浦和-埼玉スタジアム2002


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

埼玉スタジアム2002


埼玉スタジアム2002(にーまるまるにー)は、収容人員63,700人と国内最大規模を誇るサッカー専用スタジアムで、FIFAワールドカップ2002のために建設、日本対ベルギー戦や、準決勝ブラジル対トルコ戦が開催された。
現在では、浦和レッズがホームとして使用、2004年のJ’s Goalのスタジアムレーティングでは、あの「日立柏サッカー場」を僅かな差で押さえ、1位に選ばれたことがある。
http://www.jsgoal.jp/rating/?no=0007
(スタジアムグルメを除けば、日立柏サッカー場が、日本一のスタジアムと言うことか)


アクセス


アクセスは、埼玉高速鉄道線(彩の国スタジアム線)の終点、浦和美園駅から歩いて20分、行きは、スタジアムまでバスが出ているが、帰りは当然のごとく徒歩となる。
ポイントは、「どこで、埼玉高速鉄道に乗り換えるか」となるが、柏方面からは、新松戸で武蔵野線に乗り換え、一つ手前の東川口駅での乗換えがスムーズ。

ビジター席は、メインスタンド右側、南スタンドだが、大宮がホームとして使用する場合には、左側、北スタンドがビジターとなる。
席は限られているため、早めのチケット購入と、早めのスタジアム到着がお勧め。









添付ファイル