SS > 短編-けいおん!メンバー > その他 > 唯×和


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

618 :唯×和(1) :2009/06/06(土) 18:32:20 ID:oUxydHgJ
和「ねぇ」
唯「っ!!」
和「辞めてよ、軽音部」

誰もいない放課後の廊下に、私の声が響いた。
唯「い…いやだよっ。だって音楽好きだし……、みんなのことも……」

…………

……
――思い出せば、去年のあの時からおかしくなった。
唯「えへへー。今日の部活楽しみだなぁー」
和「……」
唯「私、今日のおやつはケーキだと思うんだー」
和「メインの楽しみってそこ!?」
唯「みんなで演奏するのもたのしいよ!――っていうかみんなといるだけですごく楽しいんだー」
和「そうなの――」
唯「じゃあ私部活行くね!」
和「うん、がんばってね」
最初は単純にうれしかった。唯にも打ち込めるものができたんだって……。

でも。
唯がうちこめばうちこむほど。
私との距離がどんどん離れていく気がした。

…………

……

唯「そんなことないよっ!! 軽音始めてからも、和ちゃんのこと私ちゃんと――」
和「私が生徒会入ってたこと、知らなかったよね。
追試の勉強も、初詣も、
全部私じゃなくて軽音部とだったじゃない。
それでも私のことちゃんと……なんだって?」
唯「……」

621 :唯×和(2) :2009/06/06(土) 18:36:18 ID:oUxydHgJ
和「まぁいいわ」
自然と、私の腕が唯の肩をつかんだ。
壁に押しかけて、
唯「っっ!?」

唯の唇を奪った。

和「どこで、誰と、何をしていても、唯は私のものだっていうことを
体に覚えさせてあげるわ」
唯「やぁっ、やめ…てっ、ねぇやめてよ、


のどかちゃんんん!!!」

――――
ハッ――。

(……夢?)
(気持ち悪い夢。)

(でも……。)
なぜかポロポロと涙が溢れる。
(本当に気持ち悪いのは。

そうなることを望んでいるという、この現実。)




623 :唯×和 :2009/06/06(土) 18:39:16 ID:oUxydHgJ
本スレ紅茶243杯目209のマンガが出来良くて、文章に起こしてみた。りっちゃんでてないけど。

出典
【けいおん!】田井中律はキャベツうめぇ16【ドラム】

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • そこで、 -- (紅玉国光) 2009-09-17 20:06:43
  • 百合でれ~。(意味不明) -- (紅玉国光) 2009-09-17 20:06:20
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。