※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第44話【二周年】( viva la kanashimi


 リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第44話 【二周年】とはインターネットの掲示板、2ちゃんねるの娘(狼)板に立てられたスレッドのことである。
そのタイトルの示すとおり、当初はモーニング娘。の36枚目のシングル「リゾナントブルー」のPVのAnother Versionからストーリーを想像した小説を中心に投稿されていったが、同シングルが発売されて2年に達した時点で、モーニング娘。の発表した楽曲や出演した番組等に触発され誕生した作品を発表していくことが目的となった感のあるスレである。



概要

  • スレが立っていたのは2010年4月12日(月)23時57分3秒から同年5月22日(土(1時23分52秒までの間のことである。
    スレの勢い(1日当たりの平均書き込み数)は25.6とやや低調だった。
  • 第1スレが立てられてから二年の月日が過ぎ、三年目を迎えることとなった。
    それを記念してリゾスレ2周年記念!住人に色々聞いちゃうスレが、したらば掲示板に立てられた。
  • 前スレで提案されたかなしみ戦隊トリビュートアルバム企画が本格化し、多くの作品が投下された。
  • 規制で通常のプロバイダから書きこめない住人の中には、p2やibisBrowserDXのようなブラウザを利用する者もいた。
    それを題材にした保全作品も投下された。
  • かなしみの人の予告編から生まれた『コードネーム「pepper」-ガイノイドは父の夢を見るか?-』が完結した。
  • かなしみ戦隊トリビュート企画で愛れな作品が連発されるなど、ちょっとした愛れな祭りだった。
  • ここの所更新が滞っていたリゾナンターの各メンバーのwikiの項目が加筆され始めた。
  • スレに投下された作品のまとめ作業を一手に引き受けていたサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノが、まとめサイトの更新の「放棄」を宣言した。


第44話のテンプレ

第44話のテンプレの>>1に引用されたのは、「リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第25話」に投下された 『開店記念日はよんいちさん』の中の高橋愛と新垣里沙のやりとりだった。

喫茶リゾナントで愛の手作りのケーキを振舞われた里沙は、いつもとは仕様が違うことに気づく。
少し豪華なデコレーション、“Happy, April 13.”という文字の入ったチョコプレート。
不思議に思った里沙は愛に尋ねる。

||c| ・e・)<4月13日、何か意味あるの?
川*’ー’)<ん、あるよー。“良いお店になりますように”、で、よん、いち、さん

2008年の4月13日に生まれてから、何度かのdat落ちに伴う空白期間こそあったものの、多くの訪問客によって続いてきたリゾスレと喫茶リゾナントを重ね合わせた同作を書いたのは、まとめの人ことサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノである。


第44話のダクネチュ様


 【リゾナンターのDNAデータには金塊以上の価値がある byDr.マルシェ】
かんぶぅ )<位置に着いたかリサ・・・いや 怪盗ニーニャよ!!ヨシ!今回の任務を言うのだ!!!

ノlc| ・e・)<ハッ!今回のターゲットはリゾナンターの大切な物である下着であります!
       ・・しかしなんでこんな物を・・ダークネス様は・・フゥ・・

かんぶぅ )<なんかDr.にクローンを作らせるらしいからDNAデータがいるらしいぞ
       ・・あとロマンがどうたらこうたら とにかく急ぐのだリサよ ダークネス様はwktkして御待ちだ!

          -その時である 扉が少し開いた風呂の中から 愛の背中をゴシゴシ流がす
             れいなの愛ある姿がニーニャのまなこに飛び込んだのだった!-

   _, ,_
ノlc| ・e・)<私は逆に大切な物を盗まれた様です・・・

かんぶぅ )<何だそれは・・・

ノlc| ・e・)<それは私の中のモーニング娘。です!

かんぶぅ;)<ちょっと何言ってるか分かんない  早くパンツ盗って来いwww

        ( ・e・ )≪私はこんな2人の大切な物を盗む事は出来ない・・・・・ならば!!≫( ・e・ )
      - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   _, ,_  ∩
 *ダクネチ)彡<おお!これが黄金のパン・・・・いやリゾナンターのDNAデータ(ロマン)が詰まった布か!ムッフフ
    ⊂彡           ・・・・・・・しかし なんで 毛糸のパンツなのだ・・???

( ・e・;)<(ギクッ!!)さっさあ?・・・・ハックション!!・・冷えるのだ
              【リゾナンターのパンツはロマンスの塊である byダークネス】
                 【そしてこの大切なスレ 2周年おめでとうだゾ!!】

前スレにおいて2周年記念の企画として提案されたかなしみ戦隊トリビュート。 かなしみの人本人が固辞したことによって二周年企画の冠こそ無くなったが、企画の火を消すまいとRとRの人禍刻の人という二人の有志によるトリビュート作品が前スレの終盤に上げられた。
亀井絵里の必殺技、亀砂嵐の誤爆によって吹き飛ばされた新垣里沙の災難を描いた「HELP!」と、愛の背中に残る火傷が物語るれいなとの絆、「Ambitious!野心的でいいじゃん」のニ作品である。
自らの予告編へのトリビュート作品を書上げてくれた二人への返礼をさらりとやってのけるあたりに、かなしみの人のアドリブセンスの高さが窺われる。

(*)愛の背中をれいなが流している場面が「Ambitious!野心的でいいじゃん」からの引用だということは誰の目にも明らかであるが、二人のDNAデータの詰まった布…パンツの代わりに、里沙が自分の毛糸のパンツを提供する描写は、「HELP!」の作中で、亀砂嵐によって吹き飛ばされ観覧車のポールに宙吊りになった里沙が、もしもスカート姿だったら、その中身を見られて大変な事態になってしまうという記述から、派生した雑談に起因している。



44話に投下された作品群

シリーズ・続きモノ

「Vanish!(5) 『未完成のキズナ』」
主要登場人物   夏焼雅新垣里沙、高橋愛、田中れいな
れいなをいるべき場所に戻すために暗躍する雅は“Vanishing Point―消失点―”で、次々とリゾナンターから、れいなに関する記憶を消失させていく。
異常な事態が進行していることに気づいた里沙は、リゾナントに向かおうとするが、その前に雅が現れて…。

コンスタントな更新が続いていくシリーズの第5弾。 徐々に欝要素が増していく中、笑える小ネタ(小春の写真集を見て、勝ったと呟くれいな&オカマ言葉が印象的な菅井ちゃん)を織り込むなど、相変わらず達者な所を見せている作者は、投下後の締めレスで同シリーズが全部で8章になる(9章にはしたくない)ことを告げている。


「Vanish!(6)『安らぎを奪いし刻』」
主要登場人物   田中れいな、新垣里沙、高橋愛、亀井絵里、道重さゆみ、ジュンジュン、 夏焼雅
謎の事態の真相を解き明かすために、雅の精神世界に潜航した里沙。
そこには精神潜航の経験が豊富な里沙でさえ、目にしたことがない世界が広がっていた。
民家の中でみやびという少女と出会い、『たいせつな人』という名のアルバムを手にした里沙に声をかけたのは、意外な人物だった。

急展開が続くシリーズの第六弾は二回に分けて投下された。
前半は雅の精神に潜航した里沙の活躍。後半では雅のチカラ“Vanishing Point”によって、れいなの記憶を消失させられらたリゾナンターのメンバーとれいなの対面が描かれている。
緊迫したサスペンス要素の高い作品ではあるが、“『田中れいな』の異常に膨らんだ胸のふくらみ”のような笑いをさり気なく含ませるあたり、作者の達者ぶりは相変わらずである。


『Vanish!(7)微々たる計画の狂い(分類MM。)』
主要登場人物   田中れいな、高橋愛、新垣里沙、亀井絵里、道重さゆみ、ジュンジュン、 夏焼雅紺野あさ美
雅と会うためにリゾナントを後にしたれいな。
リゾナントでは愛が里沙の空白の時間の記憶を読み取ろうとしたが、その試みは徒労に終わった。
不可解な事態に頭を抱える愛の前に雅が現れて…

旺盛な更新を続けるシリーズも遂に終盤に投入した。
れいなが泣きながらリゾナントを飛び出すというシリーズ序盤で描かれた愛佳の予知夢が現実のこととして起こった本章は、最も鬱成分の高い更新となった。
引きの強い終わり方に続きを熱望する声が上がったが、最終章となる次回の更新は最低でも1ヶ月になり、実質4話分となる旨を作者は明かしている。


『“未来”への反逆者たち ―チカラとココロ(2)―』
主要登場人物   新垣里沙紺野あさ美、石川梨華
負傷した里沙をあさ美に託して、愛とれいなは敵の中枢部へ向かった。
里沙を治癒しながら、あさ美は語りかける。
もう一人の“治癒能力者”道重さゆみとの出会い、そして自分の胸の中の真実。

リゾスレのオリメンの一人、禍刻の人の筆によるリゾナンター第1部の最終章。
これまでに描き続けてきた幾多の作品と関連しているが、投下後の締めレスで、他作者による 『邂逅~長雨の合間に~』にリゾナントしたことに言及している。


『“未来”への反逆者たち ―チカラとココロ(3)―』
主要登場人物   新垣里沙、 石川梨華
「石川さんを解放してあげて・・・」 マルシェの言葉を胸に粛清人Rと対峙する里沙。
“念動弾―サイコ・ブレット”を駆使する凶敵を恐れる素振りすら見せずに里沙は述懐する。
捨てられたと思っていた家族との絆を捨てきれない自分の胸の内を。
しかし「家族」というキーワードはかつて里沙の精神干渉の前に苦杯を喫したRを激昂させるだけだった。

禍刻の人によって綴られるリゾナンター第一部の最終回シリーズ。
今回は禍刻の人版「RとR」でもあり、『孤独の死闘』の決着戦でもある。
本項目では伏せてあるが、新垣里沙、石川梨華の二人と関わりのある人物が重要な役割を果す本作をもって、リゾナンター最終回の第二章は完結した。

【関連作】『LIAR GAME』


『コードネーム「pepper」-ガイノイドは父の夢を見るか?-6』 
主要登場人物   新垣里沙、pepper
国立バイオテクノロジー研究所に侵攻してきた装甲ロボット部隊との戦闘で傷ついたアイ。
仲間や“父”を守る為に彼女には一つしか手段は残されていなかった…。
一方研究所の地下では作動したセキュリティプログラムによる火災から逃れようと脱出行が始まろうとしていた。

ぺっぱあの人による人気シリーズの完結編。
前章が投下されてから実に半年近い時間が経ってからの投下となった。
間隔が開いてしまったことを考慮してか、これまでのあらすじや自らの正体を明かすというサービスを投下前夜におこなっている。
読者を待たせたお詫び代わりというわけでもないだろうが、本編30レスを一晩で投下しきった。
ガイノイドたちの旅は完結したが、ぺっぱあの人自身が描くリゾナンターたちの物語はこれからも続くという読後感を読者に与えた。


『蒼の共鳴第二部-The anthem of darkness-』
主要登場人物   久住小春、光井愛佳、新垣里沙、 後藤真希、飯田圭織、保田圭、安倍なつみ
愛佳の予知夢に干渉してきた圭織との邂逅を果たす為、二ヶ月ぶりにリゾナントのある町に戻ってきた小春と愛佳。
町は一見何も変わっていなさそうだったが、不穏な事態は進行する一方だった。
その一つがリゾナンターが樹海に身を潜めている間に急速な発展を遂げた“Awesome God”という名称の宗教団体。
世界の未来を象徴するかのような分厚い雲が覆われた空の下、小春と愛佳はかつて小春がミーを拾った路地裏へと引き寄せられていく。
一方樹海に設けられた圭の研究施設でも事態が急変していた。

リゾスレ史上最長不倒の蒼の共鳴の新作が、記念すべき【二周年】スレを飾った。
記念を意識したわけではないだろうが、リゾナンターだけでなく、ダークネスサイドも大量出演の準オールスターキャストだった。
小春と愛佳が飯田圭織との邂逅を果たした場所が、作者ないやいの人がリゾスレに作家として、初めて足跡を残した『蒼の共鳴-守るべきモノ-前編』で、描かれた場所であるということに象徴的な意味を感じた読者もいた。




単発作品

(44) 43 名無しじゃないやい(最高の決めゼリフ)
主要登場人物   allリゾナンター藤本美貴
東京都大田区に出現した黒衣の集団、彼らの正体はダークネスの魔女、ミティとその部下たちだ。
彼らの目的は一丁目の制圧だった…が、住民の反撃に傷つき疲弊していく黒衣の男たち。
そんな彼らの前に現れたのは、大田区を本拠とする正義の集団リゾナンターだった。

「悪の軍団を倒した時に発する最高の決めゼリフをお願いします」というポケモー アーティストQ&Aの質問に対するモーニング娘。の各メンバーの解答を織り込んだコメディ作品。
やられ役が板についてきた氷の魔女ミティこと藤本美貴のツッコミが堪能できる。
作者ないやいの人は、まとめサイトへの収録を固辞した。


『GW、首都圏のホゼナンターが千秋楽だ!お台場だ!と騒ぎたてている間に生まれた事件』(問題編)
主要登場人物   allリゾナンター
これまで経験してきた幾多の危機を信頼という絆で乗り越えてきたリゾナンター。
その絆を揺るがす事態が起こってしまった。
新垣里沙が「殺された」のだ。
そしてその容疑者は事件当時リゾナントにいたリゾナンターの誰か…。
美少女名探偵愛佳は密室とアリバイの謎を解き明かしえ、真犯人に辿り着けるのか?

首都圏でツアーの千秋楽や各種イベントが開催されている折に、不参加を余儀なくされたmotorの人の怨念の込もったミステリー作品。
過去にも他の作者によって同趣旨の作品(上記リンク先に呈示)は上げられているが、それ以上に時系列の描写に力が注がれている。
そのことが推理のハードルを高くして、motorの人が募集した、スレ住人の推理や質問をし難くした面があるのは否めないが、かなしみトリビュート企画に続く意欲作である。


掌編・保全作品

(44)198 名無し募集中(神様はいるよ)
主要登場人物   高橋愛、新垣里沙
雑談のやりとりの中で話題に上った短歌ンターのリゾ短歌から生まれた2レスの掌編。
里沙を救えなかったと思い、神を呪う愛。 愛の無事を喜び神に感謝する里沙。
お互いを思いあう二人の姿が、各々の視点で描かれている。


『RとQ』
主要登場人物   石川梨華Q
恐怖の象徴、粛清人Rの前に立ちはだかる粛清人Q。
Rを罵り、挑発するQ。
彼の目的とは一体…。

2ちゃんねるのアクセス規制によって書き込み数の減る中、スレの保全に代理投稿にと活躍するホゼナンターQ。(idの末尾にQが表示されるibisBrowserDX利用者)
そんなホゼナンターQのレスから生まれた悪ふざけの保全作。
スレの隆盛期に投下されていたら、非難の的になること間違いなしの胸ネタ作品であるが、規制によって書き込み数が減少している情勢を踏まえてか、それなりに好意的に受け止められたようである。


偽乳特戦隊リゾナンター
スレに貼られたツアーの衣装を身につけたモーニング娘。の画像から派生したやりとり。
一年目のリゾスレならば間違いなく参加者全員粛清間違いなし。


爆発へのカウントダウン
スレ終盤の他愛の無いAA遊び。
ここ最近はスレが完全に埋めるのにも時間がかかる傾向にあったが、【二周年】記念ということでテンポ良く埋めることが出来た。
そんなやりとりを収録。




かなしみ戦隊トリビュート作品

「シャボン玉」
主要登場人物   高橋愛、亀井絵里、新垣里沙
心臓を患い、病院に長期入院している少女、亀井絵里。彼女は不思議な力を持っていた、それは“傷の共有”。
その力で周囲の人を傷つけまいとする思いが、彼女を消極的にさせていた。
ある日、病室の窓から外を眺めていると、自分と同じ名前の女の子が走り回っているのが目に入り…

【解説は上記のリンク先】


「Do it! Now」
主要登場人物   道重さゆみ、亀井絵里
さゆみは悩んでいた。 友人の絵里に動物園に誘われたからだ。
かつて精神感応のチカラで虐待された動物の心を感じ取ったことがトラウマになっていたさゆみにとって、動物園に行くことは苦痛でしかなかった。
案の定ギクシャクした空気が二人の間に流れ…

【解説は上記のリンク先】


『友達(♀)が気に入っている男からの伝言(1)』 (独特の作品形態を考慮して、「かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ REMIX」DC GAKI MIXとして、暫定保管)
主要登場人物   新垣里沙、otherリゾナンター
喫茶リゾナントにある1冊のノート。 店を訪れた客の感想やリゾナンターからの伝言が書き込まれているノートの最後のページに書き込むにはペンや鉛筆等の筆記用具は要らない。
特殊なチカラで書き込まれた新垣里沙から高橋愛への伝言によって綴られたかなしみ戦隊リゾナンターミラクルズのアザーサイド。


「友達(♀)が気に入っている男からの伝言(2)」 (独特の作品形態を考慮して、「かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ REMIX」DC GAKI MIXとして、暫定保管)
主要登場人物   新垣里沙、otherリゾナンター
新垣里沙視点で綴られるかなしみ戦隊リゾナンターミラクルズの第二段。
1レスで1本の予告編にリゾナントしている本シリーズの今回の中身は、釣堀の話やピンクの悪魔の話、強気一辺倒だった小春が弱さを見せてしまう「パープルウインド」等々。



『独占欲(1)』
主要登場人物   ジュンジュン、リンリン
リゾスレ史の研究書を出版している会社に勤める私は、“亀井絵里研究家”カメノフと面談していた。
リゾスレ史研究家を悩ませるかなしみ文書の記述量の少なさ。 それは明かしたくない真実を覆うためのトリックである。
カメノフの珍説に頭を抱えながらも、彼の持ち込んだ資料に目を走らせる私。
そこには日本に来る前のジュンジュンとリンリンが、故郷の町を守ろうとする姿が描かれていたが…。

かなしみ戦隊トリビュートアルバムの企画が提唱されたから、したらばの作成スレで宣言されていた作品。
現実と資料。現代と過去という絡まりあった構造は、トリビュート企画の口火を切った「HELP!」と相通ずるものがある。


独占欲(2)]
主要登場人物   ジュンジュン、リンリン
自らの中に潜む神獣の力を忌み恐れ、山の洞窟の中で隠棲する祖父。
そんな祖父に自らが神獣として覚醒したいという希望を明かした李純はその理由を告げる。
李純の生まれ育った町で頻発する不審な死。
李純から不幸に見舞われた家の詳細を聞かされた老人の目が光る。
「なんと、神獣の血を色濃く伝える家の子ではないか」

現実世界の私とカメノフ。記録の中でのジュンジュンやリンリンという二重構造でかなしみ戦隊リゾナンターミラクルズの「独占欲」を描くシリーズの第二弾。
作者は投下後の締めレスの中で最終的に改題する可能性を示唆している。
但しそんな事態になってもかなしみの人に対するリスペクトに揺らぎはないことも併せて言及している。



「女子かしまし物語2」(禍刻の人ver)
主要登場人物   allリゾナンター、ペッパー警部
二十歳の誕生日を迎えたれいなの為に開かれたパーティ。
主賓である筈のれいなを差し置いて、酒に打ち興じる絵里。
そんな絵里にアルコールを無理強いされてさゆが目覚めた。
リゾナンターを襲った恐怖と笑撃の真相がここに明かされる。

【解説】は上記のリンク先。


『いいことある記念の瞬間』ペッタン・コーパル編
主要登場人物   allリゾナンター、 保田圭
堀北真希似の女子大生、ペッタン・コーパル。
新進気鋭のリゾナン史研究家(専門は久住小春)の歴史的大発見、それは『かなしみ文書』研究家に強いトラウマを与えた恐怖の書“かなしみ戦隊リゾナンターSS『いいことある記念の瞬間』”で記述されている事件の現場に居合わせた人物の日記だった。
強化スーツを着込んだとはいえ、能力者でもない一般の人間が何故、ダークネスの戦闘員たちを撃退できたのか。
今その謎が解き明かされる。

【解説】は上記リンク先。


「抱いてHOLD ON ME!」
主要登場人物   田中れいな、高橋愛

【解説は】上記リンク先


「リゾナント ブルー:???編」
主要登場人物   allリゾナンター
過去を乗り越え、困難に打ち勝ち勝利を目前にしたリゾナンターの前に姿を現したダークネス。
その圧倒的な力に追いつめられていくリゾナンターに勝機はあるのか!

【解説】は上記リンク先


「愛と太陽に包まれて」((44)747ver)
【主要登場人物】   高橋愛、田中れいな
リゾナントで過ごす日々はれいなを成長させた。
修復されていく親子の関係。
自らがそのことに一役を買いながらも、どこか寂しさを覚えてしまう愛は、ある夜夢を見る。それは…

【解説】は上記リンク先



動画作品

「抱いてHOLD ON ME!」
主要登場人物   田中れいな、高橋愛

【解説は】上記リンク先


『さよなら、リゾナント』
主要登場人物   新垣里沙
記念すべき【二周年】スレの終盤を飾ったのは、リゾナンターの中の自分に関する記憶を消して、リゾナントを後にする新垣里沙を描いた 『さよならリゾナント』にリゾナントした動画だった。
2009年8月に開催された「高橋愛 新垣里沙プレミアムサマーディナーショー」で新垣里沙が歌った「三日月」の音源をBGMに、リゾナンターとダークネスの間で苦悩する里沙の心情が描かれている。
小説版の『さよならリゾナント』の作者は動画制作でも知られるBGMの人であるが、そのBGMの人とは違った作風で作られた1分に満たない長さの本作は絶賛の声を集めた。

【関連作品】
『The loneliness of the girls』 動画版『さよならリゾナント』作者の前作。 BGMに「高橋愛 新垣里沙プレミアムサマーディナーショー」で高橋愛が歌った“The Rose”の音源が使用されている。
『BLUE PROMISES 番外編 -"Blank" of COLOR-』 黄緑色のマグカップにこだわる愛佳の姿が描かれている。
『・・・。(恋しくて苦しいよ、ただ声を聞かせて……)』 動画版『さよならリゾナント』同様に“伝えられない思いを胸に忘れられない番号を押す”里沙が描かれている。


サボリン∞ヽ( ゚∀。)ノ究極体へと進化する

2010年5月1日、したらば掲示板の雑談スレにおいて、スレの創生期から作品のまとめ作業を一手に引き受けていたサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノが、まとめサイトの更新を「放棄」する旨宣言した。
幾人もの作家が独自の世界を描くことで生じた幾つもの世界観に読者としてついていけなくなったことが理由である。
機械的に作品を収録することで良しとせず、誠実に作品と向き合おうとした結果導き出した結論を非難する者は、誰一人いなかった。
リゾスレが初めて立てられた時、スレを訪れた幾人もの人間が思い思いのリゾナンターの絵を描こうとした際に、まとめサイトという白紙の画用紙を用意したのがサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノであった。
栄枯盛衰の激しい狼(娘)において二年間もリゾスレが存続してきたのは、これまでスレに作品を投下した作家、保全した住人全員の力があってのことだが、敢えて最大の功労者を一人上げるとしたら、サボリン∞ヽ( ゚∀。)ノであることに、異論を挟む住人はいないのではないだろうか。
まとめ「放棄」という究極のサボリモードに進化したサボリン∞ヽ( ゚∀。)ノに幸あらんことを祈りながら、リゾスレは続いていく。

といって、リゾスレを完全に卒業したわけではなく、旧まとめサイトに不具合が生じた際には、状況の報告の為にスレを訪れたり、第45話には数ヶ月ぶりに作品を投下するなど、繋がりは絶えることなく残っているようである。





添付ファイル