SS > 短編-俺律 > あれ・・・律の靴だ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

397 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2009/06/03(水) 02:27:50 ID:BxQTH0Ec
俺「ただいまー」(あれ・・・律の靴だ)
俺「おい律、俺の部屋でなにやってんだ」
律「おーおかえりー!いやぁ、明日から試験じゃん?」
俺「…秋山さんに教えてもらえ」
律「も~、そうかたい事いわずにさ~」
俺「なんで俺なんだ?秋山さんに頼れない事情でもあんのか?」
律「うぅ・・・、この前軽音部のみんなに『今回は他人の力は借りないぜ!!』って豪語しちゃったんだよぉ・・・」
俺「ほう。ならさっさと家に帰って勉強したほうがいいんじゃないか?」
律「ほんと頼むよー。ね?」
俺「なにが『ね?』だよまったく。俺が教えてもお前のためにならんだろう。」
律「…ベッドの下にこんな本が隠してあったんだよねー」
律は俺の愛読書『桃色天国』を手にしていた
俺「なっ!?律!それを返せ!」
律「やっぱりあんたも男なんだねー。これどうしよっかなぁ~」
俺「返せ律!怒るぞ!」
律「へへ~ん。やなこったぁ~」
俺「返せって言ってるだろ!!!」
律「取り返してみろよ~♪」ズルッ
俺「律っ!危ない!!」
俺は律をかばい、抱き寄せながら床に倒れこむ
律「あいたっ!…いてて。…!?」
俺「あ~痛い、全身が痛い。」
律「あ…えっと…その…、ありがと…」
俺「危ないだろ、馬鹿。……律、…するぞ?」
律「なっ!!ばばばば馬鹿なことを言うな!私達はまだそんな関係じゃ……」
俺「試験勉強するんだろ?お前こそ馬鹿なこと言ってないで、早く離れろ」
律「えっ…。そっそうだよな!そうだ試験勉強だ、よ~し頑張るぞ~!!」


俺と律がそんな関係になる日はまだ当分きそうもないか。

律「おーい、誰に喋ってんだ?この例題教えてくれ~」
俺「はいはい。しゃあねえなぁ。えっとここは…」


文章力なさすぎorz

出典
【けいおん!】田井中律は着崩し可愛い14【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。