SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > 律アフター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

783 名前:律アフター(仮)1/2[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 20:18:18 ID:a5K/iISI
─その日、桜高の集会で大会の表彰が行われていた。
一月前に行われたバンドミュージックフェスティバルの表彰だった。
そして見事、京都大会で悲願の優勝を勝ち取ったのは「放課後ティータイム」 私たちだった。

学校のみんなからの拍手を浴びれる。
賞賛の声をたくさんかけてもらえる。
そんな想いが交差して私はとにかく色んな意味で緊張して、楽しみで仕方が無かった。


遠からずして起きる惨劇など、予想もせずに。



アナウンス「─続いて、優勝校の表彰へ移りたいと思います。 優勝高、桜高軽音学部「放課後ティータイム」
一斉にわあっという歓声と、それに重なる拍手が送られた。桜高の生徒はもちろん、出場した他校の生徒も来ていた
ため、その歓声は物凄い迫力だった。
アナウンス「”放課後ティータイム”を代表して、軽音楽部部長、田井中律さん」
律「はいっ」
意外な事に、律はふざけることなく至って真面目、それでもやはり勢いよく返事をし、私の右隣で立ち上がった。
律は一瞬私のほうを向き、満足そうな笑顔を向けてくれた。それを返すように、私も笑顔で返した。


”─カタッ”

誰かがイスから立ち上がったような、そんな音がした。それでも私は知らぬふりをして壇上を見つめていた。
律が左側の階段から壇上へ上り、審査員長の前で直立した。

「───。──。───」

員長の長い祝辞の言葉に、私はあくびが出そうになるが決して出さずに、ひたすら壇上を見つめていた。

その刹那。

壇上に設置されている左カーテンから何かがのぞいてるのが見えた。唯、ムギ、梓、律、そして私は最前列に座っていたため
壇上は隅々まで見える。飛び出ている”モノ”を凝視していると・・


人間なら本能的に恐怖を覚えるであろう、それは”鋭利な刃物”だった。


祝辞が終わり、拍手が起きた所で私は我に返った。隣では唯、ムギ、梓が拍手を送っている。私だけが硬直していた。

皆の方を向き、律が喋りだした。

律「えー・・っと皆さんこんにちは!放課後ティータイムの部長の田井中律です。──」
律が喋りだした。聞いてあげなくちゃ。そう思っているのに。私の視線はカーテンに釘付けだった。
次の瞬間。

カーテンが張るような、本当に微々な動きを私は見逃さなかった。
律に向かって”それ”は突進していった。


澪「律ッッ!!!!」

私は声にならない叫びを上げ、壇上へとよじ登り・・・律を突き飛ばした。


・・・私の意識がちゃんとあったのはここまでかな。・・・律、ゴメンね。

797 名前:律アフター(仮)2/2[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 20:51:09 ID:a5K/iISI
生徒「キャァァッ!!」
悲鳴が講堂に響き渡る。何が起こったのか。
何も知らない生徒から見たら、いきなり生徒の一人が壇上に駆け上がって行き、それとほぼ同時に
カーテンから姿を現した人影と激突したのだった。生徒の一人は表彰中の田井中律を突き飛ばし、
恐らくは謎の人影との接触を阻止しようとしたのだろう。
澪「───」 バタン
唯、紬「澪ちゃん!!?」
梓「澪センパイ!?」
今度は3人同時に声を上げた。
澪「───」
唯「澪ちゃん!!」
律「み・・澪・・?」
近寄ろうとした律は、驚愕のあまりしりもちを付きそうになった。
倒れている澪の体から、痛々しくも血が流れていた。
律「み・・っ・・澪・・・おい澪っ!」
恐怖と困惑のあまり、声のトーンが定まらない。それでも力強く名を叫んでいた。
             ──────────────

・・・・うっ・・・
私・・・・・?何で倒れてるんだ・・?
ああ、そうだ。
律が刺されそうになったのを、私は無我夢中で飛び込んで律を突き飛ばしたんだった。
                 「おい!澪!」
何をしてるんだろう私は。防いであげようと思い切ったのに、自分がやられてるなんて。そんな情けない話は無い。
   「澪ちゃんっ!!」                「澪センパイ!!」
体の・・腰から脇腹の辺りに激痛が走る。たった一箇所の傷のはずなのに、動くことすら出来ない。
ふっ、と目を開けた。
そこには。
律「・・澪!・・・うっ・・よ・・た・・カ・・・・ントにゴメ・・・」
途切れ途切れに言葉が聞こえる。私は聞き取ろうとした。

しかしそれよりもただ一つ、帰って来た律に笑顔で返したい、絶対に言いたかった
”言葉” があった。

「─やったな、律!」

口が動かない。体も動かない。ただ一つ、うっすら開いた目で泣きじゃくる律を見ることしか出来ないなんて・・
ズキン!!
痛みの第二波が来た。私は耐え切れず、目を閉じてしまいそうになる。閉じたらそこで、何もかもが終わりそうで。
ふと、頭をよぎった。
─私、死んじゃうのかな─
何となく分かるんだ。自分が消えていく、力の抜けていく有様っていうものは。
何となく、カウントダウンが動いてるようで。私は生命のカウントダウンを0にしまいと必死に抵抗している。
けど───

3。
  「澪ちゃん!・・ゃん・・」

2       「セン・・イ・・」

1。               「ッ!!澪!!!」


律「なあなあみお~」

ん・・・、何?

律「私と一緒に、バンドやろうよ!」

【Ritu After】

出典
【けいおん!】田井中律は前髪可愛い30【ドラム】



このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。