SS > 短編-けいおん!メンバー > > セロリ -律side-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

735 名前:セロリ[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 18:44:11 ID:4CdpOjCF
「だから!ここはもう少し抑え目にしてさ!」
「なんだよ!私がそんなに目立ちたがり屋でお邪魔だって言うのかよ!」
「そんなこと言ってないでしょ!あー、もう馬鹿律!」
肩からベースを外し音楽室を出ていく澪。その様子を見ることなく私は下を向いていた。

「りっちゃん……」
心配そうに唯が話しかけてくれた。
「……ゴメン」
「私に謝ったってしょうがないよ。その言葉は澪ちゃんにとっておいてあげて」
「うん……」
「私たちで良かったら話聴くよ」

私たちはいつもティータイムで囲む机に一人欠けた状態で座った。
そして音楽室に流れる重い空気を破るため、私は話し出した。
「唯たちはもうわかってると思うけどさ、澪と私って正反対みたいな性格してるだろ。
 澪はああ見えてかなり繊細。それに比べて私は、勢いで行っちゃえって性格じゃん?
 だからさ、考え方が違うってことがよくあるんだ。それが演奏にも出ちゃってさ、
 私はちょっとぐらいずれてても勢いで行こうぜ、って思うけど、澪はできるだけ完璧な演奏を求めるんだ。
 私と澪って二人揃ってリズム隊っていわれるパートだから、考え方にズレがあっちゃいけないんだろうけどさ。
 私ってそんな毎日真面目に練習してるわけじゃないから、澪にも積もるものがあったんだろうな。
 そんなのわかりきってることなのに、あんな言い方しちゃって。ホント何やってんだろ、私?」

唯たちは何も言わず私の話を聴いてくれていたが、突然聞こえた扉の開く音に初めて声を出した。
「あ、澪ちゃん」
唯の言葉に私は扉のほうへ顔を向けた。そこには澪がうつむいたまま立っていた。
「澪……」
二人の間を流れる沈黙に唯が突然入り込んできた。
「あ、私たち用事思い出したからちょっと出てくね」
唯たちのわかりやすいウソが逆にありがたかった。これは二人で何とかしないといけない問題だ。
澪の横を通り過ぎ、澪から見えない位置で私へ向けて親指を立てる唯。頑張れってことか、わかってるよ、そんなこと。

何も言わず私の目の前の席に座る澪。お互い何か言わなきゃいけないことはわかってるが、きっかけが掴めない。
ついに耐えきれず私から話し出した。
「ゴメン……言い過ぎた。あのあと唯たちに気持ちを話してて思ったんだ。
 やっぱ私は澪と演奏するのが好きなんだ。だからこれからはちゃんと練習するし、澪の理想に少しでも近づきたいと思う」
私の言葉が終わると再び沈黙が音楽室を包んだ。しばらくして澪が口を開いた。
「私のほうこそゴメン。あんなに感情的になっちゃって」
そのあと澪が続けた言葉は私が全く予想していない内容だった。
「律は今までのままでいいよ。いや、もちろん練習はちゃんとしてほしいけどさ、
 そこで律の気持ちを押さえつけちゃうと、律が律じゃなくなっちゃう気がするんだ。
 私はドラマ―なら誰でもいいわけじゃない。律っていうドラマーと一緒にやっていきたいんだ」
思いがけない澪の言葉に真っ赤になる私の顔。その顔を見られまいと私は音楽室を出ていく口実を必死で考えた。
「じゃ、じゃあそろそろ唯たちの用事も終わっただろうから、私呼んでくる。そしたらまた練習頑張ろう」
音楽室を出ていく私の背中に澪が優しい声で語りかけた。
「うん、一緒に頑張ろう、私の相方」

※モチーフ曲 「セロリ」/作詞:山崎まさよし

出典
【けいおん!】田井中律は前髪可愛い30【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • ええ話や -- (聡の後輩) 2010-12-30 15:18:52
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。