SS > 短編-けいおん!メンバー > > 絆-きずな-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

139 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2009/05/30(土) 00:00:33 ID:OLtQi1YG

「それにしても」
「ん?」

 私の部屋でいつものように2人でくつろいでいると、音楽雑誌(私がいつも買ってるヤツ)を
 読んでいた澪がこちらに視線を移しながら口を開いた。
 その口の端は少しばかり上に向かって緩んでいる。
「律があんなこと言うなんてなぁ」
 くすくす、とまるでリスのように笑いながら言う。”あんなこと"?何のことだろう――と、
 何のことか分からずに疑問符を頭上にふわふわ浮かべていると。澪はもう我慢できない
 と言わんばかりに声に出して笑い始めた。

「あ、あはっ、あははっ!あれだよ、
 『梓のために、あのときの気持ちを思い出せるように~』って!くふぅっ!」
 ん?……って、
「あ~~~~っ!!」
 ヤバ、顔が真っ赤になっていくのが自分でもわかる。は、ハズい!!
 誰か飲み物を、キンキンに冷えたペプシを!体温が3桁いっちゃいそうなんだ!
「あれさ、ぜんっぜん律のキャラじゃないって!あははっ!」
「や……やめろよぅ!」
「は、あは、……ふぅ、笑ってごめんな、律」
 まったくだ!小学校からの幼馴染を羞恥死させる気か!
「でもさ、なんか。かっこよかったよ」
 ってオイ。なぜそこで赤面する。それこそ澪のキャラじゃないっての。
「いつも部長お疲れサマ、律。」
「……うん」
 でも、なんだか心地良いんだ。澪の声が。その声のおかげで私は何度も頑張ってこれたし。

「私も。いつもありがとね、澪」
 澪の顔は、また赤く染まった。

出典
【けいおん!】田井中律はタンコブ可愛い12【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。