※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物&能力一覧(第49話)

※登場人物は名前が作品中に明記されておらず 類推に拠るものも含みます
※能力名は作品中のものではなくテンプレのものに統一してあります



(49)32『Vanish!Ⅱ~independent Girl~』(1)
夏焼雅は、以前に助けた少女に付きまとわれて、面倒さと嬉しさを同時に感じていた。
また、雅のことを思い出していたリゾナンターたちは、ある日ダークネスの下級構成員と交戦するが―――
以前に予告されていた、Vanish!の第2章にあたる長編シリーズの第一話。
第一章となった前作から約一年が経過した時系列で物語が開始している。


☆高橋愛
☆久住小春:発電
☆田中れいな
☆道重さゆみ:治癒
☆さえみ:物質崩壊 治癒
☆亀井絵里:風使い 傷の共有
☆新垣里沙

※夏焼雅



(49)55『モーニング戦隊リゾナンターR 第??話 「Wingspan の世界:風に舞う羽のように」』
飛び交うヘリ、夜空を走るサーチライト、騒然とした空気。湾岸に建てられた石油精製所のゲート付近に停められた一台のワゴン車。前部座席には二人の少女―――
「いい月だねえ。 テロリストの皆さんも何もこんな夜に活動をしなくてもねえ」「……月なんて嫌いだ。 自分では光ってないくせに輝いてるふりをして」
既存の過去作品の世界をパラレルワールドとして高橋愛が渡り歩き繋いでいく構成のモーニング戦隊リゾナンターRシリーズの番外編に当たる長編作品。
(02)582『LIAR GAME』から連なる世界観で描かれた(13)654『Wingspan 第一章 箱庭の鳥は翼をもがれ』(14)563『Wingspan 第二章』を元に書かれているが、1話目に当たる今作が上げられた時点では、まだタイトルは明らかにされていなかった。
また、作中に登場する「フィフス」という呼称は別の過去作『共鳴者~Darker than Darkness~』のシリーズにおけるものだが、内容的にはまた別のものである。


☆高橋愛:瞬間移動
☆新垣里沙:精神干渉
☆紺野あさ美:治癒
☆小川麻琴:反射

★テロリストたち



(49)127 名無し募集中(クカカカ)
…クカカカカ、どうした李純。私を喰わないのか、クカカカ―――
光井愛佳のホラー主演が決定したという話題から派生した雑談の流れを受けて書かれた1レス掌編。
印象的な笑い方の「不死者」をはじめ、かなしみ戦隊トリビュートアルバム企画の一つとして書かれていた(未完)『独占欲』と通じるものがあるが、具体的な関わりがあるのかはは不明。


☆ジュンジュン
☆リンリン

★不死者



(49)159 名無し募集中(新垣里沙は考える)  
事故に見せかけるか・・・自殺に見せかけるか・・・新垣里沙は考える―――
今話のダクネチュ様のネタとしても使用された、ガキさんに対して無礼なことを呟くホゼナンターに対して為された上記の警告とも取れるレスを元にした読み切り短編。
完全にふざけ半分のネタだった雑談レスのそれとは違い、様々な要素を含んだ読みごたえある作品に仕上がっている。
ちなみに、「題名は思いつかない」との作者の言を受けて『死に逝く者へ一輪の花』という案が一人の読者から出されたが採用されることはなく、タイトルなしのまま収録されている。


★新垣里沙
★保田圭

※幹事長を辞任した男



(49)198『幻の都』
超能力犯罪者を追いかけていた舞美だったが、行き止まりのはずの路地で相手を見失ってしまう。
翌日、警視庁特殊課からMの日本支部へと協力の要請があり―――
リゾナンタークライシスシリーズや(48)805『リゾナンター外伝 能力者を憎む女刑事』の世界に連なる読み切り短編。
メインとなる内容自体はシリアスだが、作品としては多くコミカルな部分も含んでいる。


☆亀井絵里
☆ジュンジュン
☆久住小春
☆新垣里沙
☆高橋愛:瞬間移動
☆光井愛佳
☆リンリン
☆里田まい
☆稲葉貴子
☆安倍なつみ
☆石黒彩

※矢島舞美


(49)244『Real ideal stand and...』
気付けば、いつの間にか「あの人」と同じ年齢を迎えていた。
私が憧れ、尊敬した「あの人」と同じ年齢を―――
安倍なつみの楽曲「22歳の私」の歌詞を元に書かれた、新垣里沙22歳の誕生日を記念した読み切り掌編。
高橋愛のブログでの3ショットを見てふと思いついた話とのことで、タイトルの頭文字に「Risa」の名が配されている。
生誕記念話なのに「故人設定」なのはご愛嬌。


☆新垣里沙

※安倍なつみ



(49)251『九番目の志士』
新垣里沙には謎が多い。
後に英雄として歴史に名を刻まれるリゾナンターの九人の中にあって、常に新垣里沙だけが異質であった―――
(43)701『かなしみをゆく』に始まった、リゾスレ作品を「史実」として書いた作品の一つであり、新垣里沙の22歳の誕生日記念作でもある読み切り短編。
こちらの図説を元ネタにした<よくわかる!? がきさんの○○って大きいの?図説>も挿入されているなど一見悪ふざけのようでいて、その実スレとガキさんの深層と真相に迫る深い作品……かもしれない。


☆新垣里沙(題材)

※語り手



(49)270『妄想コワルスキー』
「トラップ」に引っ掛かってしまい、焦りを覚えながら、里沙は思いを馳せる。
過去のあれこれ、凡奇湯からの招待状、そして憎むべき「あの女」―――
「凡奇湯」等の設定については、かなしみ戦隊シリーズの(02)760「恋愛レボリューション21」及びかなしみ戦隊リゾナンターRシリーズの(05)829「ボン キュッ! ボン キュッ! BOMB GIRL」の設定やエピソードが元となっている。
ちなみに、「凡奇湯」をめぐる騒動を描いた作品としては他に(22)489『戦え!ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL』があり、偶然か意図的にかどちらにも「ジョジョネタ」が登場している。


☆新垣里沙
☆高橋愛
☆田中れいな

※中澤裕子



(49)290『再始動~Re-sonantor~』
愛からの召集の手紙を受け、約2年ぶりに懐かしい喫茶店の扉の前に立った愛佳。
それは、平和を取り戻した後に愛が突然のリゾナンター解散を告げて以来のことで―――
既に卒業した小春、2か月後に卒業を控えた3人、そして新たに募集が決まった9期メンバー……という現状に合わせて書かれた読み切り短編。
「再始動」のタイトルに相応しい前向きなストーリーは、それまで感想レスを遠慮していたらしい新参住人の書き込みも引き出した。


☆高橋愛
☆新垣里沙
☆道重さゆみ
☆田中れいな
☆光井愛佳



(49)339『ダークブルー・ナイトメア~1.夢の入り口』 
9人全員で駆け付けた街外れでは、ダークネスと思しき男たちが銃のようなものを手に何かをしていた。
その不可解な行動の意図は分からないままに、それを阻止しようとする愛たちだったが―――
前話でプロローグが上げられたシリーズの第1話。


☆高橋愛:瞬間移動
☆新垣里沙
☆亀井絵里:風使い
☆光井愛佳:予知
☆久住小春:発電
☆その他全リゾナンター

★結界を張っている男たち



(49)361『Vanish!Ⅱ~independent Girl~』(2)
ダークネスでは吉澤がマルシェに頼みごとをしていた。
一方、リゾナンターはここのところ世間を騒がせている「黒づくめ誘拐事件」の調査に乗り出すが―――
シリーズ第2章の2話目。
尚、冒頭付近の小高い丘での台詞及びエピソードは、リゾスレ一周年記念動画にも用いられた初期の名作(08)248『Healing Winds』に由来している。
また、某元メンバーがアナウンサーに内定したり等の時事ネタが織り込まれている。


☆田中れいな
☆光井愛佳
☆高橋愛:精神感応
☆新垣里沙
☆亀井絵里
☆道重さゆみ

★紺野あさ美
★吉澤ひとみ
★保田圭:時間停止



(49)384『ドキミキナイトメア』 
日本で活動する悪の組織の中で第三位の勢力を誇るダークネス。
その有力な資金源の一つであるダークネスカフェのスタッフルームに現れたのは闇の王ダークネスで―――
保全レスを元にしたタイトルから連想した(?)読み切りコメディ短編。
作中に登場する「ダークネスカフェ」については(15)828『ダークネスカフェにようこそ』を参照のこと。


★藤本美貴
★悪の総統ダークネス


(49) 457 名無し募集中(偽田中会)
大勢の人間に追われた愛佳が喫茶リゾナントに逃げ込んでくる。
とりあえず全員をブッ飛ばした後に話を聞いてみると、どうやられいなと愛佳の偽物が出没しているようで―――
特にどの世界との繋がりも明言されていない読み切り短編であるが、最後に登場する警部は別作者の手による(35)500『過去からのプレゼント』を元にしていると思われる。


☆田中れいな
☆光井愛佳
☆高橋愛
☆新垣里沙

※里沙の母

★偽田中れいな
★偽光井愛佳


(49) 501 名無し募集中(マルシェの面接) 
どうも本日はこのような機会を設けていただきありがとうございます。
いえいえ、お気になさらずに。私も自分の頭脳をどう評価していただけるか、非常に興味があります―――
ダークネスからの引き抜きを目論むどこぞの組織の面接を受けているらしいマルシェの一人語りで進む読み切り掌編。
作中に登場する「原子合成」の能力は(05)626『マッドサイエンティストは電子軌道の夢を見るか?』において初登場している。


★紺野あさ美:原子合成

※同業他社の人たち


(49) 510 名無し募集中(I can detect)
こんなところでどうしたの?…え?いや、その……ただの通りすがりの者だけど。
なんか思いつめた顔してたから。よかったら話聞かせて?
(49)501(マルシェの面接)と対比させるようにして別作者が書いた1レス掌編。
作中で高橋愛が救いの手を伸ばした相手は、まだ見ぬ新メンバーを意識しているとのこと。


☆高橋愛


(49)540『黄金の輝き』
「闇色の女」と対峙するのは炎を操る一人の少女。
時間を止める能力を持つという闇色の女の「嘘」を少女は見破り、捨て身の攻撃に出るが―――
保全レスを元にしたと思われるシリアスな読み切り短編。
作中に2人の名は登場していないが、リンリンと保田圭の対峙を別作品で本格的に書く予定があることを作者は述べている。


☆リンリン:発火

★保田圭:高速移動


(49)568『心の傷を癒す』
ここのところ発火能力を使用したと思しき放火事件が相次いでいた。
昨日も一軒家が被害に遭い、一人の少女が助けられたものの両親を火事で喪って―――
リゾナンタークライシスシリーズの世界に連なると思しき読み切り短編。
絵里の妹として配されている彩花は(46)867『がんばりすぎちゃった?』にて登場している。


☆田中れいな
☆亀井絵里
☆リンリン
☆道重さゆみ:治癒

※絵里の父
※吉澤ひとみ
※福田花音
※和田彩花

★放火魔:発火


(49)601『ダークブルー・ナイトメア~2.face to face』
気が付いた愛が立っていたのは完全なる闇の中。
頭がふわふわとし、自分自身のことすら危うげになってくる愛の前に現れたのは―――
シリーズ2話目は高橋愛パートの導入。
 ・・・ねえ、愛ちゃん。夢の中で、心の奥底に仕舞いこんでた自分の闇を見せつけられる。それこそ、“悪夢”と呼ぶのにふさわしいって思わない?


☆高橋愛

★紺野あさ美
★i914


(49)663『ゲーム』
「・・・なあ、ガキさん『Beginner』ってゲーム知らんか?」
「『Beginner』?体感型のあのゲームのこと?」 
某48グループのMVを元にしたと思われる1レス掌編。


☆高橋愛
☆新垣里沙


(49)699『モーニング戦隊リゾナンターR 第??話 「Wingspan の世界:折れた翼」』
かつて「フィフス」として働いていた頃の夢を見ていたマルシェが目覚めたその傍らに在るのは、痩せ衰えた一人の女性。
女性と一方通行の会話をしていたマルシェは、複数の不穏な気配を感じて防衛のための戦いを始めるが―――
モーニング戦隊リゾナンターRシリーズ中でも最長を誇る「Wingspan の世界」の2話目。
作中の登場人物は『禍刻』シリーズの(20)226『禍刻VII―Black and white brute―』及び(22)561『禍刻IX―A bloody stray cat―』からのものであるが、能力設定等は意図的に改変していることを作者が述べている。
ちなみに「素数を数えて落ち着くマルシェ」のくだりが登場するが、(48)240『スマイの憂鬱』へのリゾナントなのか、ただのジョジョ好きかぶりなのかは不明。


☆紺野あさ美
☆新垣里沙

★人形使いの女:人形使い
★異形の女


(49)741『You Are Not Alone』
朝のロードワークが終わってリゾナントに帰ると愛ちゃんがごはんを出してくれる。いつものように
そう、いつものように、だ。いつからだろう?これが普通になったのは―――
田中れいなの生誕記念作品がまったく上がらないことを嘆くレスに応えて急遽書かれた読み切り掌編。
「MJの楽曲タイトルシリーズ」にもなっており、生誕記念作らしいハートウォームな内容がタイトルとうまくマッチしている。 


☆田中れいな
☆高橋愛



(49)743『拳の使い道 前篇』
喫茶リゾナントにれいなを訪ねてきたのは、以前の件の際に顔を合わせた女刑事・矢島舞美だった。
舞美はダークネスが主催する「闇のトーナメント」への潜入捜査を、かつての優勝者であるれいなに依頼する。
リゾナンタークライシスシリーズの世界に繋がる読み切り短編の前編。


☆田中れいな
☆高橋愛

※矢島舞美

★矢口真里
★熊井友理奈


(49)762『アイム・ウェイティン・フォー・ガール――I'm waiting for girl-21-』
何があったのかは分からないが、れいなが部屋に閉じこもったまま出てこない。
仲間の誰にも何も話さないれいなの、その心を解きほぐしたのは―――
一日遅れながら、田中れいなの生誕記念の意味合いも込めたと思われるハートウォームな読み切り短編。


☆道重さゆみ
☆高橋愛:精神感応
☆新垣里沙:精神干渉
☆亀井絵里
☆田中れいな


(49)790『拳の使い道 後編』
トーナメントの黒幕の正体を知ったれいなだったが、否応なく出場させられることとなった決勝の相手は思いがけない人物だった。
れいなは「拳の本当の使い道」を気付かせるため、果敢に立ち向かうが―――
リゾナンタークライシスシリーズの世界に繋がる読み切り短編の後編。


☆田中れいな
☆道重さゆみ
☆高橋愛

※矢島舞美

★矢口真里
★熊井友理奈:痛覚遮断
★中澤裕子



(49)937『モーニング戦隊リゾナンターR 第??話 「Wingspan の世界:籠の中の鳥」』 
マルシェの脳裏にかつての出来事が甦る。里沙が現在の姿になってしまった事態のことが。
追い打ちをかけるように異形の女が突きつけた言葉は―――
「Wingspan の世界」の3話目は、タイトルになっている(13)654『Wingspan 第一章 箱庭の鳥は翼をもがれ』(14)563『Wingspan 第二章』のエピソードと明確に繋がり、また「リゾナンターR」シリーズとしてのある要素もはっきり示される。


☆紺野あさ美
☆新垣里沙
☆高橋愛

※保田圭

★人形使いの女:人形使い
★異形の女:遠隔通信能力


(49)953『風のために・・・ (1)』
「さゆ、れいなたち今度という今度は・・・・人を殺してしまうかもしれん。」「覚悟はできてるの。さゆみもお姉ちゃんもあの男を許せない。」
私たちは歩き出した修羅の道に・・・ひとりの親友のために―――
ハロハロ写真集の衣装を見て思いついたという、6期メンバー3人を主体とした読み切り中編の第1話。


☆田中れいな
☆道重さゆみ
☆亀井絵里

★人攫いの男