SS > 短編-アニメ補完SS > 第11話 > 唯達が帰った後1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

599 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 01:33:29 ID:k404IBXa
薄く目を開けると、暗い部屋にカーテンが夕暮れの明かりを残していた。
少しだけ眠ったようだ。
息が熱い。目の奥に重い痛みを感じる。遠くで、誰かが唄ってる。
これは、澪の声か。
温かい、おっきな手。
私が眠っても、ずっと繋いでいてくれたんだ。
薄明かりのなかで、傍に腰掛けた澪が、静かに唄ってる。
私の知らない歌。でも、これは澪の詩だ。
可愛くて、真っ直ぐで、優しい。本当は嫌いじゃないよ。

澪がふと歌を止めた。
咄嗟に目を閉じた。
「律?」
このまま、眠っちゃお。
温かいおっきな手が、離れてしまわないうちに。

出典
【けいおん!】田井中律は乙女可愛い29【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。