多いジュンジュンであるが、本作において同じ母国語を話すリンリンに対しては、いつになく真摯に話しかける姿が描写されている。


『SINNERS~3.山気が立ちこめる~』

主要登場人物 ジュンジュン、リンリン
李純の立てた脱走計画は順調に進行した。
銭琳の心に芽生えるもっとこの人と一緒にいたいという思い。
「何故、私の為にそこまでしてくれるんですか」という銭琳の問い掛けに対する答えを聞いた時、銭琳は知った。
李純もまた自分と同じ苦しみを抱えていたのだと。

ジュンジュンとリンリン、二人の中国人リゾナンターの出会いを独自の視点で描いたシリーズの第3段。
作中で銭琳はいかがわしいチャイナドレスを着こなすハワイ支部のキムラさんに成りすますが、同キムラさんとは元ココナッツ娘。のアヤカがモデルである。(したらばのあとがきスレで参考の動画を貼り付けている)
作者のハロプロファンとしての年季の長さが窺い知れる。


『『Vanish!』(2)繋がっていたい思い』
主要登場人物   夏焼雅田中れいな、高橋愛、光井愛佳、新垣里沙、久住小春矢口真里、紺野あさ美
レストランに急ぐれいな達とすれ違った少女は、何故か二人の跡を追い様子を物陰から観察する。
後日、リゾナントを訪れた少女夏焼雅は、れいなとは旧知の間柄だった。
携帯のアドレスを交換しながらも、値踏みするような目でリゾナントの店内や愛を見つめる雅。
一方ダークネスでは矢口にボスからある人物を調査せよとの指令が下っていた。 指令所に記されたその人物の名は…。
Buono!の夏焼雅を主要キャストに迎えた連続モノの第二段。
愛佳が垣間見たれいなの未来、小春の口から語られる人間の記憶に関する概念など、今後の展開の伏線となりそうな重要な記述が随所に為されている。
翌2月26日が、魔女ミティこと藤本美貴の誕生日であることから、当初の予定を早めて投下された。



『Dive into the“FUTURE”(中)』
主要登場人物   新垣里沙、吉澤ひとみ
飯田圭織の精神に潜航した吉澤と里沙の目の前に現れた安倍なつみは、圭織の本能が作り出したガーディアンだった。
荒涼とした圭織の精神の中に守るべきものが存在するのか。
その答えを見つける為に二人は安倍の姿をしたガーディアンと戦う道を選択した。
精神世界の中での驚天動地のバトルが始まる。

前年の暮れに投下された『Dive into the“FUTURE”(前)』の続き。
韓国から仕掛けられた2ちゃんねるに対するF5アタックによって、2ちゃんねるの各サーバーの運用が不安定になっていく中での投下を危ぶむ声もあったが、無事に投下し終えることが出来た。
同作の投下後、娘(狼)板の使用するサーバーも破損して、娘(狼)全体が落ちた状態となった。
そのために作品を閲覧できなかったスレ住人も多く、新たに立てられた第43話の冒頭で、再UPされた。




単発作品

Come Back KOHARU』
主要登場人物   高橋愛、田中れいな、新垣里沙、道重さゆみ、久住小春
傷ついてリゾナントに戻ってきて意識を失ったれいな。
目を覚ましたれいなの口から飛び出した衝撃的な事実。 「小春に襲われた」
一体何が小春に起こったのか。 小春を救うためにリゾナンターの戦いが始まった。
久住小春のモーニング娘。卒業後、リゾスレで小春をどう描いていくかが話し合われた際に、出された一つの意見―小春がダークネスに寝返った話が見たい―から生まれた作品。
闇に堕ちた小春、小春を救おうと奔走する他のメンバーの姿を通して、メンバー愛が描かれている。



『退屈を嫌う空間支配者-The Spatial master-』
主要登場人物保田圭、後藤真希、石川梨華
組織の追手から逃れるべく、廃病院に潜む保田と後藤。
保田に頼まれて酒を買いに出た後藤は通りかかった花屋の店先で、ある花の鉢植えに目を止める。
残った金で鉢植えを買って帰った後藤は、追っ手の気配を察知する。
追っ手は後藤の幼馴染でもある“審判者”石川梨華だった。

リゾスレの世界観や、作者ないやいの人自身の蒼の共鳴シリーズとは、世界観を異にする“繋がっていないようで繋がっている単発もの”の作品群の最終作。
『永遠殺しの傍観者-The anti-eternal onlooker-』で活躍した保田圭と後藤真希の師弟コンビが再登場した。 『永遠殺し~』は保田視点で描かれていたが、本作は保田と立場を異にする後藤の虚無的な目線で描かれている。
後日熱烈なフォロワーの手で、保田、後藤のコンビが登場する『時の砂』が上げられている。



掌編・保全作品

(42)150 名無し募集中
主要登場人物   メロン記念日
モーニング娘。の妹分としてデビューしてキャリアを重ね、現役モーニング娘。のどのメンバーよりも年長になったメロン記念日のアルバムから生まれた1レスの掌編。
デビュー10周年の日を意識して投下されたが、同日に開催された『生誕3654日感謝祭』において、同年4月からのツアーをもって解散することが発表された。


『超古代巨人 リゾナントロボ』
主要登場人物   高橋愛、 藤本美貴
「リゾナンターの乗り物は?」というスレの雑談から生まれた保全作品。
連続物の体裁を取ってはいるものの、続く気配は一切感じられない。


(42) 261 名無し募集中 (リゾ短歌)
モーニング娘。42枚目のシングル『女が目立ってなぜイケナイ』の衣装に関する話題から生まれたリゾ短歌。
白地に赤を散らした色彩のイメージが詠まれている。


(42)330 名無し募集中 (ホゼ短歌)]
久住小春の卒業公演を収録したDVDのフラゲ日の雑談の流れから詠まれたホゼ短歌。


(42) 358 名無しじゃないやい(魔女生誕記念)
主要登場人物   藤本美貴
刺客の群れを前に優雅な死の舞踏を繰り広げる氷の魔女。
彼らが魔女の美しさを実感した時、そこに残るのは骸の山。
ミティ様誕生日おめでとうとして挙げられた1レスもの。
作者の意向によってまとめサイトへの収録は固辞された。


(42) 364 名無し募集中(魔女の最期)
主要登場人物   藤本美貴
ある作品で凄絶な最期を迎えた氷の魔女藤本美貴。
その作者が魔女の死を悼む声が無いことに心を痛めて書いた生誕記念作品。
氷の魔女が自らの存在を雪の結晶六花に準えるのは、前スレに投下された『六花』に影響を受けている旨、作者が言及している。


動画

「リゾナンターOP.avi」
主要登場人物   allリゾナンター
スレの停滞期を見透かしたかのように動画作品を投下して、住人のテンションを上げてきたBGMの人によるオープニング動画。
一連の予告編や本編に組み込まれた動画とは違って独自の映像素材の割合は少な目ではあるが、音楽のセレクトや映像の編集のセンスが絶賛された。
motorの人に継承された感のある芸風―確信的な誤字や間違いをやらかす―を、ファイル拡張子 .aviを題名に入れてしまうという形で発揮している。







添付ファイル