※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


業務内容

  • 御神体=パンダの守護がその任務。
  • そのニーズは時代の移り変わりと共に複雑・多様化しており、現在はお見合いまで手がける。

規模

  • 職員数:約11000人
  • 全土に出先機関が存在する
  • 125年前、国家機関として発足したが、私設機関としては何百年もの歴史がある

組織

  • 所属する職員は全て一級国家公務員であり、合格のためには厳しい試験がある。
  • エリート育成の為に幼い頃から数人の子どもを訓練し、ある条件を満たすことが出来れば護衛官を名乗れる。

試験内容

一次:筆記試験・身体測定
二次:小論文・面接
三次:面接(御神体の立会い有)

護衛官になるための訓練

  • 職員への通常訓練に加え、
    • 射撃練習
    • 裁縫(伝説上に存在した李家の為の慣習)
    • 笹料理
    • 笹の栽培
    • オーラの緑化による御神体の誘導
    • 獣医免許
    • 12言語習得
以上がすべて80点以上ならば、道が開かれる。
  • 過去の最高得点の合格者は銭琳護衛官(当時六歳)

追記

  • 長官は代々銭家が努めている。
  • 銭琳護衛官は現在、御神体の守護の為、日本に滞在中。
  • パンダ化する李家との親交も昔は深かったが、ある事件から疎遠となった。今、一般職員の中でその存在は伝説とされている。
  • 御神体が年を重ねられた際は、笹の葉にくるまれたお花を贈るのが通例