愛媛


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛媛(松山)の祝勝会会場


一昨年(2006シーズン)は、2回愛媛に行きました。
2回とも祝勝会(反省会)を開いた会場を記します

「風の蔵」
住所 愛媛県松山市三番町4-11-5
電話 089-986-3050
営業時間 17:30~00:00
定休日 日曜日定休日。(但し祝日前の場合は営業致します)
座席 51~100人
予約 予約可能


カツオのタタキが美味いです。
ただし、「今日はあと1人前しかないんです」と言われることアリ。
店に入ったらすぐに注文しましょう。


アウェイへの道 自家用車編


 車で行くとかなり辛いです(当たり前だけど)。

 1回目は普通に飛行機で往復しましたが、2回目は水曜日の夜の試合だったため、「何とか水曜日1日だけの休暇で済ませたい」という一心で、火曜夜発、木曜朝帰りという0泊2日をこなしました。
 東名が集中工事期間だったため、中央道経由。柏から片道1000km弱、往復2000Km弱の長旅になりました。
 行きは柏を21時頃出発。途中、私を拾ってもらって、諏訪湖、恵那、多賀、西宮名塩、倉敷西、と主だったサービスエリアで小休止、3人で都度運転を替わりながらひたすら西を目指し、そうこうするうちに瀬戸大橋に近づいたころに空が白み始め、瀬戸大橋途中の与島サービスエリアで日の出を拝んで必勝祈願、橋を渡りきったところで高速を降りました。
 それから香川県民の朝ごはんである讃岐うどんの店を探してしばらく走り、民家の土間で営業しているうどん屋を発見。1杯150円、替え玉100円のうどんで腹を満たし(私は計3玉、350円)、すでに四国に上陸している安心感と満腹感と寝不足で思考能力が麻痺していたのか、なぜかここから一般道で松山を目指すことに(3人ともそのことに何の疑問も持っていなかった・・・)。
 ここから行く先々で渋滞続き。伊予西条では国道を止めて祭りの神輿や山車を最優先。20分くらい足止めを喰らい、いよいよキレた先代が「もうダメだぁ~! とてもガマンでき~ん!!」と方針一転、高速に乗り直してお昼前にようやく松山入り。市内のサウナに飛び込んで一汗かいて軽く昼食、16時過ぎまでひたすら寝て、17時前にようやく現地入りしました。
 駐車場では「野田ってどぉこだ~?」と見知らぬオヤッサンに声を掛けられ、レイソルレプリカをこれ見よがしに見せ付けると、「ひや~っ。千葉から来なすったのけ~っ!!」と驚かれ(そりゃ驚くでしょうけど・・・)、かの「※軍曹階段」をやっとの思いで登りきり、ヘロヘロになりながら到着。
 いつまでたっても照明は点灯せず、暗闇の中、寒いスタンドで過ごし、試合開始まであと20分になってようやく点灯。
 「電気代くらいちゃんと払え!!」と、どこかで聞いたような台詞を耳にしながら試合が始まり、以下省略。
 苦労の甲斐なくミノルのゴールで敗北し、今度は柏を目指して東へひた走り、私は途中翌朝7時頃降ろしてもらうもそこで力尽き、結局半休して一眠りしてから出社。先代と相談役は午前半休を取り、そのまま車で日立台まで乗りつけ、朝から練習を見学というタフネスぶりを見せつけました。

※軍曹階段とは
スタジアムのある公園の入り口とは「反対方向」にある、駐車場からスタジアムを結ぶ、結構段数の多い階段。
初愛媛戦の時のこと。どこからでも歩いてしまうことで有名?な我等が軍曹殿が、またもや市内から歩いてくるという話題で盛り上がっている最中、プラチナ父さまが「あの階段からヒョッコリあらわれるんじゃないの?」と指をさし、皆がその先を見た瞬間、そのタイミングを図っていたかのように、軍曹殿が軽やかな足取りで本当にヒョコヒョコ駆け上がってきたことに由来する。


愛媛 試合前の停電の様子










添付ファイル