SS > 短編-俺律 > せっかくだし、散歩にでも行かないか?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

854 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2009/06/02(火) 05:12:50 ID:HYoGBqqO
時計の針が朝の5時を回った。

俺「ガサゴソ・・・ガサガサ・・・」
律「ん~・・んん・・・?」
俺「あっ・・・!」
律「んん・・・なんだぁ・・・?」
俺「起きちゃったか・・・?」
律「ふわああぁぁ・・・」
俺「ご、ごめん・・・」
律「いま何時?」
俺「5時だけど」
律「なんだよぉ・・・」
俺「せっかくだし、散歩にでも行かないか?」
律「散歩・・・?」

暦の上では6月になったとはいえ
早朝の空気はひんやりとしていた。

律「ううう・・・ちょっと寒いかな・・・?」
俺「ほい、俺のジャケット貸すよ」
律「おう、さんきゅ・・・クシュン!」
俺「大丈夫か?」
律「うん。でも、どうしたんだよ?いきなり・・・」
俺「とっておきの場所があるんだ」

家から歩いて数分後。
近所の小高い丘に辿り着く。

律「うお・・・眩しい・・・」
俺「まあ、よく見ててくれよ」
律「ん、朝日が昇ってくる・・・?」
俺「綺麗だろ?」
律「おおっ!・・・すっげえ綺麗だ」
俺「ずっと前から律に見せたかったんだ」
律「すげえ・・・すげえよ・・・」

律は初めての景色にしばらく見とれていた。

律「なあ・・・?」
俺「ん?」
律「さっき私に言ったこと、本当か?」
俺「ん、何が?」
律「い、いや・・・その・・・"見せたかった"とかなんとか・・・」
俺「ん・・・そいつはどうかな?」
律「こんの~!誤魔化しやがって~!」
俺「はははっ・・・でも、そうじゃなきゃあんな凄い景色は見せらんないよ」
律「そっか・・・ありがとな」

暖かな陽光に包まれて、俺たちは来た道を歩く。

俺「律・・・」
律「ん?」
俺「ずっと、これからも俺と一緒にいてほしい」
律「わあってるよ!私のほうこそよろしく!」
俺「ああ、よろしく」

律の握った手はとても小さかったけど
大きな優しさに溢れていた。

出典
【けいおん!】田井中律はパネル芸可愛い13【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。