湘南-平塚競技場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

湘南への道

平塚競技場へのアクセス



平塚競技場



説明する必要もありませんが、
東京駅から東海道線で約50分程度。平塚駅下車。
横浜駅を過ぎてから、車窓を眺めると、なんとなく「遠出するんだな」という気分に
なるのは、私だけでしょうか。

駅からは通常のJリーグ開催日であればシャトルバスが運行されるはずですが、徒歩でも20分程度で到着します。

第一京浜を渡って市役所わきを通ってから、不二家の工場ぞいの一本道をひたすら進むと、競技場のある公園にたどり着きます。



レイソルの一番長い日


2006年12月2日 対平塚戦





長かったJ2で過ごした1年の最終節。
前節ホーム最終戦(対札幌)で敗れたため、この日で昇格を決まるには、レイソルが勝ち、2位のヴィッセル神戸が仙台に敗れることが条件だった。

会場の遥か前から並んで待つレイソルサポーターたち。
しかし、不思議と悲壮感はなく、むしろリーグ最終戦をきれいに勝って終えよう、という高揚感がそこにはあった。

チームもそんな雰囲気だったのか、前半開始直後こそ危ないシーンがあったものの、フランサが気迫あふれるゴールを決めてから、圧巻の試合運び。
3-0の快勝だった。

で、神戸の結果は…

そのあと競技場の8割がたを占めるレイソルサポーターの歓喜がこだましていた。
泣く人、叫ぶ人、こみあげる思いにふるえる人、それぞれの表現で喜び合った。

その日、競技場を後にして日立台に直行したのだが、
普通のアウェイであればレプリカを脱いで帰宅するのが普通だが、そのときは、ほとんど脱ぐ人はいなかったように記憶している。
みんなあの競技場で感じた喜び、熱気をそのまま持って帰りたかったのかもしれない。

だから東海道線の車中はもちろん。東京駅構内、東京から上野への山手線・京浜東北線で黄色いレプリカの人がいることいること。
それがみんな幸せいっぱいだからたまらない。

また、あの歓喜を味わいたいものです。いつ日か今度はJ1の優勝で…