SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > 竜宮城に行ってみれば…


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじまりは、いつもの通学路からだった。

梓(夜更かししてネット通販してたから寝坊しちゃった!……早くしないと遅刻しちゃう!)タッタッタッ
ガキ1「やーい、のろまー!ここまでおいでー!」
唯「あ~ん、ギー太返して~」
梓「ん?あの声は……」
ガキ2「へっ、逃がすかよ!」ガシッ
ガキ3「これでも食らえ!このこのっ!」ボコスカ ボコスカ
唯「あいたたた!やめてくだせ~、お願いします~」
梓(唯先輩……子供相手に一方的……)
梓(でも、ここは助けないと!)
梓「こらー!なにやってるのアンタたち!」
唯「あっ、あずにゃん!」
梓「この人のギター、返してあげなさい!」
ガキ1「ケッ、うるせえな」
ガキ2「ちっこいヤツは黙ってろ」
ガキ3「貧乳に用はねーよ」
梓「なななななんですってー!!」ドカーン
梓「アンタたちは全国1億のあずにゃんファンを敵に回したァー!!」ウガー
ガキ共「うわああ!逃げろおぉぉ!!」ドドドド
梓「はっ!私ってば、怒りに任せて一体何を……」
唯「うわああん!あずにゃんありがとおぉぉ!」ダキッ
梓「にゃっ!やめてください、こんな道端で!」
唯「あずにゃんは命の恩人!感謝永遠にぃ!」
梓「そんな大げさな……でも唯先輩も、あんな子供にやられてるなんて、情けないですよ」
唯「だって私……ドジでのろまなカメだもん」イジイジ
梓「何ですか、それ……」
唯「というわけだから、助けてくれたお礼に、あずにゃんを竜宮城に招待しちゃうよ!」フンス
梓「…はい?」
唯「楽しいところだよぉ。乙姫様は美人だよぉ」
梓「さっき、頭でも殴られましたか?」
唯「さあ、私の背中に乗った乗った!」
梓「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!ていうか、学校はどうするんですか!?」
唯「よっこいしょっと」
梓「わ、わわ!唯先輩~!?」
唯「それでは、れっつごー! ♪むっかし~むっかし~あずにゃんは~助けた私に連れられて~」ノロノロ
梓「おろしてくださいよぉ!もうぅ!」

梓は振り回されながらも考えていた。
ああ、これはきっとまた夢なんだと――

唯「ぜえぜえ……つかれた~……」
唯「それに……ここ……どこ……?」
梓「案内する側が迷ってどうするんですか!」
唯「えへへ、ごめんねあずにゃん……うう、腰痛い……」
梓「私だって肩が痛いですよ!自分のギターと先輩のギター、2本しょってるんですからね!」
唯「あっ!あそこに竜宮城!」タッタッタッタ
梓「えっ、ホントですか!?」タッタッタッタ
梓(実はちょっと楽しみだったり……)

『龍宮城ホテル三日月』

梓「……唯先輩?」
唯「でへへ、なんちって」
梓「やると思いました……ていうか、木更津なんですか、ここ」
唯「ああっ!今度はあそこに乙姫様!」タッタッタッタ
梓「えっ、ホントですか!?」タッタッタッタ

『HOTEL乙姫』『休憩¥4200‐ 宿泊¥7200‐』

梓「///」
唯「見た目は竜宮城っぽいね!それにこの辺、かわいいお城がいっぱい!」
梓「ボケ倒しもいいかげんにしてください!しかも、こ、こんなところで女二人でいたら、ぜ、絶対変な目で見られますって!」
唯「休憩だけでもできるんだね~。疲れたし、少し休んでく?」
梓「だ、ダメですよ!わっ、わっ、そのまま進まないでくださ~い!」(ま、まだ心の準備が……)
憂「あれ?お姉ちゃんと梓ちゃん?」
和「こんなところで何してるの?」
梓「う、憂!?それに和さん!?」
憂「うい?私は妹ガメだよ?」
和「私はメガネウオだけど……」
梓「え…?」(そうか、これは夢なんだ夢……でもメガネウオって何?)
唯「いや~、実はあずにゃんを竜宮城に連れてってあげようとしたら、道に迷っちゃって」
和「まったく、しょうがないわねえ」
唯「でへへ……私ってば、ドジでのろまで子沢山のカメだから」
梓「なんですか、子沢山って」
憂「私たちも一緒に行ってあげるよ、お姉ちゃん」
唯「ホント!?うわ~ん、ありがと~!!」
梓「一人で竜宮城に行けないカメって、どんだけですか……」
憂「ほら、こっちの道だよ」
唯「♪あずにゃんのためなら、エンヤコ~ラ~」
梓「でも……二人はなんでこの辺を歩いてたの?」
憂和「なんでもないよ(わ)」
唯「?」

ところ変わって、竜宮城――

律「うん、分かった。もう迷わずに来いよ~」ピッ
紬「りっちゃん、じゃなくてタイちゃん、今の電話誰から?」
律「カメからだよ。何でも、いじめられてるところを助けてくれた人を、竜宮城に招待するんだって」
紬「まあ、久しぶりのお客さんになるわね!」
律「久々に見せてやるか!私たちタイとヒラメの舞踊り!」
紬「おー!」
律「でも……なんでお前がヒラメなんだ?キャラからして乙姫様が妥当だろ?」
紬「私、ヒラメみたいな普通の魚になるのが夢だったの~」
律「そ、そっか……あんまし普通じゃないけど」
澪「な、なぁ……」キラキラ
紬「あら、澪ちゃん、じゃなくて乙姫様」
澪「本当にこんなキラキラした格好しなきゃダメか?は、恥ずかしい……」キラキラ
律「うぷぷぷ、よく似合ってますわよ、乙姫ちゃま」
澪「う、うるさい!」ゴチン
律「あいた!暴力反タイ!」
紬「あっ、タイだけに?」キャッキャッ

竜宮城の門前――

唯「ここが竜宮城だよ、あずにゃん!」フンス
梓「道迷った人がいばらないでください。でも、すごく綺麗……」
唯「でしょでしょ!? 絵にも描けない美しさだよね~」
憂「ここには私たちみたいなお魚がいっぱい住んでるんだよ」
和「それを統括してるのが、乙姫様ってわけ」
唯「ささ、あずにゃん、レッドカーペットをわたって」
梓「あ、はい……」(この夢、いつまで続くのかな……)

大広間。

唯「今、乙姫様をお呼びするからね~」タッタッタ
梓(乙姫様って誰だろ……やっぱりムギ先輩?それとも澪先輩?まさか…)
律「よぉーこそ、竜宮城へ!!」
梓「わっ!律先輩!?」
紬「歓迎いたしますわ~!!」
梓「ムギ先輩!?」
律「このたびは、うちのドジでのろまで天然なカメを助けてくれてありがとう!」
梓「まさか、律先輩が乙姫……」
律「申し遅れました。私は乙姫様に仕える、タイで~す!」
紬「ヒラメで~す!」
純「三波春夫でございます~!」
梓「」
純「あれ、スベった?」
梓「純、何やってんの?ていうか、なんで三波……」
律「ほら、イソギンチャクは向こうに行った行った」
純「い、イソギンチャクとは何ですか!?」
律「だって、髪型がイソギンチャクっぽいじゃん」
純「そんな酷い!そういう先輩こそタコみたいな頭じゃないですか!」
律「な、なんだとー!」デコピカー
梓「純、もういいよ」ニコリ
純「ひっ!梓、目が全然笑ってないよ!」
律「あ~あ、空気ぶち壊されちゃったよ……ま、とにかく、乙姫様が来るまでの間、私たちタイとヒラメが舞い踊っておもてなししまーす!」
紬「是非、ご覧あれ~」
梓「は、はあ……」
律「それじゃあ、ワン、ツー、スリー!」

ドンドカドカドカ ドンドカドカドカ
ピロピロピロリン ポロポロポロリン

梓「って、ドラムとキーボード!?」
律「ん、そうだよ」
梓「全然踊ってないじゃないですか!」
律「あったりまえだろ?私たちは軽音部だぜ?」
紬「演奏するだけで精一杯だから……」
梓(何でそこは現実と一緒なんだろ……)
さわ子「くっくっく。そんな音じゃあ、オーディエンスはノラないわ」
梓「そ、その声は……」
律「ミノカサゴ!」
梓「ミ、ミノカサゴ!?って、さわ子先生!なんてトゲトゲしいカッコ……」
さわ子「デスフィッシュ IN 竜宮城!お前が来るのを待っていたー!シャアアアアアッ!!」

ギュイイイイイン!! ドワアアアアッ!!

梓「すっ、すごい迫力!でも、何かいいかも!?」
澪「ひいぃっ!見えない聞こえない見えない聞こえない……」
梓「あっ」
さわ子「あら?」
唯「乙姫様、大丈夫~?」
梓「もう来てたんですね……」
さわ子「やっちゃった、テヘ」ペロ
梓「そのカッコでカワイ子ぶらないでください」

数分後――

澪「おほん、梓と申す者よ。このたびは、カメを助けてくれて本当にありがとう」
梓(乙姫様の澪先輩、やっぱ綺麗だな……)
澪「ここは本当に良いところだ。ゆっくりしていくといいぞ」
梓「は、はい」
澪「じゃあ、まずは料理だ。たくさん食べていいからな。」
澪「ムギ!じゃなくてヒラメ!あれの用意を!」
紬「かしこまりました~」
梓(もしかして、いつもみたいな高級なお菓子かな……?)ドキドキ

ドッサリ ホカホカ

梓「……これって……」
澪「タイヤキだ。梓、好きだろ?」
梓「好き、ですけど……」(さすがに予想外というか……)
澪「いっぱいあるからな。エラぶたから思い切りかじるといいぞ」ニコッ
梓(夢だと澪先輩も、何かヘン……)
梓「は、はい。いただきます」

ヒョイ

梓「あーん……ん?」
律「」ジー
梓「な、なんですか、律先輩?」
律「梓、食べるのか!?私というタイがいる目の前で、タイヤキを食べるのか!?」
梓「え…?」
律「食べるんだな!そうだもんな、タイヤキはお前の好物だもんな……しかし!お前はもっと空気読めるヤツだと思ってた!よりによってタイの目の前で!タイヤキにかじりつこうだなんて!外道!外道にもほどがある!」
梓「何言ってるんですか、いったい」
唯「」ジー
梓「ハッ!」
唯「あずにゃん酷いよ!りっちゃん、じゃなくてタイちゃんがかわいそうだよ!」
梓「ゆ、唯先輩まで何言ってるんですか!」
唯「で、でも、そのタイヤキ美味しそうだね……すこ~しでいいから、私にも頂戴?」
律「あっ、カメ!お前まで!」
唯「だって~、ホカホカの焼きたてだよ~?」
律「見損なった!私はお前を見損なった!同じ海の仲間だと思ってたのに!」
唯「りっちゃん、じゃなくてタイちゃん、タイヤキとタイは別物だよ?」
律「じゅあお前はカメの形した食べ物があったら、どう思う!?」
唯「ええっ!?それは嫌だけど……でも、タイヤキは甘くて美味しいんだよ!? やっぱり食べたいよぉ!!」ブーブー
律「美味い不味いの問題じゃねー!!」ギャーギャー
澪「二人ともいいかげんにしろ!梓が食べづらいだろ!!」ゴッチン
律「あいったァ!なんで私だけ……」
澪「うるさくしてすまなかったな。遠慮なく召し上がってくれ」
梓「はぁ……」(疲れる夢だなぁ……)

ヒョイ パク

梓(甘くて美味しい……)ホワ~ン
澪「じゃあ食べている間は、私が詩を朗読してあげるからな」
梓「え?」
澪「『恋するタルト』」

恋する夏はタルトの季節
溢れる想いはもぎたて果実
イチゴにピーチにブルーベリー
メロンにキウイにパイナップル
煮詰めたジャムでコーティング
たっぷり詰まったこの想い
あなたのハートへ届くといいな

梓(うぐ……ただでさえ甘いもの食べてる時に、この甘々ポエム……)
梓(そして目の前にはいまだ大量のタイヤキ……)
梓(もう帰りたい……)

その後、どうにか完食した梓。

梓「ご、ごちそうさまでした……」(当分甘いものはいらないかな)
唯「ねえ、あずにゃ~ん」ギュッ
梓「なんですか?タイヤキはもう諦めてくださいよ」
唯「そうじゃなくて、私からもう一つお礼をさせてよ~。ほら、ここに連れてきたときは道に迷っちゃったし~」テレテレ
梓「はあ……いいですけど」
唯「よいしょっと」ジャカジャーン
梓(弾き語りでもするのかな……まさか)
(唯『♪もっしもしカメよ~カメさんよ~』)
梓(なんて、歌いだすんじゃ……)ハア
梓(早くこの夢覚めないかなぁ)
唯「あ、あずにゃんもギター出してね」
梓「え?は、はい……」ガサガサ
唯「えへへ~、実はまたあずにゃんにコードとか教えてほしくって」
梓「って、それのどこがお礼なんですかぁ!」
唯「だってぇ、私とギターの練習してるときのあずにゃん、すっごく活き活きしてるんだもん」
梓「えっ……」
唯「あずにゃんはホントすごいよね。ギターうまいし、説明は分かりやすいし」ニコ
梓「唯先輩……」
唯「そして本当に、音楽が大好きなんだよね。だから、私と一緒にギターを弾いてるとき、すごく一生懸命になってるよね。自慢の後輩だよ」
梓「そんな、わたし……」
唯「さっ、始めよう。あずにゃん!」ジャカジャーン
梓「はい!唯先輩!」ジャカジャーン
唯「じゃあ、まずこれとこれとこれを教えてほしいんだけど……」
梓「って、以前教えたとこじゃないですかぁ!」
紬「うふふふ、いいわねぇ」
律「ああ。二人ともあんなに楽しんでるし」
澪「ここに梓が来てくれて良かったな……」

ジャッジャッジャジャ ジャジャッジャーン

唯「うわぁ、できたできた!」
梓「やりましたね!唯先輩!」
唯「ありがとう、あずにゃんのおかげだよぉ!」ダキッ
梓「わっ! もう……」
唯「それじゃあ、今度は合わせてみよっか!」
梓「はい!」
律「待った。私たちも混ぜてくれよ」
梓「え?」
澪「やっぱり、私たちもいてこその軽音部だろ?」
紬「演奏するときは、5人一緒よ?」
唯「みんな……」
梓「先輩方……はい!やりましょう!」パアアッ
律澪紬「」ニコッ
梓「でも澪先輩、乙姫様のカッコで演奏するんですか?」
澪「え……? あっ! いやこれはその……///」カアアッ
梓唯律紬「あははははは!」

こうして、竜宮城中に放課後ティータイムの演奏が響き渡っていった。
演奏は、幾度となく繰り返された。
時間を忘れたように、何度も何度も――

ジャジャッ ジャジャッ ジャーン

律「いやー、またまたキマッたなー」
紬「ほんとほんと」
澪「唯もギターソロ、すごく良かったぞ」
唯「いや~、あずにゃんのおかげだよぉ」
梓「この調子でいけば学園祭も……はっ!」
梓(そういえば……演奏が気持ち良過ぎて、学校に行く途中だってこと忘れてた!)
梓(どうしよう……いったいどれくらい時間経ってるのかな)
唯「どったの、あずにゃん?」
梓「あ、あの、私のために色々とありがとうございます!でも、もうそろそろ帰らなくちゃいけません!」
律「なんだよ、もっとゆっくりしていけばいいのに」
紬「名残惜しいわねえ」
澪「そっか……長いこと引きとめてすまなかったな」
梓「いえ、そんな……」
唯「それじゃあ、お土産にこの玉手箱をあげるねっ!!」ササッ
澪「え、玉手箱!?」
唯「だけどね、この箱は絶対に開けたらダメだよ?ギー太みたいに一緒に寝たり、服着せたりして可愛がるのなら大丈夫だよ」
梓「あ、はい……」(この展開は、やっぱり……)
澪「それじゃあカメ、梓をもと来た場所へ送っていってもらえるか?」
唯「らじゃー!」
梓「あ、あの、なるべく早く……」
唯「ほらあずにゃん、ここに乗りたまへ」セナカポンポン
梓「って、またそこですか!」
唯「しゅぱーつ! ♪むっかし~むっかし~あずにゃんは~」ノロノロ
梓「の、のろい……」(絶対に学校間に合わない……)
澪「元気でな~」
律紬「またのお越しを~!」

いつもの通学路に到着した梓と唯。

唯「さぁさ、到着だよ」
梓「今度は迷わずに着きましたね」(完全に遅刻だけど……)
唯「でも、このままちゃんと竜宮城に帰れるかな~」
梓(心配だ……)
唯「ね~、あずにゃん」ズイッ
梓「な、なんですか?顔近いですよ!」
唯「その……また会えるかな?」
梓「……はい!あ、でも子供にいじめられないでくださいよ」
唯「でへへ、そだよね」ポリポリ
唯「それじゃあ、またおいでね~!」ダッダッダッダ
梓「ふう、いったいなんだったんだろう。この一連の流れ……」
梓「しかしこの箱……やっぱりどう考えてもアレだよね……開けたらお年寄りになっちゃうっていう……」
梓「どうしようかな……でもせっかくもらったものだし、捨てちゃうのも……」
梓「って、そんなことより急がなきゃ!もう完全に遅刻だよ……うぅ」

ブロロロロ!

梓「わわっ、大型トラック!!……え?」

ブロロロロオオオ……

梓(今確かに、『放課後ティータイム 武道館ライブBD発売』って……宣伝カー?)
梓(いやそれよりも、写真になってたのは……)
梓(唯先輩、澪先輩、律先輩、ムギ先輩の……4人!?)

学校。音楽室へ通じる階段をひた走る梓。

梓「気のせいだよね……そもそもメジャーデビューの話なんて一度も……」タッタッタッタ
ガチャ
梓「おはようございます!」

ワイワイ ガヤガヤ ジャカジャーン ドコドコドン

梓「え……?」(誰この人たち……しかも何で一クラス分くらい人がいるの?)
女生徒A「あら?」
女生徒B「あなた誰?」
梓「あの……今って音楽の授業中ですか?」
女生徒B「違うわよ。今は部活動の時間」
女生徒C「私たち、軽音部員だから」
女生徒A「ひょっとして、入部希望者?」
梓「!?」
女生徒B「あ、やっぱり部員の多さに驚いてる?」
女生徒C「無理もないわよねえ。だってこの軽音部は、あの『放課後ティータイム』を輩出した部だもんね」
梓「!!?」
女生徒A「あら、あなたもそれを知っててここに来たんじゃないの?」
梓「あの! 放課後ティータイムのメンバーがいたのは何年前……」
女生徒A「もうかれこれ、10年くらい前かしら」
梓「」
女生徒B「4人が卒業直前にデビューしたから、その年の4月に一気に新入部員が入って、それ以来大人気の部なのよね」
梓「あの……質問ですが、中野梓っていう子は御存知ですか……?」
女生徒A「なかの、あずさ……?聞いたことないわねえ」

梓「!!!」

ダッ

女生徒A「あ、ちょっと!あなたどこ行くの!?」

階段を勢いよく駆け下りていく梓。

梓(嘘だ嘘だ嘘だ……まさかそんな!!)ダッダッダッダ

ドカッ

梓「きゃっ!」ドタン
さわ子「もう、階段はゆっくり下りなきゃダメでしょ?」
梓「あいたたた、ごめんなさい……って、ええ!?」
さわ子「ん、どうしたの?」
梓(さわ子先生、老けてる……!なんか小じわが多い!)
梓「あ、ああ……」
さわ子「あら?あなた……」スッ
梓(眼鏡取って目を細めた……老眼!?)
さわ子「……」ジワッ
梓(え、涙……?)
さわ子「……ごめんなさい、この歳になると涙もろくなっちゃって」フキフキ
梓「あ、あの、どうしたんですか?」
さわ子「昔、軽音部にいたある生徒のことを思い出しちゃってね……あなたに、なんとなくその子の面影があってね……」
梓「え……その生徒は一体どうしたんですか?」
さわ子「ある日突然、行方不明になってしまったの……その日の朝に家を出たらしいんだけど、学校には現れず、それっきりどこにも姿を現さなくて……」
梓「……」
さわ子「その子、軽音部にいたのよ。放課後ティータイムの4人はあなたも知ってるわよね? 彼女達の1つ後輩だったの。その子がいなくなってから、4人は練習に練習を重ねたわ……『私たちがプロになれば、きっとどこかにいるあの子が見てくれるはず』ってね……」
梓「……」
さわ子「こうして実力をつけた4人は在学中にデビューを果たしたわ。その後の活躍は知ってのとおり……って、あら? どこ行ったのかしら?」

夕暮れの街道。

梓(竜宮城にいる間に、こんなに時間が進んでいただなんて……)トボトボ

ブロロロロ……

梓(また宣伝カー……先輩達、武道館ライブの夢叶えたんですね。おめでとうございます……)

ユーヤケコヤケデ ヒガクレテー

梓「う、うう……ひっく」ポロポロ
梓(もし、今私が先輩達の目の前に現れたらどうなるんだろう……)
梓(喜んでくれるかな……)
梓(でも、私の姿はあの頃のまま……きっと信じてくれないだろうな……)
梓(せめて、大人になっていれば……って、そうだ!!)

ササッ

梓「この玉手箱……これを開ければ大人になれるんじゃ!」
梓「そうよ、何百年も時間が過ぎていたならお婆さんになっちゃうけど、10年ぐらい過ぎてるのなら、それ相応の姿になれるはず!」

(唯「この箱は絶対に開けたらダメだよ?」)
(唯「その……また会えるかな?」)

梓「唯先輩、ごめんなさい……私、どうしても先輩達に会いたいんです!!」

パカッ

モクモクモクモク……



昼下がりの音楽準備室。

梓「zzz……う~ん」
律「梓の奴、なかなか起きないな」
澪「もうそろそろ起こしてあげてもいいんじゃないか?じゃないと練習が……」
紬「もうちょっとだけ、もうちょっとだけ見てましょ」ウフフ
唯「あれ~、みんなドアの前で何やってんの?」
律「しっ!一番乗りしてた梓が寝てるんだ」
紬「時々寝言を言ってるから、夢を見てるみたいなの」
律「『全国1億のあずにゃんファンを敵に回したァー!!』とか、『全然踊ってないじゃないですか!』とか、面白いんだぜ~?」
唯「えー、なにそれ!どれどれ、私にも見して!」
澪「こら唯!やれやれ……」
梓「う~ん……待ってください先輩方~……」
律「あ、またしゃべった!」
唯「私たちを追いかけてるのかな?」
梓「私ですよ~……梓ですよ~……」ウ~ン
唯「一体どんな夢見てるのかな~」ワクワク

梓「こんなしわくちゃのお婆さんですけど……梓なんですよ~……」

おわり



このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • これ書いた人はほんとにすごい! -- (名無しさん) 2011-03-29 10:40:56
  • 実に面白い あずにゃんは夢ネタあうね -- (聡の後輩) 2010-12-29 01:07:53
  • 面白い! -- (名無しさん) 2010-10-08 14:24:08
  • GJ!他のスレの人にも紹介してあげたいくらいだ -- (名無しさん) 2010-08-29 17:44:20
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。