厚別競技場(札幌)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

厚別への道

  • ログインユーザの方は、このページを自由に編集することができます。

厚別競技場



交通
  • 地下鉄東西線 大谷地駅からシャトルバス、または徒歩20分
  • JR新さっぽろ駅からシャトルバス


アウェイゴール裏からメインスタンド方向


厚別名物、照明車
がんばってアームを目いっぱい伸ばしてます。13時からの試合でしたので、その場にいただけで、出番はありませんでした。
アーム下白地の部分に「厚別公園競技場高所照明車」、車体部分に「札幌市」と書いてありました。
上の写真でもちょこっと見えているのがわかりますか?





いつもは札幌へは飛行機で向かうのですが(普通はそうですよね)、今回は、たまたまキップが取れたので、寝台特急「北斗星」で向かってみました。
上野 19:03発  札幌 翌日11:15着 16時間ちょっとの列車の旅になりました。


上野出発時は電気機関車牽引


日立製でした


函館からはディーゼル機関車2重連


こちらも日立製でした


車内では、これといってやることもなく、さっさと寝床を作ってゴロゴロしておりました。
夜行バスと違ってしっかり横になれるのは良いのですが、それでもちょっと寝苦しく、23時過ぎに仙台を出発してもまだ寝付けず、0時頃ようやく眠りにつき、翌朝6時過ぎ、青函トンネルを抜けてしばらく過ぎたあたりで目が覚めました。
6時半の開店にあわせて食堂車に乗り込み、1600円の朝食を食べ(車内では食堂車でもワゴン販売でもsuicaが使えます)、また寝床に戻ってゴロゴロして、ようやく札幌に着きました。
札幌からはエアポート快速で1駅目の新さっぽろ駅へ、そこからシャトルバス(片道200円、約10分)で現地入りしました。

帰りは大谷地駅までシャトルバス。主力組は駅併設の大谷地バスターミナルから高速バスで新千歳空港へ。私は中心部にちょっと寄り道して、札幌駅からJRエアポート快速で新千歳空港へ。

行きは片道16時間、札幌滞在6時間で帰りは飛行機、という0泊2日の遠征でした。